Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

生活保護と年金の受給は同時に可能

      2015/10/11

011

いまは働いていて収入があるから生活できているけど、
老後の生活が不安だという人も多いですよね。
そんな時に生活を支えてくれるのが生活保護と年金です。
生活保護を受けていると年金が受給できないと思っている人や、
年金を受給していると生活保護が受給できないと
思っている人もいるのではないでしょうか。



スポンサーリンク


もしくは年金は一定金額受給しているけど、
生活保護を別で受給できるのではないかと考えている人もいるかもしれません。
生活保護と年金の受給についてわからないことが多いですよね。

生活保護と年金の受給は同時に可能

現在は年金を収めているけど将来が不安という人も多いです。
働けるうちは収入があるのでいいのですが、
高齢になると様々な理由から働けないということや、
働いていても収入が少ないという人も多いですからね。

年金を受給しても生活ができないという場合もあります。
実際現時点でもこのような悩みを持っている人は大勢います。
年金だけでは生活がままならないという人です。

そういう場合は年金を受給していたとしても生活保護は受給できます。
生活保護と年金の同時受給が同時に可能となっているんです。
しかし生活保護と年金を同時に受給するには条件があります

生活保護と年金の同時受給の条件

生活保護でもらえる金額は最低生活費が関係してきます。
最低生活費は住んでいる地域や家族の構成等によって変わります。
ここでは例として高齢の夫婦2人で生活している場合についてです。
計算式などは割愛しますが最低生活費が夫婦2人で18万円だったとします。

生活保護受給額は収入が最低生活費に足りない分を受給できます。
生活保護受給額 = 最低生活費 - 収入

年金は収入として考えられます。
夫婦2人で年金を10万円受給していたとしましょう。
収入は他にはなく年金だけの生活をしていたとし、
上記の計算式に当てはめてみます。

生活保護受給額 = 18万円(最低生活費) - 10万円(収入)

生活保護受給額は8万円となりますね。
最低生活費に年金では足りない分を生活保護として受給できるということです。
ですので生活保護と年金は同時に受給可能となっています。

ここで注意する必要があるのですが、
最低生活費よりも収入が多い場合は生活保護は受給できません。
上の例でいうと年金を含め収入が18万円以上の場合は生活保護は受けられません。



スポンサーリンク


年金未納の場合

なんらかの理由でいままで年金が未納の状態だったという人もいるでしょう。
未納の状態だと当然将来は年金はもらえません。
その場合でも生活保護の受給は可能です。

上記の例で言うと年金がもらえないということは収入が0ということです。
この場合は生活保護受給額として最低生活費の18万円を受給できます。
年金未納であっても生活保護は受給できます。

だったら年金は未納のままで
生活保護で老後は生活すればいいと考える人もいるかもしれません。
しかしこれはオススメできません。

というのも生活保護を受けるにはかなり厳しい条件があります。
生活保護を受けるには審査があります。
基本的に貯金や車、家などの資産がある場合は審査は通りません。

つまりいままでと同じ生活やそれ以上の生活はできなくなるということです。
生活保護はどうしても生活できない場合の救済です。
年金はしっかり納め足りない分を生活保護で補うという考え方にしましょう。

生活保護を受給するには

生活保護を受給するには手続きが必要です。
地域の社会福祉課に行って生活保護を受けたい旨を伝えましょう。
その後書類を提出することになります。

書類を提出した後に担当者が実際に家に訪れます。
資産を保有していないかなどのチェックが入ります。
現状の質問などもされることになります。

審査結果が書面で届きます。
およそ審査には2周間程度かかると言われています。
審査が通った場合は生活保護の受給が開始されます。

各地域によって生活保護受給までの流れは若干違いますが、
概ね上記のような流れになります。
年金だけでは生活していけないと悩んだ時は生活保護受給の申請をしましょう。

まとめ

生活保護と年金の受給は同時に可能です。
年金だけでは生活できないという方や、
将来心配だという方は生活保護の受給も考えましょう。

しかし生活保護を受給するには厳しい審査があり、
裕福な生活ができるようになるとは思わない方がいいです。
最低限の生活のための救済ですからね。

働ける間は働いて収入を得ましょう。
将来に向けて今のうちから貯金をするなど資産を蓄えましょう。
生活保護は最後の手段と考えておいた方がいいですね。



スポンサーリンク


 

 - マメ知識・雑学 ,