Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

大学の成績は就職に関係する?理系は重要?

   

152

大学の成績って就職活動に関係ってするの?
このような疑問を持っている人も多いでしょう。
できれば自分が希望する企業に就職したいですもんね。
企業からしてみても優秀な大学生に着てほしいと思っています。
わかりやすいのが大学の成績ですよね。



スポンサーリンク


大学の成績を見れば大学生時代の勉学の状況がわかります。
大学の成績を見てほしいという人もいれば、
成績はできれば見てほしくないという人もいるでしょう。
大学の成績が就職に関係するのかを紹介します。
特に理系の人は大学の成績が就職に大きく影響することもあるかもしれません。

 

大学の成績は就職に関係するか

以前までの就職活動ではほとんど大学の成績は関係ありませんでした。
なんだー、一安心と思ってはいけません。
近年の就職活動では大学の成績が就職に影響する場合があります。

中小企業などの場合は大学の成績の提出は特にない場合が多いです。
大学の成績を提出させない場合や提出させても内定後という場合が現在も多いです。
これは大学の成績からではその人の人柄を知ることができないためです。
大学の成績でわかるのは勉強ができるかどうかですからね。
人柄までは読み取ることができません。

会社の採用担当者がほしいのは会社に貢献してくれる人です。
大学の成績がいいからといって必ずしも会社に合うかは別ですからね。
大学や履修した科目によっても成績は大きく変わってきます。
成績を見たとしてもきちんと卒業できるのかを見るぐらいということです。

一方で最近増えてきたのがエントリーシートの時や面接の途中で大学の成績を提出させる企業です。
大企業や有名企業、外資系の企業の場合に多くなっています。
これは明らかに採用に大学の成績が関係しているといえるでしょう。
つまり大学の成績が就職活動に関係があるということです。

なぜ大学の成績を就職の採用に使用するのでしょうか。
これには深い理由があるんです。
そうでなければ大学の成績を就職活動で採用しようとは思わないですもんね。
企業が大学の成績を就職活動に活用する理由を一部紹介します。

面接の人数

大人数を面接できないという場合があるようです。
大企業や有名企業となると就職希望の大学生が大勢応募してきます。
しかし全員を面接することは不可能なんです。

そこで大学の成績を使用する場合があります。
あまりにも大学の成績が良くない場合は面接はしないということがあるんです。
明らかに大学の成績が就職に影響するケースですね。

やりたくないことに対する姿勢

大学の勉強って全てが学びたいことではないはずです。
もちろん学びたいことがあってその大学の学部や学科に所属したはずです。
しかしあまり受けたくない授業とかもありますよね。

仕事でも同じことが起こります。
自分ではやりたくないなーと思う仕事もやらなければならない場面があるんです。
大学時代にやりたくない勉強をどう乗り越えてきたのか見たいんです。
大学の成績から物事への取り組む姿勢を見るため就職に影響すると言っていいでしょう。

素の部分を見る

エントリーシートって自分のアピールポイントを書きますよね。
つまりは頭で考えて書いて面接でも用意した回答をする場合が多いです。
これはいい大学生に見えるように作った自分とも言えるでしょう。

そこで企業は大学の成績を活用します。
1年間に多くの単位を習得しているのはなぜなのかや、
成績が落ちているのはどうしてなのかを聞きます。
そうすると大学生は用意していない質問なので素の部分を見せることになるんです。
学生の素の部分を見るために大学の成績を就職活動で使うこともあります。

 



スポンサーリンク


理系は大学の成績が就職に大きく影響?

大学の成績を就職活動で活用する企業が増えてきました。
しかしまだまだ少ないのが現状です。
大企業や有名企業や外資系の企業では徐々に増えているようです。

しかし理系の場合はちょっと話が違ってきます。
大学の成績が就職に影響しやすいのは文系より理系です。
どういうことかというと理系の就職には推薦があるからです。

理系の大学の場合は企業と協力して研究したり、
関係が深い場合があります。
そうなると教授から企業へ推薦という形で学生が就職することも多いです。

推薦枠は大学によって様々ですがそれほど多くはありません。
多くても1企業につき数人程度ですね。
どうやって推薦をもらうかというと大学の成績です。

教授からの推薦をもらったからといって
必ずその企業が内定を出すというわけでもありません。
しかし私が知る限りだとかなり内定がでる確率は高いです。

理系の大学で就職したい企業の推薦がある場合は成績順になることが多いです。
ですから理系の大学に通っている場合は大学の成績が大きく就職に影響します。
一般の就職活動よりも入りやすいように感じますしね。

 

大学の成績が良くない時はどうする?

大学の成績が就職で影響するというのはわかってももらえたでしょう。
全ての企業が大学の成績を見るわけでもありません。
しかし今後は増えてくる可能性もありますね。

大学の成績がいい人は特に問題ないでしょう。
しかし大学の成績が悪い場合はどうすればいいのでしょうか。
面接などで成績のことについて聞かれた時に困りますよね。

まず大前提ですが企業は大学の成績だけでは採用しません。
大学の成績がいい人だけがほしいということや、
逆に成績が良くない人はいらないという考えではないんです。
ですので大学の成績が悪かったとしてもそこまで気にしすぎることはありません。

大学の成績について聞かれた場合はきちんと説明できれば問題ありません。
例えば課外活動に力を入れていたなら説明しましょう。
嘘はつくことはせずに学生時代に力を入れたことなどへつなげて、
自分をアピールするのがいいのではないでしょうか。

成績のことに突っ込まれると少し意地悪だなと感じるかもしれません。
企業の採用担当者は素の部分の人柄を見ます。
そして急な出来事への対応力なんかも見ています。
大学の成績が悪いからダメだと思わずに誠実に回答をしましょう。

 

まとめ

大学の成績は就職に関係するのかについてでした。
以前までの就職では大学の成績はほとんど関係ありませんでした。
しかし最近では大企業や有名企業を中心に、
大学の成績を就職活動で活用するケースも増えてきています。
今後さらに増えると思われます。

理系の場合は大学の成績が大きく就職に影響することがあります。
理系の大学の場合は推薦がありますからね。
大学の成績がいい人だけが推薦で就職できるというケースが多いです。

大学の成績は就職で活用されますが、
それほどビクビクとする必要もありません。
企業の採用でもそこまで大学の成績自体は重要視していないでしょう。
重要視しているのはその人の人柄と、
会社で活躍してくれる人材なのかですからね。

就職活動で大事なのは大学の成績よりもコミュニケーション能力でしょう。
会社にはいろいろな人がいますからね。
もちろん大学の成績が優秀でコミュ力もある人が喜ばれます。
面接で大学の成績について聞かれたらしっかりと説明できれば問題無いでしょう。



スポンサーリンク


 

 - マメ知識・雑学 ,