東京スカイツリーは予約で待ち時間なし!キャンセル方法も紹介

2017年5月20日

東京スカイツリーの夜景

東京スカイツリーに登ったことってありますか?
東京や関東に住んでいる人は意外と登ってない人も多いかもしれません。
いつでも行けるという距離に住んでいる人はなかなか行かないことも多いですよね。
旅行で東京に行く人は東京スカイツリーに登りたいですよね。
一生に一度は展望デッキから東京の街を見下ろしたいものです。



スポンサーリンク


東京スカイツリーに行ってみたいという人は多いでしょう。
「でも混雑具合が気になって・・・」
「待ち時間が長いとなにをしていいかわからないし・・・」
という人が多いですよね。

 

東京スカイツリーがオープンしたのは2012年です。
オープン当初はものすごい行列になりました。
そろそろ行列も少なくなってはいるのですがまだ並ぶこともあるんです。

 

行列に並ぶことが好きな人はいいかもしれませんがほとんどの人が行列には並びたくないはずです。
あの待ち時間が嫌なんですよね。
しかし東京スカイツリーの行列に並ばなくても入場できる方法があるんです。

 

東京スカイツリーは予約することが可能です。
事前に予約しておけば東京スカイツリーを待ち時間なしで楽しむことができます。

>>東京スカイツリーの平日の待ち時間と混雑を確かめてきた!

 

東京スカイツリーは予約すれば待ち時間なし

東京スカイツリーは現在でも行列ができてすごい待ち時間になることもあります。
特に週末やGWなどの連休なんかはチケットを購入するのに長蛇の列ができることも。
3時間や4時間の待ち時間が発生することもあるほどです。

 

しかし東京スカイツリーの行列に並ばないで待ち時間なしに展望台に行く方法があります。
それが予約です。
東京スカイツリーに行くときは予約して待ち時間なしで楽しみましょう。

 

東京スカイツリーの展望台のチケットには以下の種類があります。

  • 当日券
  • 事前に予約する事前日時指定券
  • 日付指定券

 

この事前に予約する事前日時指定券を購入することにより東京スカイツリーの待ち時間はゼロになります。
日付指定券でもいいのではないかと思うかもしれませんが、日付指定券は旅行会社やホテルのプランのセットに含まれるので個人購入はできません。

 

事前日時指定券は名前の通り日付と時間を指定する入場チケットです。
定められた時間に東京スカイツリーに行く必要があります。
自分で日付も時間も決められるので基本的には問題ないです。

 

予約して事前日時指定券を購入する方法

東京スカイツリーの入場を事前に予約する事前日時指定券の購入方法は2通りあります。

  • 東京スカイツリーのホームページから予約
  • コンビニのセブンイレブンで購入

 

オススメはどちらかと言われたらセブンイレブンでの購入になります。
というのも東京スカイツリーのホームページからの予約だとちょっと不便です。

 

東京スカイツリーのHPで予約して事前日時指定券を購入する方法

東京スカイツリーのホームページから事前日時指定券を購入する場合はクレジットカードのみの支払いになります。
クレジットカードを持っていない人や使えない人はこの時点で利用できません。

 

入場するときに決済したクレジットカードを持って行き、さらに購入確認メールを提示する必要があります。
基本的にチケットの譲渡はできません。
チケットを購入した人が東京スカイツリーに当日行かない場合は譲渡証明書を提出する必要が出てきます。

 

これを見ただけで東京スカイツリーのホームページから予約して事前日時指定券を購入するのは煩わしいと感じますよね。
現在の運用はこのようになっているので仕方ありません。
もう少し簡略化してくれればいいんですけどね。

 

セブンイレブンで予約して事前日時指定券を購入する方法

セブンイレブンで事前予約の事前日時指定券を購入する場合は簡単です。
他のチケットと同じようにセブンイレブンの端末を操作し店員さんに料金を支払うだけですからね。

 

セブンイレブンなら現金でも支払うことができます。
他の人への譲渡する際も同意書などは必要ありません。
普通にプレゼントすることが可能です。

 

入場するときもセブンイレブンで購入した引換券を提示するだけです。
身分証明書などの提示は必要ありません。
圧倒的にセブンイレブンで事前日時指定券を購入した方が楽です。

 

セブンイレブンで購入する時にも注意点があります。
花火大会などのイベントの時にはセブンイレブンでは購入することができません。
このようなイベントの時に東京スカイツリーに行きたい場合は東京スカイツリーのHPから購入しましょう。

 

事前予約の事前日時指定券の購入方法を2種類紹介しました。
個人的にはセブンイレブンで購入した方が楽だなと思います。

 

事前予約の事前日時指定券には早割があります。
8時から9時30分に東京スカイツリーに入場するチケットだと割引価格で購入することが可能です。
朝がちょっと早いですが安くしたいという場合は早割を使いましょう。

 

事前予約の事前日時指定券のチケットを購入できる期間は前日から2ヶ月先までです。
早めにチケットを取っておけば混雑するGWや連休などでも問題ないでしょう。
東京スカイツリーに登る日が決まっているのであれば早めにチケットを用意しておきましょう。

 

予定していた日に東京スカイツリーに行けなくなったということもありえます。
そんな時でも事前予約の事前日時指定券なら29日以内の振替入場が可能です。
万が一行けなくなっても安心ですね。

 

事前予約の事前日時指定券には2種類あります。
天望デッキのみのチケットか天望デッキと天望回廊のチケットがセットになったものです。
個人的には天望回廊も見たほうがいいと思うのでセットを買うのがいいのかなと思います。

 



スポンサーリンク


事前予約の事前日時指定券のキャンセル方法

事前予約の事前日時指定券を購入したけどキャンセルしなくてはいけないということも出てくるかもしれません。
個人的にはできるだけキャンセルしない方がいいのかなと思います。
29日以内であれば振替入場ができますしキャンセルするのにはキャンセル料が必要になるからです。

 

東京スカイツリーのHPから購入したかセブンイレブンで購入したかによってキャンセルの方法が変わります。
それぞれのキャンセルの方法は以下になります。

 

東京スカイツリーのHPで購入したチケットのキャンセル方法

東京スカイツリーのHPで購入したチケットをキャンセルするにはHPから申請する必要があります。
キャンセル料は500円取られます。
結構高いキャンセル料ですよね。

 

HPからチケットをキャンセルするにはまずキャンセルチャージ券というのを購入します。
このキャンセルチャージ券に500円必要になります。

 

キャンセルチャージ券を購入したらキャンセル受付フォームに必要事項を入力します。
この際にキャンセルしたいチケットのお問い合わせ番号とキャンセルチャージ券のお問い合わせ番号を入力することになります。
これでクレジットカードに返金されるという流れになります。

 

キャンセルの受付の期限は入場日の5日前の23時59分までです。
直前だとキャンセルできないので注意が必要です。

 

セブンイレブンで購入したチケットのキャンセル方法

セブンイレブンで購入したチケットをキャンセルするには郵送で送る必要があります。
入場日の3日前までに必着という条件があります。
こちらも直前ではキャンセルできないことになりますね。

 

東京スカイツリーのHPにキャンセル申請書という用紙がダウンロードできる状態になっています。
キャンセル申請書に必要事項を入力し印刷します。
キャンセルしたいチケットとキャンセル申請書を同封して送ることになります。

 

キャンセル料が500円かかります。
さらに送料もコチラ側で負担することになります。
さらにさらに返金に関する実費として500円程度必要です。

 

キャンセルの手続きが終わると郵便振替払出証書が送られてきます。
上記の料金が引かれた状態で送られてくるので郵便局に行って換金するという流れです。

 

セブンイレブンで購入したチケットをキャンセルするにはかなりの金額を負担することになります。
キャンセルするかもという場合はセブンイレブンではなく東京スカイツリーのHPからチケットを購入した方がいいかもしれませんね。

 

事前予約の事前日時指定券のチケットをキャンセルする方法を紹介しました。
キャンセル料がかかってしまいます。
もったいないので29日以内に東京スカイツリーに行ったほうがいいのではと思います。

 

事前予約の事前日時指定券を購入した場合はできるだけキャンセルしないようにしましょう。
セブンイレブンでチケットを購入しキャンセルを考えるなら誰かにプレゼントした方がいいかもしれませんね。

 

東京スカイツリーの混雑を避けるには

事前に予約する事前日時指定券を購入すれば東京スカイツリーでの待ち時間はありません。
同じ時間の事前日時指定券を購入している人がいれば引換に多少時間はかかりますがどんなに待っても5分から10分程度の待ち時間です。

 

しかし当日券で待ち時間なしの時間帯はないのかというとそうでもないんです。
曜日と時間帯と天候に気をつければ当日券でもほとんど並ばないで東京スカイツリーに入場できます。
予約して事前日時指定券を持っていたとしてもできるだけ混雑していない時間がいいですしね。
東京スカイツリーの混雑を避けることができる時間帯に入場しましょう。

 

東京スカイツリーの混雑を避ける方法は以下になります。

曜日を選んで混雑を避ける

曜日ですが平日の火曜日から木曜日が空いています。
週末や祝日は多くの人が東京スカイツリーに訪れます。
月曜日と金曜日は週末に旅行に行く人が絡める人が多いです。
東京スカイツリーが比較的空いている曜日は火曜日から木曜日になります。

 

GWや夏休みや年末年始は混雑します。
家族連れで東京スカイツリーに訪れる人も多いですからね。
混雑を避けたいのであれば平日にしましょう。

 

時間帯で混雑を避ける

時間帯ですが午前中だと10時までが空いています。
東京スカイツリーの営業開始時間は8時です。
オープンしてすぐの時間がまだ人が少ないので空いています。

 

意外に夕方も空いているんですよね。
夕方は穴場の時間帯になります。

 

天気で混雑を避ける

天気ですが曇りか雨の日が空いています。
東京スカイツリーは風景を楽しむ場所ですからね。
天気があまり良くないと来る人も減ります。
そこを狙うと空いてますよ。

 

しかし強風の時は注意が必要です。
強風の時は東京スカイツリーのエレベーターが運行していない場合があります。
強風の日は避けましょう。
ものすごい強い風でなければエレベーターが止まることはありませんが過去に止まったことがあります。

 

これらを総合すると東京スカイツリーの混雑をさけるには平日の火曜から木曜の朝10時までか夕方で曇りか雨の日が最適です。
曇っていてもかなり見晴らしはいいですからね。
絶景を楽しむことができちゃいます。

 

事前予約すると天気とかはわかりませんよね。
平日の朝早くや夕方に行くとある程度混雑を避けることができるでしょう。
それでも全く人がいないということではありませんが休日に行くよりもかなり空いています。

 

まとめ

東京スカイツリーは予約すれば待ち時間なしで楽しめます。
日本で一番高い場所に展望台がありますからね。
素晴らしい景色を見ることができます。
かなり感動すると思いますよ。

 

東京スカイツリーの展望台は2段階になっています。
天望デッキは地上350mで天望回廊は450mです。
東京スカイツリーに行った際には天望回廊まで行くことをおすすめします。
100m違うと全く違う風景に思えますよ。

 

事前予約の事前日時指定券をキャンセルする方法についても紹介しました。
東京スカイツリーのHPで購入した時とセブンイレブンで購入した時ではキャンセルの方法が違います。
キャンセル料が取られるのでできるだけキャンセルしない方がいいでしょう。
29日以内であれば振替入場することができます。

 

東京スカイツリーの混雑を避ける方法についても紹介しました。
予約していても混雑してしまうことがありますからね。
できるだけ混雑が避けられそうな日を選んで予約して東京スカイツリーを楽しむのがいいでしょう。

 

東京スカイツリーに行ったことない人やまた行きたいという人は予約して待ち時間なしで楽しみましょう。
混雑する時間を避けると自由に動き回れていいですよ。



スポンサーリンク


 


PAGE TOP