Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

京都の天気と服装で12月に注意する点!

   

062

日本でも人気の観光スポットといえば京都ですよね。
日本人も毎年大勢の人が京都旅行に行きますし、
外国人観光客にも京都は大人気の場所です。
京都に12月に旅行に行きたいけど天気や服装はどうすればいいの?
と疑問に思う人もいるでしょう。



スポンサーリンク


京都って夏は暑くて冬は寒いってよく言われています。
12月といえばもう冬ですからね。
旅行で京都に行く場合どのような服装で行けばいいのか迷いますよね。
自分が普段生活している場所の服装では、
寒かったり暑かったりしてしまいそうです。
そこで京都の天気と服装について12月の場合に注意する点を紹介します。

 

京都の12月の天気と気温

12月に入ると日本ならどこでも寒くなってきますよね。
徐々に寒くなってくるなら体が慣れていくのでまだいいのですが、
一気に寒くなる場合があります。
京都でも12月はかなり寒くなることがあるので注意が必要です。

京都の12月の天気ですが雨はあまり降りません。
そういう意味では京都の街をぷらぷらと歩くにはいい時期と言えるでしょう。
雨が降ると傘が邪魔で歩きにくいですからね。

12月の京都は天気がいい日も多いですが気温には注意が必要です。
気温も低くなって寒さも厳しくなるのですが、
それよりも体感温度が低く感じると言ったほうがいいかもしれません。
というのも12月の京都は冷たい風が吹くんです。

気温的に12月の京都を見ると、
最高気温が12度程度、最低気温が4度程度、平均気温は8度程度です。
数字を見るとかなり気温が下がっているなーという印象がありますよね。
しかしこの気温は東京とほとんど変わりません。

気温で見ると12月の京都と東京はあまり変わりませんが、
寒さの感じ方は圧倒的に京都のほうが寒いです。

風が吹く影響でしょう。
体感温度的には2度ぐらい違う感じがしますからね。

12月の京都は天気はいい日が多いですが数値で表された気温より寒く感じます。
思ったよりも寒く感じるので注意してください。

 

京都の12月の服装

12月の京都の天気と気温でしたが服装が迷いますよね。
気温よりも寒く感じるということで、
どのような服装をすればいいのかわからない人もいるでしょう。

12月の京都はコートは必要です。
日本ならどこでも12月はコートが必要ですが、
12月上旬から京都ではコートがないと寒いです。

薄手のコートでは寒くて震えます。
ダウンジャケットなんかがあるといいでしょう。
まだ早いかもと思うかもしれませんが全然早くありません。
12月の京都の朝晩の冷え込みはものすごいですからね。
コートの服装に迷ったらダウンジャケットです。

インナーはヒートテックを着るのがいいでしょう。
ヒートテックって本当に温かいですからね。
特に女性はヒートテックで完全防寒した方がいいですよ。

12月の京都はスカートにタイツにブーツならまだ大丈夫な服装です。
ただタイツより靴下にした方がいいでしょう。
京都に行くということはお寺を観光すると思います。
お寺では靴を脱ぐ必要があります。
スリッパが用意されていることもあるのですが、
用意されていないお寺もありますからね。

お寺の床は冷たいですよー。
女性には冷え性の人が多いと思いますが、
ストッキングやタイツではどんどん足が冷たくなってしまいます。
ですので厚手の靴下を履いた方がいいでしょう。
12月の京都は雨は少ないですがもちろん降る時もありますしね。
そういう意味でいうとブーツも脱ぎにくいし履きにくいので、
京都観光には不向きかもしれません。

手袋やマフラーは必要かというと日中は必要ありません。
京都旅行では歩くことが多いと思うので、
体がぽかぽかしてきます。
しかし朝晩は冷えるので手袋やマフラーを持っていてもいいでしょう。
そんなにかさばるものでもないのでバッグに入れて持ち歩けますしね。

 



スポンサーリンク


12月の京都は寒い

12月の京都は天気はいいのですが寒いので服装には注意が必要ですね。
京都旅行に行くということは朝早くから夜遅くまで行動するということでしょう。
じゃないとせっかくの京都旅行なのにもったいないですからね。

日中はわりかし暖かく感じます。
京都っていろいろと歩いて行く場所が多いですからね。
服装にもよりますが日中は暑いと感じることもあります。

しかし夜は本当に寒くなります。
日中との寒暖差が激しく感じるんです。
動いていた分暖かく感じて一気に寒くなりますからね。
普段よりさらに京都では寒く感じるでしょう。

夜に外出することも多いですよね。
12月の京都は夜にライトアップをしているところもあります。
それを見に行く時が本当に寒いんです。
でもせっかくだから行きたくなるんですよね。
この場合は暖かい服装をしておかないと風邪を引きます。

ライトアップを見なくてもご飯を食べに行ったりと寒い時間に外出するでしょう。
食後すぐは熱が上がるのでまだいいのですが、
ちょっと時間が経つと京都の寒さに震えることになります。

寒くてどうしようもないということがないように、
12月に京都に行く場合は暖かい服装をして行くようにしてください。
厚着しすぎた場合はコートなどを脱げばいいですからね。

 

まとめ

京都の天気と服装で12月に注意することについてでした。
京都は12月も楽しめますよ。
一年中楽しめる場所ですからね。

12月の上旬の京都ならまだ紅葉が残っている時期です。
ライトアップなんかも12月にするお寺もありますからね。
寒くない服装をして京都を楽しみましょう。

以前12月上旬に京都に行ったことがありますが、
もちろんダウンジャケットを着て行きました。
ダウンジャケットで全然いい気温でしたよ。
暑すぎるということはありません。

雨が降った日はダウンジャケットでも寒いぐらいでしたからね。
それほど12月の京都は冷え込むことがあります。
北海道や東北に住んでいる場合は別ですが、
普段住んでいる場所よりも12月の京都は寒いと思ったほうがいいでしょう。

12月に京都に行く場合は天気と服装に注意しましょう。
風邪を引いてしまってはせっかくの京都がもったいないですからね。
12月の京都を楽しみましょう。



スポンサーリンク


 

 - 旅行 , ,