バレンタインチョコを遠距離の彼に送る時に注意することは?

2017年5月20日

遠距離をしているカップルも多いのではないでしょうか。
年に1度のバレンタインなので遠距離をしている彼氏にチョコを送りたいですよね。
しかし遠距離している彼にバレンタインチョコを送る時に気をつけなければいけないことがあります。
なにも気にしないでいるとバレンタインに思わぬ結果になるかもしれません。
そんなことにならないように注意しましょう。



スポンサーリンク


遠距離しているとなかなか彼と会うことって難しいですよね。
普通のカップルであればバレンタイン当日に会ってバレンタインチョコを渡すのも難しくありません。
しかしせっかくのバレンタインなので遠距離の彼に感謝も込めてチョコを送りたいものです。
バレンタインチョコを遠距離の彼に渡す時に注意することがあります。
特に手作りチョコをバレンタインに渡そうと思っている人は要注意です。

 

バレンタインチョコを遠距離の彼に送る時の注意点

バレンタインなどのイベントの時は遠距離だと色々と考えることがありますよね。
近くにいれば直接バレンタイン当日に会ってチョコを渡すことは難しくありません。
遠距離だから悩む部分でもありますよね。

 

しかしせっかくのバレンタインです。
遠距離の彼にバレンタインチョコを渡したいですよね。
チョコを渡す手段としては送るか直接会って渡すかです。

 

ここではバレンタインチョコを送る際の注意点を紹介します。
まさかこんなことになるとは思わなかったとならないように気をつける必要があります。

 

以下がバレンタインチョコを遠距離の彼に送る時の注意点です。

市販のチョコを送る場合

市販のチョコを遠距離の彼に送る時はそこまで注意することはありません。
通販であれば遠距離の彼の住所宛に送ればいいでしょう。
きちんとしたお店の通販であればなんの問題もなく届けてくれます。

 

通常の店舗でチョコを購入した時もそのまま送ることができる場合もあります。
その時も特に気にする必要はありません。

 

自分でチョコを買ってきて宅急便などで送る場合は少し注意が必要です。
できればクール便やチルド便を使って方がいいでしょう。
万が一チョコが溶けてしまうと残念な結果になりますからね。

 

そして市販のチョコを遠距離の彼に送る時には日時指定をしましょう。
基本的にはどこの宅配業者も日時指定を受け付けてくれます。
バレンタイン当日に彼の家にチョコが届くようにしましょう。
さらに時間は彼の仕事の都合も考えて夜に着くようにするのがいいでしょう。

 

手作りチョコを送る場合

手作りチョコをバレンタインに遠距離の彼に送る時は注意が必要です。
悲しい結果にならないようにしましょう。

 

手作りチョコの場合はまず衛生面をしっかりする必要があります。
市販のチョコは衛生管理がきっちりされているのでそこまで私達が考える必要はありません。
しかし手作りということは雑菌が入ってしまう可能性があります。
チョコを作る時も作り終わってからも基本的な衛生管理はしっかりしましょう。

 

手作りだからといって大きすぎたり多すぎたりも気をつける必要があります。
気合を入れすぎて一人でそんなに食べられないということがないようにしましょう。
手作りチョコは保存もそれほどできないので食べ切れる分だけ作るのがいいですね。

 

手作りチョコを入れる箱もきちんと選ぶ必要があります。
組み立て式の頑丈な箱を用意したほうがいいでしょう。
万が一送っている最中にチョコが割れてしまったりしても嫌ですもんね。

 

手作りチョコを入れた箱の中にはクッションを入れたほうがいいでしょう。
少しの隙間があると送っている時に上下に動いてしまいます。
せっかくのチョコがぐちゃぐちゃになってしまうこともあるんです。
クッションには小さいプチプチを隙間なく入れるのがいいかなと思います。

 

送る時の箱も気をつける必要があります。
大きすぎずチョコの箱がおさまるぐらいの箱がいいですね。
送る時の箱とチョコの箱の間にもクッションを入れることをおすすめします。

 

宅配業者が車でチョコを送るときって結構揺れが大きいんです。
チョコの上にメッセージが書かれていたとしてもぐちゃぐちゃになってしまうこともあります。

 

私もバレンタインに手作りチョコを送ってもらったことがあります。
その時にきちんと梱包されていたにもかかわらずチョコの上のメッセージは読み取れない程でした。
せっかくの手作りチョコなので作ったままの状態で届いてほしいですもんね。

 

手作りチョコを送る時は宅急便を使うことが多いでしょう。
クール便やチルド便を利用するのがいいでしょう。
有名な宅配業者であればクール便やチルド便が用意されています。
生チョコなど溶けやすいものだと通常の宅配では溶けてしまう可能性もありますからね。

 

さらに厳重にするなら割れ物注意にした方がいいでしょう。
学生時代に宅配業者で仕分けのバイトをしていたことがあります。
通常の荷物の場合は上に積み上げたりするんです。
割れ物注意などであれば積み上げる際も1番上にしたり対応しますからね。

 

日時指定も必ずするようにしましょう。
やはりバレンタイン当日にチョコを届けてほしいですもんね。
早すぎたり遅すぎたりすると気持ち的にもワクワク感が薄れてしまいます。

 

時間は彼の仕事の時間も考慮する方がいいでしょう。
サプライズでなければ仕事が終わって家に着く時間を事前に聞いておいた方がいいですね。
バレンタイン当日に受け取れなかったというような事をできるだけ避けるためです。

 

バレンタインチョコを遠距離の彼に送る際に注意する点でした。
色々と注意しなくてはいけないことがあります。
特に手作りチョコを送る際は十分に注意しましょう。

 

遠距離恋愛中の男性の中にはバレンタインは自分には関係ないなと思っている人もいます。
そんな中、彼女からチョコが送られてきたら嬉しいでしょう。
ぜひ遠距離恋愛している彼にバレンタインチョコを送ってあげましょう。

 



スポンサーリンク


バレンタインチョコを遠距離の彼に直接届ける時の注意点

バレンタインチョコを遠距離の彼に直接会いに行って届けようかなと思っている人もいるでしょう。
なかなか会うことのできない遠距離恋愛なのでバレンタインなどのイベントの時は会いたいですもんね。
しかし直接チョコを届ける時も注意することがあります。

 

まず遠距離中の彼にバレンタインに会うことができるか確認しましょう。
サプライズで行きたいという場合もあるでしょうけどできるだけ確認はした方がいいです。
せっかく彼のところに行ったのに仕事で忙しかったりちょうど出張に行っていたりすることもあります。

 

会いに行くときは持っていくチョコのことに気をつける必要があります。
溶けやすいチョコの場合は要注意です。
遠距離ということはなにか乗り物を使いますよね。
バレンタインの時期は暖房がついているのでチョコが溶けてしまう可能性があります。

 

生チョコなどは特に注意です。
溶けてしまって何だコレとならないようにしましょう。
チョコは溶けると早く傷んでしまうこともあります。

 

その為チョコを持っていく時は保冷剤なんかを用意しましょう。
溶けにくいチョコの場合でも保冷剤を入れておけば安心ですね。

 

そして揺れにも十分注意したいところです。
バッグの中に入れておくといつの間にかチョコがぐちゃぐちゃになってしまうこともあります。
バスや電車で人が多いとぶつかってしまうこともありますからね。

 

チョコならまだ多少の揺れでも大丈夫なことも多いです。
しかしケーキなどを準備している時はより気をつけてください。
周りの人の影響も受けやすいですからね。

 

バレンタインに遠距離の彼に直接チョコを届ける際にも注意しましょう。
きっと彼も喜んでくれると思います。

 

まとめ

バレンタインチョコを遠距離の彼に送る時の注意点についてでした。
市販のチョコを送る時はそこまで心配することはありません。
日時指定をしっかりすればほぼ大丈夫です。

 

手作りチョコを送る場合は注意が必要ですね。
チョコの状態なんかも気にする必要があります。
特に生チョコなんかを送る場合は気をつけましょう。

 

チョコを送る時にちゃんと届くか心配になることもあると思います。
有名な宅配業者であれば荷物がいまどこにあるのかをWeb上から確認することもできます。
心配な場合は追跡サービスを使ってみてください。

遠距離の彼に直接バレンタインチョコを届ける際の注意点も紹介しました。
バレンタインの時期は暖房がついているのでチョコが溶けないようにしましょう。
そして移動中の揺れにも注意が必要ですね。

 

遠距離だとバレンタインなど大変です。
しかし彼が喜んでくれる姿を想像すると送りたくなりますよね。
素晴らしいバレンタインになることを願っています。



スポンサーリンク


 


PAGE TOP