Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

ゆず湯はいつ入る?効能や効果は?赤ちゃんや妊婦について!

   

089

ゆず湯って体も暖まりますし匂いもいいので気持ちいいですよね。
ゆずをお風呂に浮かべてゆず湯に入ったことがあるという人も多いでしょう。
でもタイミングを忘れてしまうとなかなか入らないんですよね。
家にゆずがあるときはゆず湯に入るのはいいのですが、
ゆず湯に入るといいという日があるんです。



スポンサーリンク


子供の時に母親や父親に言われてゆず湯に入ったことがある人もいるでしょう。
なんだか特別な感じがするんですよね。
ゆずを何個も湯船に浮かべるなんてちょっとした贅沢です。
ゆず湯はなんといっても香りがいいですよね。
リラックスできる感じがします。

ゆず湯にいつ入るのか効能や効果についても紹介します。
赤ちゃんや妊娠中の妊婦でもゆず湯に入っていいのかも紹介しますね。

 

ゆず湯はいつ入る?

ゆずがたくさん手に入ったという時にはいつでもゆず湯に入っても問題ありません。
しかしゆず湯に入るのに適している日があるんです。
ゆず湯はいつに入ればいいのでしょうか。

ゆず湯にいつ入ればいいのかというと冬至です。

冬至は毎年12月21日か22日に多いのですが年によって変わります。
2015年から2020年までの冬至の日は以下になります。

  • 2015:12月22日
  • 2016:12月21日
  • 2017:12月22日
  • 2018:12月22日
  • 2019:12月22日
  • 2020:12月21日

2027年までは冬至の日は上記の周期になります。
4年に1度12月21日になります。
2028年からはまた周期が変わるので注意してくださいね。

冬至がなんの日かというと1年で最も日照時間が短い日です。
冬至には太陽の力が一番弱まる日と言われています。
日照時間が短いですから太陽の力が弱まるというのも納得できますね。

冬至の次の日からは徐々に日照時間が長くなり夏至に最大になります。
つまりこれからどんどん太陽の力が強くなるとも言えます。
冬至の日を境にどんどん運気が上昇していくと言われているんです。
これを一陽来復(いちようらいふく)といいます。

ではなぜ冬至にゆず湯に入るといいと言われているのかです。
ゆず=融通や冬至=湯治という語呂合わせでゆず湯に入るのがいいとも言われることがあります。
しかし一陽来復のために身を清めるためにゆず湯に入るというのが昔からの風習です。

ゆずはいい匂いがしますし香りも強いですよね。
このゆずの香りが邪気を追い払って近づけなくすると言われているんです。

子供の頃にゆず湯に入ったのはいつだったかなーと忘れてしまった人も多いでしょう。
ゆず湯に入るのはいつかというと冬至だったんです。
ゆずが家にいっぱいある人は冬至だけでなくてもいいのですが、
冬至にはゆずを買ってきてゆず湯に入るのがいいでしょう。

 

ゆず湯の効能や効果

昔からゆず湯にはいる習慣があるということは、
ゆず湯にはすごい効能や効果があるはずです。
ゆず湯が体に良くないとなるとさすがに現代まで残っていないでしょう。

実はゆず湯には素晴らしい効能や効果が多くあるんです。
以下がゆず湯の効能と効果になります。
これほどまでゆず湯に効能や効果があると冬至以外でも入りたくなりますね。

体を暖める

血中にはノルアドレナリンという物質があります。
ゆず湯はこのノルアドレナリンの濃度を普通のお風呂より上げてくれるんです。
その差は約4倍と言われています。

ゆず湯に入ることにより結構がよくなり血液循環も良くなります。
そうすると体を芯から温めてくれるんです。
ゆず湯は体を暖めるので寒い冬にはピッタリの効能ですね。

風邪予防

ゆず湯に入ると血行が良くなって暖まります。
そうなると結果的に風邪予防にもなるんです。
体の体温が下がると風邪を引きやすい状態になりますからね。

冬には毎年風邪を引いてしまうという人もいるでしょう。
そういう人はゆず湯に入ってみましょう。
普段お風呂に普通に入るよりもぽかぽかと暖かく感じるはずです。
ゆず湯は風邪予防の効能もあります。

美肌

ゆずの果汁や皮にはビタミンCやクエン酸が豊富に含まれています。
特に注目したいのはビタミンCです。
柑橘類にビタミンCが多く含まれていることはご存知のここと思いますが、
ゆずに含まれるビタミンCは柑橘類の中でもトップクラスなんです。

乾燥肌の人や最近歳が肌に表れてきたという人は、
ゆず湯に浸かると肌の調子が良くなることがあります。
ゆず湯は美肌効果の効能も期待できちゃいます。

肩こり解消

ゆず湯に入ると血行が良くなるのは上述した通りです。
肩こりの原因は血行不良が主な原因となります。
ということはゆず湯にはいると肩こりも解消されることが期待できます。

家事や育児をしているとどうしても肩がこってしまうんですよね。
仕事でパソコンなどをよく使う人も肩こりの場合が多いでしょう。
自分では肩こりという自覚がない場合でもすごい肩が凝っている場合もあります。
ゆず湯に入れば肩こりを解消できる効果も期待できます。

ダイエット

ゆず湯はダイエット効果も期待できます。
ゆず湯に入るのは血行がよくなるというのはわかってもらえたでしょう。
ダイエットは代謝を上げるのも重要です。
代謝を上げるには体温を上げるのが効果的ですからね。

体温が上がれば汗もでやすくなります。
そうなるとダイエット効果が出てくるということです。
足がむくんでいるという人もゆず湯に入れば解消しやすいです。
ゆず湯にはダイエット効果もあります。

疲労回復

ゆず湯にはクエン酸が豊富に含まれています。
疲労を回復するのに必要なのがクエン酸です。
代謝をしやすくするので疲労回復の効果も期待できます。

普通にお風呂に入るだけでも1日の疲れが取れますよね。
ゆず湯に入ることによって普通にお風呂に入るよりもさらに疲労を回復できます。
疲労回復の効果があるのもゆず湯のいいところでしょう。

リラックス

リラックスするのにはお風呂に入るのが一番いいとも言われます。
1日の中でフーっとため息が出るのがお風呂ですよね。
ゆず湯には普通にお風呂に入るよりリラックス効果があります。

まずはゆず湯の視覚です。
ゆずがいくつも浮かんでいる様子を見るといつもと違ってちょっと楽しいですよね。
それとゆずの匂いも重要です。
ゆずの匂いにはアロマ効果がありますからね。
ゆず湯に入ればリラックス効果があります。

 



スポンサーリンク


ゆず湯の入り方

ゆず湯のの効能や効果はわかったけどどうやって入ればいいのかです。
基本的にはお風呂にゆずを浮かべるだけでいいんです。
簡単ですよね。

ゆずのかずは1つや2つではちょっと少ないです。
さすがに1つや2つのゆずの量だと香りもしませんからね。
できれば5個ぐらいはゆずを入れてゆず湯を楽しんだほうがいいでしょう。

普通にゆずを浮かべただけのゆず湯ではあんまり匂いがしないという人もいるでしょう。
そういう人には以下の方法があります。

  • ゆずを4等分などに切る
  • ゆずに切れ込みを入れる
  • ゆずの皮を数か所削る
  • ゆずを絞ってゆず湯に入れる

上記の様にするとかなり匂いが強くなります。
自分の好みになるように調整してください。

まるごとゆずを入れてゆず湯にするときは問題ないのですが、
ゆずをカットしたり絞ったりするときはカスや種が出てしまいますよね。
そういう時はガーゼやネットにゆずを入れましょう。
ガーゼやネットでゆずを包めばゆず湯の後片付けも楽にできます。

 

ゆず湯に入ると肌がピリピリする際の解消法

ゆず湯に入ると肌がピリピリとするという人もいるでしょう。
肌が弱い人はゆず湯に入るとピリピリと痛くなったり痒くなってしまいます。
ゆず湯に入ると肌の調子が悪くなる人は以下を試してください。

  • ゆずの数を減らす
  • ゆずを湯船に入れる前によく洗う
  • ゆずの果汁は絶対に出さない
  • 長時間ゆず湯に入らない
  • ゆずを丸ごとゆでてからお風呂に入れる

上記を行えばある程度ゆず湯に入っても肌がピリピリしたりしなくなります。
もし肌がピリピリしてもシャワーなどで洗い流せば基本的には大丈夫です。
症状が良くならない人は皮膚科などで診てもらいましょう。

ゆず湯に入るとピリピリとする原因はゆずに付着した農薬やゆずの成分のリモネンが多いです。
農薬の場合はよく洗えばある程度問題ありません。
リモネンは洗剤でも使用される成分です。

肌の油を取ってさらに入り込んでしまうためピリピリとしたりします。
普段から肌が弱い人や敏感肌の人はゆず湯に入る前に対処しましょう。

 

ゆず湯は赤ちゃんや妊婦が入ってもいい?

赤ちゃんがいるんだけどゆず湯に入れてもいいのかって悩む人もいるでしょう。
現在妊娠中という方も不安ですよね。
赤ちゃんや妊娠中の人はゆず湯に入っても問題ないのでしょうか。

赤ちゃんのゆず湯

赤ちゃんですが個人差があります。
赤ちゃんは元々大人の皮膚よりも厚さが薄いです。
大人よりも1/2から1/3ほどの厚さしか赤ちゃんの皮膚はありません。
ですからゆず湯に入ると赤ちゃんの肌にトラブルが出る可能性があります。

赤ちゃんが普段から肌が弱いようならゆず湯に入れるのは控えたほうがいいでしょう。
例えばおむつをしているとかぶれて赤くなってしまうという赤ちゃんや、
夏などにあせもなどが出来やすいという赤ちゃんの場合はゆず湯を避けましょう。

うちの赤ちゃんは結構肌が強いという場合はゆず湯に入っても大丈夫でしょう。
しかし長時間は避けたほうがいいですね。
最初は普通のお風呂に赤ちゃんを入れて最後にゆずを湯船に浮かべてゆず湯にするのがいいでしょう。

妊婦のゆず湯

妊婦さんがゆず湯に入っても問題ないかというと問題ありません。
むしろ妊婦さんは入ったほうがいいとも言えるでしょう。
ゆず湯には風邪予防になりますからね。

さらにつわりも解消できる場合があります。
ゆず湯に入れば体の冷えも解消できますしリラックス効果もあります。
ゆず湯の匂いもさっぱりとしていい匂いですからね。
ゆずの匂いが苦手という妊婦さん以外は問題ないでしょう。

すこし注意したいのが肌の変化です。
妊婦さんになると肌の調子が変わって乾燥肌や敏感肌になる場合があります。
ゆず湯に入ると肌がピリピリとするかもしれません。
そういう場合は長時間ゆず湯には入らないでシャワーで洗い流しましょう。

 

まとめ

ゆず湯はいつ入るのかや効能や効果について紹介しました。
赤ちゃんや妊婦はゆず湯に入っても問題ないのかも紹介しました。
ゆず湯はリラックスできるのでいいですからね。

ゆず湯にいつ入るのか悩んだら冬至です。
逆に冬至と聞いたらゆず湯を思い出すのがいいかもしれないですね。
冬至→日照時間が短い→寒い→暖まりたい→ゆず湯
みたいな感じで連想するのもいいかもしれません。

ゆず湯は入るとピリピリと肌が痛くなったり痒くなったりする人もいます。
過去にそういう経験をしたことがある人は入り方を工夫しましょう。

赤ちゃんや妊婦の人がゆず湯に入るときにも注意してください。
肌の状況によっては肌トラブルが起こる場合があります。

ゆず湯は気持ちがよくリラックスできます。
普通にお風呂に入るのもいいのですが、
ゆず湯にゆっくりと使ってみるのもいいのではないでしょうか。



スポンサーリンク


 

 - マメ知識・雑学 , , , , ,