ホワイトデーのお返しの相場は義理と職場と本命でいくら?

2017年5月20日

ホワイトデーが近づいてくるとお返しのことが気になりますよね。
バレンタインにもらったならお返しをしないという選択肢はさけたいもの。
かなり高感度は下がりますからね。
実は私も義理チョコのお返しをしていない時期がありました。
もちろん翌年には義理チョコをもらえなかった悲しい思い出があります。



スポンサーリンク


ホワイトデーのお返しを買おうと思った時に悩むのが金額です。
いったいホワイトデーのお返しの相場はどのぐらいなのでしょうか。
安すぎても引かれそうですし高すぎるとお財布が痛いじゃないですか。
そこでホワイトデーのお返しの相場を義理と職場と本命で調査しました。
いくらぐらいのお返しにすればいいのか悩んでいる人は参考にしてみてください。

 

義理のホワイトデーのお返しの相場

友人や知り合いの女性にバレンタインの義理チョコをもらった人もいるでしょう。
チョコでなくてもいいのですが義理でなにかもらったときです。
例え義理だとしてもきちんとホワイトデーにはお返しをしましょう。

 

義理なんだからお返しはいらないでしょと思うかもしれません。
上述したように私も以前義理チョコのお返しをしなかったことがあります。
翌年以降は義理チョコをもらえなくなったという悲しい出来事がありました。

 

ですので義理だろうとバレンタインになにかもらったらホワイトデーにはお返しをすべきです。
友達をなくす危険性もありますからね。

 

ホワイトデーのお返しはバレンタインの倍返しとか3倍返しと言われることもあります。
しかしこの言葉は義理のホワイトデーのお返しには適応されません。
安心してください。

 

義理のホワイトデーのお返しの相場は500円から1000円です。

 

というのもバレンタインの義理チョコが500円から1000円のものが多いんです。
義理に対しては等価でホワイトデーにお返しをするのがいいでしょう。

 

義理だけど有名ブランドのチョコをもらった人もいるでしょう。
ホワイトデーのお返しがチロルチョコとか明らかに安すぎるのはダメです。
極端な例ですが同じぐらいの値段の物をホワイトデーにお返ししましょう。

 

逆に高価な物をプレゼントするのも避けたほうがいいでしょう。
ブランドのアクセサリーとかですね。
義理なので義理で返す心構えを忘れてはいけません。
高級すぎると女性も引いてしまいます。

 



スポンサーリンク


職場のホワイトデーのお返しの相場

最近は義理チョコを廃止する会社も出てきました。
会社的には別にいいけど職場によっては義理チョコはもらえなかったかもしれません。
職場でもらった方がいいのか、もらわない方がいいのかは意見が分かれるところでもあります。

 

職場の場合も基本的には義理チョコということになりますよね。
職場のホワイトデーのお返しの相場も難しいものです。

 

職場の場合はホワイトデーのお返しは2パターンに分かれます。
男性陣で予算を集めて女性陣みんなにお返しをするパターン。
そして個人でもらった女性にお返しをするパターンです。

 

男性陣で予算を集める場合の職場でのホワイトデーのお返しの相場は300円から500円です。

 

この相場は私の経験から導きました。
私の場合はバレンタインに女性陣全員から男性陣へという場合が多いんです。
なのでホワイトデーのお返しも同じように男性陣で予算を集めて新人が買いに行きます。

 

もちろんこの場合は男女の比率によって相場は変わってくるでしょう。
男性が多ければ一人あたりの値段は安くなるし少なければ高くなりますからね。

 

個人の場合の職場でのホワイトデーのお返しの相場は500円から1000円です。

 

職場といっても義理チョコですからね。
ホワイトデーのお返しの相場としては同程度ということになります。
ただしバレンタインにもらったチョコがちょっと高そうだったら相場を超えてお返ししましょう。
同程度の金額でホワイトデーにお返しをするのがいいでしょう。

 

デパートなどの特設コーナーでよく見るなというチョコは500円から1000円の物も多いです。
ゴディバやピエールマルコリーニなどの有名ブランドのチョコは1000円以上するものも多いので注意しましょう。
バレンタインにもらったものと同等のお返しをホワイトデーにするのがいいでしょう。

 

本命のホワイトデーのお返しの相場

本命の女性にもホワイトデーにはお返しをしますよね。
別にお返しなんかしなくてもいいでしょというのは間違いです。
愛情が一気に冷めてしまう可能性もありますからね。

 

本命といっても2種類あります。
すでに彼女なのか彼女じゃない本命の女性なのかです。

 

本命の彼女の場合は義理とは違ってホワイトデーの相場が上がります。
当然のことなんですけどね。
バレンタインに本命の男性に女性があげる平均予算は2000円です。
ただしチョコの他にもプレゼントや食事などがあるので5000円ぐらいになることもあります。

 

ホワイトデーには倍返しや3倍返しが発動するのは本命の彼女へのお返しです。
しかしほとんどの男性は倍返しや3倍返しはしません。

 

本命の彼女へのホワイトデーのお返しの相場は2500円から5000円です。

 

倍返しや3倍返しをすると女性は喜んでくれる人が多いです。
実に50%以上の女性は倍返しや3倍返しをされると高感度が上がるという調査結果もあります。

 

一方、金額はいくらでもいいという女性も少なくありません。
無難なところで彼女と同等か少し上ぐらいの予算を考えておけばいいでしょう。
あまりにも高すぎると彼女が引いてしまう可能性もあります。

 

彼女じゃない本命の女性にホワイトデーのお返しをする人もいるでしょう。
例えばバレンタインに本命チョコをもらったとかですね。

 

彼女じゃない本命の女性へのホワイトデーのお返しの相場は2000円です。

 

バレンタインに本命の男性にあげるチョコの相場も2000円程度です。
ですのでホワイトデーのお返しも同程度の金額のものをお返しするのがいいでしょう。

 

彼女じゃないというのが複雑な部分でもありますね。
アクセサリーとかよりもいまの時点では食べ物がいいかもしれません。
付き合ったら色々とプレゼントすることもできますからね。
ひとまずはバレンタインのお返しということでホワイトデーのお返しを考えるのがいいかなと思います。

 

まとめ

ホワイトデーのお返しの相場を義理と職場と本命でそれぞれ紹介しました。
友達でも職場でも義理のお返しであればそこまで高いものをお返ししなくていいでしょう。
もらったものと同等の値段のものをお返しするのがいいのではないでしょうか。

 

安すぎたり逆に高すぎると女性はよく思わない場合もあります。
ホワイトデーのお返しの値段は気にならないという女性も多いです。
無難なのは同等のお返しですね。

 

本命の彼女であれば義理よりはホワイトデーのお返しの相場は高くなります。
バレンタインに貰った物も高価になりますからね。
お返しの相場が上がるのも当然のことです。

 

彼女へのお返しは食べ物でもいいですし食事でもいいですしアクセサリーなんかでもいいでしょう。
彼女が欲しそうにしていたものを思い出してプレゼントするのが1番ですね。
しかし高すぎると彼女も遠慮したり悪いなーと思ったりするので注意が必要です。

 

ホワイトデーのお返しって結構しますよね。
バレンタインにチョコを沢山もらえばもらうほどホワイトデーのお返しの予算も膨れ上がります。
義理チョコをもらうのも嬉しいですがホワイトデーを考えると微妙ですね。
しかしバレンタインにもらったのなら義理でもしっかりとホワイトデーにはお返しをしましょう。



スポンサーリンク


 


PAGE TOP