WBC2017の日程とチケット!ローソンで先行販売?

2017年5月21日

2017年のWBCの開催が近づいてきましたね。
野球ファンに取っては待ち遠しい大会ですよね。
WBCは野球世界一はどこの国なんだっていうのを決める大会ですからね。
2017年のWBCでも侍ジャパンの選手達にはぜひとも頑張って欲しいものですね。
普段プロ野球をあまり見ない人でもWBCは見るという人が多いですしね。


スポンサーリンク

WBCをテレビで観戦するのもいいものです。
家でゆっくりと観戦すると野球の試合を見やすいですもんね。
しかし臨場感にかけてしまうのが欠点とも言えます。
できれば球場で侍ジャパンの選手達が躍動している様子をみたいものです。
そこで2017年のWBCの日程とチケットについて紹介します。
WBC2017のチケットはローソンで先行販売されますよ。

>>WBC2017の優勝予想はここだ!

WBC2017の日程

WBCが初めて開催されたのは2006年のことです。
WBC第1回大会では日本が優勝したんですよね。
あの時の熱狂は未だ忘れられません。

 

第2回のWBCも日本が優勝しましたが第3回は残念ながら優勝を逃し3位でした。
それでも日本は毎回好成績という感じではないでしょうか。
第3回のWBCで優勝を逃しているので2017年の第4回大会ではぜひとも優勝を奪いかいしてほしいものです。

 

2017年のWBCの日程が気になるところです。
基本的にWBCは毎回3月に開催されていますからね。
2017年のWBCの日程はどうなっているのでしょうか。

 

2017年のWBCの日程は3月7日から3月22日までです。
16日間の日程で2017年のWBCは開催されるということになります。

 

さらに詳しい2017年のWBCの日程は以下になります。

プールA 1次ラウンド

日程:2017年3月6日(月)から3月10日(金)
会場:高尺スカイドーム

日付 時間 対戦カード
2017年3月6日(月) 19:00 イスラエル - 韓国
2017年3月7日(火) 12:30 チャイニーズ・タイペイ - イスラエル
2017年3月7日(火) 19:00 韓国 - オランダ
2017年3月8日(水) 19:00 チャイニーズ・タイペイ - オランダ
2017年3月9日(木) 12:30 イスラエル - オランダ
2017年3月9日(木) 19:00 チャイニーズ・タイペイ - 韓国
2017年3月10日(金) 18:00 プレイオフ

 

プールB 1次ラウンド

日程:2017年3月7日(火)から3月11日(土)
会場:東京ドーム

日付 時間 対戦カード
2017年3月7日(火) 19:00 日本 - キューバ
2017年3月8日(水) 12:00 中国 - キューバ
2017年3月8日(水) 19:00 日本 - オーストラリア
2017年3月9日(木) 19:00 オーストラリア - 中国
2017年3月10日(金) 12:00 キューバ - オーストラリア
2017年3月10日(金) 19:00 日本 - 中国
2017年3月11日(土) 19:00 プレイオフ

 

プールC 1次ラウンド

日程:2017年3月9日(木)から3月13日(月)
会場:マーリンズパーク

日付 時間 対戦カード
2017年3月9日(木) 18:00 (日本時間10日8:00) カナダ - ドミニカ共和国
2017年3月10日(金) 18:00 (日本時間11日8:00) コロンビア - アメリカ
2017年3月11日(土) 12:00 (日本時間12日2:00) カナダ - コロンビア
2017年3月11日(土) 18:30 (日本時間12日8:30) ドミニカ共和国 - アメリカ
2017年3月12日(日) 12:30 (日本時間13日1:30) コロンビア - ドミニカ共和国
2017年3月12日(日) 19:00 (日本時間13日8:00) カナダ - アメリカ
2017年3月13日(月) 18:00 (日本時間14日7:00) プレイオフ

 

プールD 1次ラウンド

日程:2017年3月9日(木)から3月13日(月)
会場:エスタディオ・チャロス

日付 時間 対戦カード
2017年3月9日(木) 20:00 (日本時間10日11:00) イタリア - メキシコ
2017年3月10日(金) 20:00 (日本時間11日11:00) プエルトリコ - べネズエラ
2017年3月11日(土) 14:00 (日本時間12日5:00) イタリア - べネズエラ
2017年3月11日(土) 20:30 (日本時間12日11:30) メキシコ - プエルトリコ
2017年3月12日(日) 13:30 (日本時間13日4:30) イタリア - プエルトリコ
2017年3月12日(日) 20:00 (日本時間13日11:00) メキシコ - べネズエラ
2017年3月13日(月) 19:00 (日本時間14日10:00) プレイオフ

 

プールE 2次ラウンド

日程:2017年3月12日(日)から3月16日(木)
会場:東京ドーム

日本が1次ラウンド1位通過の場合

日付 時間 対戦カード
2017年3月12日(日) 12:00 プールB2位 - プールA1位
2017年3月12日(日) 19:00 日本 - プールA2位
2017年3月13日(月) 19:00 プールA1位 - プールA2位
2017年3月14日(火) 19:00 日本 - プールB2位
2017年3月15日(水) 12:00 プールA2位 - プールB2位
2017年3月15日(水) 19:00 日本 - プールA1位
2017年3月16日(木) 19:00 プレイオフ

 

日本が1次ラウンド2位通過か通過できなかった場合

日付 時間 対戦カード
2017年3月12日(日) 12:00 プールB1位 - プールA1位
2017年3月12日(日) 19:00 プールB2位 - プールA2位
2017年3月13日(月) 19:00 プールA1位 - プールA2位
2017年3月14日(火) 19:00 プールB2位 - プールB1位
2017年3月15日(水) 12:00 プールA2位 - プールB1位
2017年3月15日(水) 19:00 プールB2位 - プールA1位
2017年3月16日(木) 19:00 プレイオフ

 

プールF 2次ラウンド

日程:2017年3月14日(火)から3月19日(日)
会場:ペトコ・パーク

日付 時間 対戦カード
2017年3月14日(火) 18:00 (日本時間15日10:00) プールC1位 - プールD1位
2017年3月15日(水) 18:00 (日本時間16日10:00) プールC2位 - プールD2位
2017年3月16日(木) 19:00 (日本時間17日11:00) プールC1位 - プールD2位
2017年3月17日(金) 19:00 (日本時間18日11:00) プールC2位 - プールD1位
2017年3月18日(土) 12:30 (日本時間19日4:15) プールD1位 - プールD2位
2017年3月18日(土) 19:00 (日本時間19日11:00) プールC1位 - プールC2位
2017年3月19日(日) 17:00 (日本時間20日9:00) プレイオフ

 

決勝ラウンド

日程:2017年3月20日(月)から3月22日(水)
会場:ドジャー・スタジアム

試合 日付 時間 対戦カード
準決勝第1試合 2017年3月20日(月) 18:00 (日本時間21日10:00) プールE2位 - プールF1位
準決勝第2試合 2017年3月21日(火) 18:00 (日本時間22日10:00) プールE1位 - プールF2位
決勝 2017年3月22日(水) 18:00 (日本時間23日10:00) 準決勝の勝者

 

WBCの1次ラウンドで日本の侍ジャパンが登場するのはプールBになります。
プールBは東京ドームで開催されるので観戦しに行きやすいですね。

 

日本が1次ラウンドを勝ち抜くと2次ラウンドとなりますがプールEということになります。
2次ラウンドのプールEも開催地は東京ドームですね。

 

決勝ラウンドは日本での開催ではなくアメリカ開催ということになります。
球場はドジャースタジアムですね。
ドジャースでは日本人選手も在籍し有名なのでご存知の人も多いでしょう。
決勝ラウンドを見に行きたい場合はアメリカまで行かなくては行けないのでちょっと大変かなと思います。

 

WBCの決勝ラウンドは毎回アメリカで開催されるんですよね。
WBCはメジャーリーグベースボール機構と選手会が立ち上げた大会なので仕方ないでしょう。
できれば前回大会の優勝地で決勝ラウンドをするとかにしてほしいですけどね。

 

WBCが3月の日程で開催されるのは大リーグがシーズンに入る前だからです。
つまり調整期間と言ってもいいかもしれません。
さすがにシーズン中にWBCを開催するのも難しいという判断なのかもしれませんね。

 

日本の侍ジャパンにとっても3月はまだプロ野球開幕前です。
毎年プロ野球の開幕は3月末ですからね。
ちょうどWBCの開催期間はオープン戦の日程と重なることになります。

 

3月にWBCが開催されるので選手達も本調子ではない可能性も高いです。
シーズン中であれば体が出来上がった状態となるのでベストな状態に近い状態で対戦できるんですけどね。
しかし日程の調整が怪我などの問題もあるのでシーズン前の日程でWBCが開催されるのかもしれません。

 


スポンサーリンク

WBC2017のチケットはローソンで先行販売

2017年のWBCを球場で観戦したいという野球ファンも多いでしょう。
やはり国同士の対戦なので球場で生観戦したいですよね。
侍ジャパンのプレーを生で観戦する機会もあまり多くないですしね。

 

日本の侍ジャパンは1次ラウンドでは東京ドームに登場します。
1次ラウンドを勝ち抜き2次ラウンドに進出しても東京ドームでの試合です。
WBCに侍ジャパンが登場する東京ドームの試合のチケットはどうなっているのでしょうか。

 

2017年のWBCのチケットは先行販売と一般販売に分かれています。
当然先行販売の方が早く販売されその後に一般販売という流れになります。

 

WBCで侍ジャパンが東京ドームで試合をするときのチケットが余るということはないでしょう。
むしろ争奪戦になる可能性が高いです。
ですのでできれば先行販売でチケットを購入するのがいいと思います。

 

WBCのチケットの先行販売は2つに分かれています。
先行販売1と先行販売2ですね。
先行販売1の方が先に販売開始されその後先行販売2が販売開始ということになります。

 

では先行販売のチケットをどこで購入できるのかです。
実はWBCの先行販売1のチケットはローソンのみで販売されるんです。
他のチケット販売所などでは先行販売1のチケットは購入できません。

 

先行販売1の販売期間が終わり先行販売2の販売が開始されるとローソン以外でも購入可能です。
一般販売になると電話や店頭での販売も開始されるます。
ただ一般販売だとかなりチケットを購入するのは難しくなるのでできれば先行販売で購入するのがいいですね。

 

以下がWBCのチケットの発売期間や購入場所になります。
1次ラウンドも2次ラウンドも以下になります。

先行販売1のチケット

発売期間:12月24日(土)12:00から1月6日(金)23:00
発売場所:ローソンチケット

 

先行販売2のチケット

発売期間:1月7日(土)12:00から1月20日(金)23:00
発売場所:ローソンチケット、オンラインチケット、イープラス、チケットぴあ、セブンチケット

 

一般販売のチケット

発売日:1月21日(土)11:00から
発売場所:ローソンチケット、オンラインチケット、イープラス、チケットぴあ、セブンチケット、電話、店頭

 

WBCに侍ジャパンが登場し東京ドームでの試合の場合のチケットはかなり人気が高いです。
できれば先行販売でチケットを購入するがいいでしょう。
もし先行販売でチケットを購入できなかった場合は一般販売で購入するしかありません。

 

一般販売でもチケットの購入はできると思います。
しかし枚数があまりなかったりいい席がなかったりもするでしょう。
生でWBCの試合を見たい場合はできるだけ先行販売で購入するのがいいと思います。

 

WBCの東京ドームの座席チケットのおすすめはどれ?

WBCの1ラウンドと2ラウンドで侍ジャパンが試合をする球場は東京ドームです。
2017年のWBCの東京ドームの試合ではチケットの種類も細分化されています。
いったいどこの座席がいいのか迷ってしまうんですよね。

 

座席によってチケットの値段もかなり違います。
1番チケットが高いのがダイヤモンドボックスで3万5000円です。
逆に1番チケットが安いのが立ち見で2000円です。
その差は3万3000円ということになります。

 

WBCのチケットを購入する際に日本のベンチは1塁側か3塁側か気になりますね。
やはりできればホームのベンチ側の座席の方がいいですもんね。

 

WBCでは全試合日本は1塁側のベンチのようです。
ローソンチケットに「日本は全試合1塁側になります」との記載がありました。
一部のサイトでは3塁側が日本となっていますが誤りのようです。

 

チケットの中には侍ジャパンのユニフォームやマフラーが付いている座席もあります。
この座席が3塁側になっているので間違ってしまったのかもしれませんね。
とはいえ侍ジャパンが登場する試合ではほとんど侍ジャパンの応援になると思います。
1塁側でも3塁側でもどちらもあまり変わらない可能性が高いです。

 

これらを踏まえてどの座席がいいのかですね。
これは難しいところでもあります。

 

チケットの値段がいくらでもいいから見やすい座席がいい場合はダイヤモンドボックスがいいでしょう。
ダイヤモンドボックスであれば試合は見やすいですし食べ物や飲み物を注文すると持ってきてもらえます。
なんとも贅沢な座席です。

 

通常の指定席で内野がいい場合は指定席Aが見やすいのではないでしょうか。
外野よりの指定席になるのですが打った打球が飛んで来るので臨場感もありますからね。

 

侍ジャパンを応援したいという場合は外野指定席ですね。
応援団がいる席ですし楽しみなが侍ジャパンの試合を見ることができると思います。
指定席ですがチケットの値段がリーズナブルなのもいい点です。

 

WBCの試合をどこでもいいから見たい場合は立ち見席がいいのではないでしょうか。
立ち見席なので座ってみることはできませんが1番安いチケットになります。

 

通常のチケットは1日の試合しか観戦することはできません。
しかし3日間通し券が4日間通し券も発売されます。
侍ジャパンの試合を全試合見たいという場合は通し券を購入するのがいいのではないでしょうか。

 

まとめ

2017年のWBCの日程を紹介しました。
WBC2017は3月7日から3月22日までの日程で開催されます。
いよいよWBC本番が近づいてきたなという感じがしますね。

 

2017年WBCの侍ジャパンが登場する東京ドームのチケットについても紹介しました。
WBCのチケットは先行販売と一般販売に分かれています。
できれば先行販売でチケットを購入しておいた方がいいでしょう。

 

WBCの先行販売は2つに分かれていて先行販売1と先行販売2があります。
先行販売1のチケットはローソンのみの販売になるので注意が必要です。
先行販売2と一般販売は他の場所でもチケットを購入することができます。

 

WBCをテレビで観戦するのもいいでしょう。
しかし臨場感を感じることができるのは球場に行って生で観戦することですよね。
できれば東京ドームに行って侍ジャパンの試合を見たいものです。

 

2017年のWBCも近づいてきました。
侍ジャパンのメンバーも発表されています。
今回のWBCではぜひとも世界一のタイトルを奪還してほしいものです。


スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

野球

Posted by various