バレンタインチョコの職場での相場!あげない場合も多い?

2017年5月20日

「バレンタインチョコって職場であげる時の相場っていくらぐらい?」
このような疑問を持った女性も多いでしょう。
義理チョコなんだからいくらでもいいのではないか。
確かにその通りですがいくらなんでも駄菓子レベルはやめておいた方がいいでしょう。
結構職場の男性ってバレンタインのチョコを欲しがっている人が多いんです。



スポンサーリンク


バレンタインは1年の中でも大きなイベントの1つですよね。
本命チョコの他に義理チョコというものもありますよね。
職場の男性は義理チョコとわかっていてもバレンタインチョコが欲しいものです。
バレンタインチョコの職場での相場はいくらぐらいなのでしょうか。
職場ではバレンタインチョコをあげないという場合もここ数年増えてきているようです。

 

バレンタインチョコの職場での相場

バレンタインチョコは本命の人にあげるのがメインですよね。
その他にも義理チョコとして家族や友達にもあげる人も多いでしょう。
忘れてならないのが職場です。

 

そこで気になるのがバレンタインチョコの職場での相場です。
数年同じ職場で働いているのであればなんとなくこのぐらいの値段かなとわかるでしょう。
しかし新しい職場や就職したばかりだといくらぐらいのチョコをバレンタインにあげればいいのか悩むものです。

 

バレンタインチョコと言っても値段はピンきりですからね。
数千円するものもあれば数百円のものまであります。

 

あまり周りの人と値段が大きく違うと気まずいものです。
高すぎるとそんなに奮発してと反感を買うこともありますしね。
逆に安すぎると男性からの目が痛いものです。

 

ではバレンタインチョコを職場であげるときの相場はどのぐらいなのでしょうか。
相場に近づければ反感を買ったりすることもなく平和に過ごせそうですよね。

 

バレンタインチョコの職場での相場は500円から1000円です。

 

500円から1000円のバレンタインチョコを用意する女性が全体の約40%となっています。
次いで100円から500円が33%で1000円から15000円が16%程度になっています。

 

職場で渡すバレンタインチョコは義理チョコのことがほとんどですよね。
ですので相場通り500円から1000円程度のチョコでいいのではないでしょうか。

 

それでも職場に男性の人数が多いとかなりの出費になります。
あまりにも渡す人数が多い場合は100円から500円のバレンタインチョコでいいと思います。
バレンタインの義理チョコにそこまで出費するのもなんですからね。
できれば本命の男性に経費を回したいものです。

 

バレンタインの時期にはお店に特設スペースがありますよね。
案外500円程度のチョコも販売されています。
無理せず懐事情を考慮して買うのがいいのではないでしょうか。

 

上司と同僚で値段に差をつけた方がいいのかというのも気になるでしょう。
個人的にはバレンタインチョコを上司と同僚で差をつけるとかは考えなくてもいいのかなと思います。
逆に差をつけてしまって勘違いされるのも嫌ですしね。
全員同じバレンタインチョコだからと難癖をつけてくる上司もいないでしょう。

 



スポンサーリンク


バレンタインチョコを職場であげないことも多い

昔はバレンタインチョコを職場であげる人がかなり多かったんです。
しかし最近では職場でバレンタインチョコをあげない人も増えてきました。
義理チョコ離れが徐々に広がっているようです。

 

私は色々な職場で働くことがあるのですが職場によってはバレンタインチョコを配らない場合もありました。
とはいえ極少数ですけどね。
職場での仲の良さなんかも関係しているのかもしれません。

 

社会人の男性はなんだかんだ言ってもバレンタインはドキドキするものです。
義理チョコとわかっていてもバレンタインにチョコが貰いたいんですよね。
これは独身だろうと既婚者だろうと男性ならみんな同じです。

 

職場全体でバレンタインチョコをあげないと決めている会社であれば仕方ないでしょう。
しかしそういう決まりがないのであればバレンタインチョコをあげてもいいのかなと思います。

 

なんだかんだ会社は男性が多い場合がほとんどです。
男性は単純な人が多いのでバレンタインチョコをもらうと嬉しいものなんです。
仕事上でなにか助けて欲しいときとかにもいい影響があるかもしれませんね。

 

職場でバレンタインチョコを配る時はチーム内などある程度まとまった単位の男性全員にあげるのがいいでしょう。
この人にはあげてこの人にはあげないというのはやめておいた方が懸命です。
やはりこの様な差をつけてしまうと後々ギクシャクしてしまう可能性もありますからね。

 

個人であげるか女性みんなでまとめてあげるか

職場でのバレンタインチョコは個人であげるのか女性陣全員からまとめてあげるのかも気になるところ。
基本的にはその職場のこれまでのルールに従ったほうが角が立たないでしょう。

 

私の経験上では女性陣全員でお金を集めてバレンタインチョコを購入し配るケースが多いです。
個人で渡すというのは少ないかなと思います。
しかし各会社によって違ってきますのでこれまでと同じようにするのがいいでしょう。
これまでの方法がわからない場合は女性の先輩などに聞くのがいいでしょう。

 

個人であげるのもいいのですが明らかな差をつけるのはよくありません。
職場の男性にあげるバレンタインチョコであれば全員同じで問題ありません。
むしろ変えてしまう方がややこしくなる可能性もあります。

 

バレンタインチョコは一人一つずつにする必要もないでしょう。
大きな箱のチョコやお菓子を買ってきて男性に何個かずつ配るのでもいいと思います。
私の経験上はこの様な方法の配り方が多いです。

 

職場によっては女性の人数が少ない場合もありますよね。
1人しか女性がいないで他は全員男性ということもあります。
一人ひとりにバレンタインチョコを買っているとかなり大きな出費になってしまいます。

 

この様な場合でも上記の方法は有効です。
40個とか50個入りのチョコを買って一人の男性に対して2個ずつとかでも問題ありません。
出費をかなり抑えることもできます。

 

職場の男性へのバレンタインチョコの配り方も色々とあります。
お昼過ぎぐらいに一人ずつ渡していく場合もあります。
そこまで人数が多くなければこの方法でいいでしょう。

 

しかし職場によってはかなり大人数の場合もありますよね。
さすがに一人ずつ渡すと時間がかかってしょうがない場合もあります。
その場合は目立つところにバレンタインチョコを置いておいて全体にメールするのがいいでしょう。
チョコを置いてあるので取っていってくださいというようにです。

 

自席を離れる場合が多い職場においてもこの方法がいいですね。
営業やサービス業などであれば席にいないことの方が多いですからね。
自分で取りに行ってもらうスタイルもいいのではないでしょうか。

 

まとめ

バレンタインチョコの職場での相場についてでした。
バレンタインチョコの職場での相場は500円から1000円が多いです。
100円から500円という人の割合も結構多いようです。
懐事情と相談して決めるのがいいのではないでしょうか。

 

ここ数年はバレンタインチョコを職場であげない人も増えてきました。
義理チョコ自体が以前よりも少なくなっているようです。
職場で禁止されているという場合も少ないですがあるみたいです。

 

とはいえ社会人になった男性もバレンタインにチョコは欲しい人が多いです。
独身でも既婚でも男性はチョコが欲しいものです。
もちろん義理チョコとわかっていてもです。

 

ですのでバレンタインにはチョコをあげるのがいいのではないでしょうか。
もちろん職場で禁止されていたりこれまでのルールがある場合は別ですけどね。

 

バレンタインチョコのあげ方についてはこれまで職場でのどのようにしていたかによります。
わからない場合は先輩などに聞いてみましょう。
自分だけ個人であげるというのも他の女性陣から反感を買うことがあるかもしれませんからね。

 

バレンタインに職場でチョコを渡して日頃の感謝を伝えるのもいいのではないでしょうか。
例え義理チョコだとしても感謝の気持ちは本物ですからね。
職場でバレンタインチョコをあげるときの参考にしてみてください。



スポンサーリンク


 


PAGE TOP