Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

東京の真夏日最多継続日数は?連続記録がすごかった!

   

208

夏は毎日暑いですね。
と当然のことから話題に入っていきます。
体感的には子供の頃よりも暑い日が多い気がしますがどうなのでしょう。
東京も真夏日が連続することも多いですよね。
昔はこれほど真夏日とか聞かなかった気がします。



スポンサーリンク


世界各地には日本よりも暑い国が多くあります。
しかし東京の夏も本当に暑いですよね。
湿度が高いのも理由の1つでしょう。
東京の真夏日の最多継続日数って何日なのでしょうか。
過去のデータを調べたら真夏日の連続記録がすごいことになっていました。

 

東京の真夏日最多継続日数

東京の夏は本当に暑いですよね。
京都とかも暑いと言われていますが、
東京も負けていないのではないでしょうか。

気温が高いのもあるのですが、
湿度が高いのがキツイですよね。

夏が苦手な私としてはできるだけ真夏日などにはなってほしくないものです。
しかし真夏日の日が多いのも事実ですね。

真夏日とはその日の最高気温が30℃以上となった日です。
ここ数年夏には必ず耳にする言葉となりました。
昔はあまり真夏日という言葉自体を聞かなかった気がします。

地球が温暖化していると言われていますが、
その影響もあり東京の真夏日の日数も増えているのでしょうか。

日本の気象に関するデータを見るなら気象庁のデータですね。
過去の東京の真夏日についても気象庁のデータを見てみました。

東京の真夏日もかなり継続して発生していました。
こんなに連続して真夏日が発生するものなのかと驚くほどでした。

以下が東京の真夏日継続日数の上位になります。

西暦 開始日 終了日 継続日数
2004年 7月6日 8月14日 40日
1995年 7月23日 8月28日 37日
1894年 7月10日 8月9日 31日
1881年 8月7日 9月6日 31日
2010年 8月10日 9月8日 30日
1933年 8月7日 9月5日 30日
2015年 7月19日 8月16日 29日
2008年 7月12日 8月9日 29日
1964年 7月22日 8月19日 29日
1929年 7月21日 8月18日 29日
1892年 8月15日 9月12日 29日

 

東京の真夏日最多継続日数は2004年の40日間となっています。
40日間毎日30℃以上の気温になったということですからね。
かなりキツイ夏だったことがわかります。

2004年の夏は東京も真夏日が続きましたが、
全国的に暑い夏となりました。
様々な記録を塗り替えていたんです。

山梨県では最高気温40.4℃を記録し観測史上2位の暑さでした。
東京でも39.5℃の記録が出ました。
京都や大阪などでは7月は月の半数程度が猛暑日でしたからね。

東京も毎日暑く真夏日最多継続日数を記録しています。
ここまで暑い日が続いたことは2004年が一番でした。

東京の真夏日継続日数が2番目に長いのは1995年の37日です。
これでもかなりの日数ですよね。
東京では真夏日継続日数が30日以上になったことは過去に6回です。

 



スポンサーリンク


東京の真夏日の最多日数

東京の真夏日の最多継続日数については上述しました。
では継続ではなく真夏日となった日数はどうでしょうか。
もちろん真夏日最多継続日数よりも多いはずです。

東京が真夏日となるのは7月と8月が多いのですが、
過去には5月から10月まで真夏日になったことがあります。

ゴールデンウィークの時期でもものすごい暑い年がありますよね。
ですので5月に真夏日になったとしても不思議ではありません。
10月も年によっては東京でも真夏日になることがあります。

東京の真夏日の最多日数は2010年の71回です。
2010年の夏は7月と8月に真夏日が多発しました。
7月には22日間が真夏日となり、
8月には30日間が真夏日となっています。

8月の30日間真夏日って恐ろしいですよね。
8月は31日間しかありません。
つまり真夏日にならなかった日は8月では1日だけだったということです。

8月に暑いのは当然ですが、
こう毎日真夏日が続くとかなりしんどいですよね。
私のように暑いのが苦手な人はキツイ夏だったでしょう。

確かに思い出してみると毎日暑い日がありました。
2010年だったかは思い出せませんが、
外にいるとクラクラする日がありましたからね。
毎日真夏日というのは今後経験したくないものです。

 

東京の猛暑日の最多日数

真夏日よりもさらに暑い日が猛暑日です。
猛暑日とはその日の最高気温が35℃以上となった日です。
猛暑日ともなると外にいるのは危険な感じがします。

東京でも猛暑日となる日が結構あります。
感覚的には昔よりも猛暑日が多くなったような気がしますが、
実際に過去のデータを見ると驚きました。

明らかに東京では猛暑日が増えています。
もちろん年によって猛暑日となる日数はばらけているのですが、
昔よりも猛暑日となる日数が多いんです。

東京の猛暑日の最多日数は1995年と2010年の13日です。
やはり2010年は他の年と比べても暑かったことがわかりますね。
1995年は8月に10日間も猛暑日となっています。

東京で猛暑日となった日数が10日以上となったのは過去に4回です。
全て1995年以降となっています。
やはり昔より東京の気温が上がってきているように感じます。

東京の猛暑日の日数を10年毎に合計してみると以下です。

期間 猛暑日の日数10年合計
1881年から1885年 2日
1886年から1895年 4日
1896年から1905年 2日
1906年から1915年 0日
1916年から1925年 3日
1926年から1935年 8日
1936年から1945年 15日
1946年から1955年 16日
1956年から1965年 19日
1966年から1975年 12日
1976年から1985年 14日
1986年から1995年 32日
1996年から2005年 33日
2006年から2015年 62日

 

この表を見る限り明らかに昔より東京の猛暑日が増えていますよね。
やはり地球温暖化の影響なのでしょうか。

真夏日でも熱中症の危険がありますが、
猛暑日ともなるとさらに熱中症の危険が上がります。
出来る限り直射日光を避けるほうがいいでしょう。

猛暑日の日はできるだけ涼しい場所にいるのがいいですね。
無理して外にいると倒れてしまいますからね。

 

まとめ

東京の真夏日最多継続日数についてでした。
東京の真夏日最多継続日数は2004年の40日です。
これだけ真夏日が連続して記録されたのはすごいですね。

連続記録ではなく真夏日となった日数も紹介しました。
東京では真夏日となった日数が最多なのは2010年の71日です。
8月は31日中30日が真夏日となった恐ろしい年でした。

東京の猛暑日の日数についても調べてみました。
1995年と2010年の13日というのが東京の猛暑日最多日数です。
猛暑日ともなると外に出たくなくなりますね。

暑いのが苦手な私としては真夏日とか猛暑日にはなってほしくないものです。
夏に暑いのはしかたのないことですが、
できるだけ涼しい夏がいいなーと思います。

真夏日や猛暑日になる日はできるだけ涼しい場所にいましょう。
熱中症などになってしまいますからね。
夏が好きだから大丈夫と過信しないよう注意したいものです。



スポンサーリンク


 

 - マメ知識・雑学 , ,