横浜開港記念日は学校休み?ディズニーランドや三渓園の混雑!

6月2日は横浜開港記念日ですよね。
横浜に住んでいる人はご存知かもしれません。
しかし逆に横浜以外に住んでいる人はなんのことか知らない人も多いです。
神奈川県内でも横浜開港記念日を知らない人もいますからね。
しかし横浜開港記念日は知らなくても横浜開港祭の花火はご存知でしょう。



スポンサーリンク


神奈川県には県民の日がありません。
しかしその代わりと言ってはなんですが市民の日があるんですよね。
横浜市の場合は横浜開港記念日です。
横浜開港記念日は学校は休みになるのでしょうか。
横浜開港記念日のディズニーランドや三渓園の混雑を紹介します。

 

横浜開港記念日は学校休み?

横浜で生まれ育った人は知っているかもしれませんが引っ越してきたりした人は知らないでしょう。
横浜開港記念日は学校が休みになるのか通常通りの授業なのか。
子供がいる家庭では横浜開港記念日に学校が休みになるか気になるところです。

 

横浜開港記念日は市立の学校は休みになります。
基本的に市立の小学校・中学校・高校は横浜開港記念日は学校が休みです。

 

一時期は授業時間を確保しようという動きがあって横浜開港記念日でも通常の授業をしようという案があったようです。
しかし最近ではやはり休みにしましょうということで横浜開港記念日には学校が休みになっています。
横浜市内に在住で市立の学校に子供が通っている場合は注意してください。

 

私立だったり県立だったりの学校の場合は横浜開港記念日に休みになりません。
通常通りの授業になります。
私立や県立の学校に通っている人はガッカリするかもしれませんね。
あくまで横浜開港記念日に学校が休みになるのは市立の学校だけです。

 

横浜市内に会社がある場合は基本的に通常通り仕事です。
もしかすると一部の会社は休みということもあるかもしれませんが少ないでしょう。
横浜市内の会社で横浜開港記念日に休みだったら地域密着という感じでなんかいいですね。
市役所などは普段通りやっているので安心してください。

 

あくまで横浜開港記念日に休みなのは市立の学校になります。
小学校や中学校はかなりの学校で休みになるということですね。
子供がまだ小さい場合はお昼ご飯などの準備が必要になりますし、仕事がある人は誰かに見ていてもらうなど考える必要がありそうです。

 

横浜開港記念日はその名の通り横浜湾が開港された記念日です。
1859年の6月2日横浜湾が開港されて国際貿易港となっています。
この日を堺に横浜は日本の文化と外国の文化が融合したと言ってもいいかもしれません。
横浜が発展したのも横浜開港記念日があったおかげでしょう。

 



スポンサーリンク


横浜開港記念日のディズニーランドの混雑

横浜開港記念日にディズニーランドに行こうかなと思っている人もいるでしょう。
平日が横浜開港記念日の場合は絶好のチャンスですもんね。
ディズニーランドって土日とか祝日だとものすごい混雑していますからね。

 

横浜開港記念日のディズニーランドの混雑がどのぐらいなのか気になるところです。
せっかく学校が休みでディズニーランドに行ったのに混雑しすぎていて楽しめなかったというと残念ですもんね。
事前にどのぐらいの混雑なのか知っていれば計画も立てやすいですしょう。

 

横浜開港記念日のディズニーランドの混雑は普段の平日よりは混雑していますが土日と比べるとかなり空いています。
横浜開港記念日というと横浜市立の学校が休みになります。
横浜って人口も多いですしディズニーランドに行くにしてもそこまで遠くありませんからね。

 

横浜開港記念日にディズニーランドに行こうと思っている人は結構います。
子供連れで行く人もいますが子供だけでもディズニーランドに行くことができるのでそれなりに混雑することになります。
とはいえ普段の平日よりは若干混雑するかなぐらいです。
土日や祝日のディズニーランドの混雑と比べると圧倒的に空いています。

 

横浜開港記念日には子供の来場者が多くなるためアトラクションが混雑する傾向にあります。
過去には横浜開港記念日のディズニーランドの人気アトラクションは100分待ちとなってこともあります。
100分待ちはかなりの混雑と思うかもしれませんが土日ほどではありません。

 

ディズニーランドのアトラクションはそれなりに混雑しますがパレードやショーなどはそこまで混雑しません。
ちょうど横浜開港記念日はディズニー・イースターが開催されている期間なのでイベントが目的ならいいかもしれませんね。
空いているというわけではありませんが混雑して楽しめないということはないでしょう。

 

もちろんディズニーランドだけではなくディズニーシーも同じような混雑です。
ディズニーシーも平日にしては若干混雑していますが土日ほどの混雑ではないという感じです。
横浜開港記念日のディズニーは子供が多くなるためディズニーランドよりディズニーシーの方が混雑を避けられるかもしれません。
ディズニーに行きたいけど混雑は避けたいという場合はディズニーシーの方がいいかもしれないですね。

 

横浜開港記念日の三渓園の混雑

横浜開港記念日に三渓園に行こうかなと思っている人もいると思います。
三渓園の日本建築と造園は素晴らしいですからね。
ふらっと散歩でもしたいなと思う人も多いと思います。

 

横浜開港記念日の三渓園の混雑が気になるところですね。
三渓園も混雑したりするのでしょうか。
横浜市内にあるので横浜開港記念日には混雑しそうな気もしますよね。

 

横浜開港記念日の三渓園の混雑は普段と変わらない状況でしょう。
横浜開港記念日には高校生以下の三渓園の入場は無料になります。
しかし高校生以下が無料となってもそこまで三渓園が混雑するということはありません。

 

小学生や中学生や高校生はまだ三渓園などに興味を持つ人は少ないです。
三渓園のような落ち着いた場所に興味がでるのはもう少し成長してからかなと思います。
子供はディズニーとかに行きたがりますし横浜開港記念日には他にも様々なイベントが開催されますからね。
横浜開港記念日で学校が休みだから三渓園に行こうという人は少ないでしょう。

 

三渓園に行きたいなと思う人の多くは大人です。
仕事をしている人は横浜開港記念日には休みにならない人がほとんどですからね。
ですので横浜開港記念日だからといって三渓園が特別に混雑するということはないでしょう。

 

ただし普段よりは若干混雑する可能性もあります。
子供連れで行く人が普段よりは多くなりますからね。
とは言え普段よりもものすごい混雑するという状況にはならないでしょう。
横浜開港記念日の三渓園は普段と同じぐらいの混雑具合ということですね。

 

まとめ

横浜開港記念日は学校が休みなのかについてでした。
横浜開港記念日の6月2日は横浜市立の小学校・中学校・高校は基本的に休みになります。
私立や県立の学校は横浜開港記念日でも休みになりません。
横浜市在住の方は知らなかったということのないようにしましょう。

 

横浜開港記念日は学校が休みなのでディズニーは混雑するかというとそこまででもありません。
普段の平日よりは若干混雑しますが土日ほどの混雑にはなりません。
混雑するとしたらアトラクションでイベントなんかが目的の場合はそこまで混雑は気にならないでしょう。

 

横浜開港記念日の三渓園もそこまで混雑しません。
三渓園に行きたいと思うのは大人が多いですからね。
子供の学校が休みなので一緒に三渓園に連れていく人はいますが普段よりものすごい混雑するということにはならないでしょう。

 

横浜開港記念日には横浜開港祭が開催されますからね。
1番混雑するのは横浜開港祭でしょうね。
横浜市民だけでなく近隣の人が多く集まるお祭りです。
横浜開港記念日には横浜港の開港を祝いましょう。



スポンサーリンク


 


PAGE TOP