Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

日焼けで赤い肌を治すには?痛い時やかゆい時の対処方法!

   

201

季節柄、日焼けに悩みますよね。
適度に黒く日焼けしている方が健康的でいいとも思うのですが、
私の場合は赤い日焼けになってしまうんです。
これがどうにもかっこ悪い。
赤い日焼けは痛いししばらくするとかゆいんですよね。



スポンサーリンク


日焼けして赤くなるか黒くなるかは体質なので仕方のないことですが、
できれば日焼けで赤い肌を早く治す方法を知りたいものです。
そこで日焼けで赤い肌を治す方法を調べてみました。
日焼けで赤い肌が痛い時やかゆい時の対処法も紹介します。
実際の経験を元にして紹介しますね。

 

日焼けで赤い肌を治すには?

日焼けして赤い肌になるか黒い肌になるかは体質です。
私は日焼けすると赤い肌になってから黒くなるんですよね。
最初から黒い肌になる人が羨ましくもあります。

普段から日焼け止めなどを使っている人も多いですよね。
しかし天気予報が外れて晴れてしまったり、
うっかり日焼け止めを塗り忘れることもあります。

そういう日に限って外にいたりすると、
強い日差しですぐに肌が真っ赤になってしまうものです。

日焼けで赤い肌にしないためには日焼け止めなどを塗るか、
長袖などを着て肌の露出をしないかです。

外国の日差しが強い国では夏場でも長袖を着ていますからね。
肌を出さないという対処法は実はかなり効果的です。

しかし日焼けをして赤い肌になってしまってからでは日焼け止めも長袖も効果はありません。
そうなるとこの日焼けで赤くなった肌をどうするかです。

日焼けで赤い肌というのは軽い火傷をしているのと同じ状態です。
だから熱を持っているしヒリヒリと痛くなるんです。

日焼けで赤い肌を治すには冷やして保湿が一番です。
もう少し詳細に紹介します。

冷やす

日焼けで肌が赤い時は熱を持っています。
炎症を起こしているということなんです。
ですので日焼けして赤い肌を冷やしましょう。

冷やすと言っても氷水などは冷たすぎます。
日焼けした肌はダメージを負っているため、
冷たすぎるもので冷やすとさらにダメージが広がり、
日焼けが治りにくくなります。

氷水やアイスノンなどを使う場合はタオルに巻いて使います。
水道の水で冷やす場合は少し冷たくて気持ちいいという温度にしましょう。

どのぐらい冷やすのがいいのかというと日焼けして赤い部分の熱が下るぐらいまでです。
そうすると気持ち赤みが取れてきたりします。
しかし時間が経つとまた赤くなる場合があるのでその時は再度冷やしましょう。

冷やす必要があるので暑いお風呂などは避けましょう。
水圧のゆるいシャワーに入るのがいいですよ。

タオルで拭くときも普通に拭くのではなく、
日焼け部分に刺激が少ないようにポンポンと軽く叩くように拭くと、
痛みもなく拭き取ることができます。

保湿

日焼けで赤い肌には保湿も大切です。
日焼けすると肌が乾燥し荒れている状態になります。
ですので十分に肌に水分を与えうるおいのある状態にする必要があります。

保湿するには化粧水を使うのがいいでしょう。
ただし刺激の強い化粧水は避けます。
というのも肌が荒れている状態なので刺激が強いとさらに悪化する可能性があります。

化粧水には美肌成分が含まれているものもありますよね。
普段使うのにはいいのですが、
日焼けで赤い肌に使う化粧水としては美肌成分が入っているものは避けましょう。

日焼けの赤い肌が落ち着いてから美肌化粧水を使うのはいいのですが、
まだ肌が赤い状態で使うと刺激が強すぎます。

コットンなどに化粧水を染み込ませ、
日焼けで赤い肌に貼り付けていくと効果的です。
さらにサランラップなどで巻くとさらに効果があがります。

私の場合は煩わしいので化粧水を塗りこむだけにしています。
これでも保湿効果はありますよ。

日焼けに効果のある栄養素

外からだけではなく内からも治していく方法があります。
それが食べ物です。

栄養バランスの整った食事をするのは当然なのですが、
日焼けに効果がある栄養素があります。

日焼けに効果がある栄養素はビタミンAとビタミンCとビタミンEです。

ビタミンAは鶏レバーやうなぎなんかに豊富に含まれています。
他にはしそや人参なんかにも豊富です。

ビタミンCはパプリカやパセリに多く含まれています。
レモンやゆずなどの柑橘系の果物にも多く含まれていますね。

ビタミンEはアーモンドやオリーブオイルに多く含まれます。
あんこうの肝やすじこなどもかなり豊富に含まれています。

ビタミンAとビタミンCとビタミンEの3つのビタミンでビタミンエース(ACE)と呼ばれます。
それぞれのビタミンを助けあい効果がさらに上がると言われているんです。
ですのでビタミンACEを一緒に取る食事をするのが日焼けの赤い肌にも効果があります。

十分な睡眠

日焼けして肌が赤い時って疲れやすくなったりしますよね。
場合によっては体調が悪くなる時もあります。
ですので日焼けをした時には十分な睡眠をとる必要があります。

私も日焼けで赤い肌の期間はやたらと眠くなったりするんですよね。
普段よりも体が疲れやすくなっているように感じます。

疲れを取るには睡眠をとるのが一番です。
寝る時の室温も調節して気持よく寝るようにしましょう。

睡眠中は様々な作用があるのですが、
その1つに肌の調子を整えるというものがあります。
寝ている時に日焼けした肌が癒やされていくと言ってもいいでしょう。

ですので日焼けしてから数日は十分な睡眠時間を確保する必要があります。
最低でも3日間はぐっすりと寝る時間を確保しましょう。

 



スポンサーリンク


日焼けの赤い肌が痛い時やかゆい時の対処方法

日焼けで赤い肌が痛い時やかゆい時ってありますよね。
そんな時は日焼けした部分にどうしても触りたくなるものです。

しかし触ってしまうと症状が悪化したり、
日焼けの治りが遅くなってしまいます。

ですので痛い時やかゆい時には日焼けして赤い肌は触らないようにしましょう。

痛い時やかゆい時はどうすればいいのかというと、
やはり水で冷やし保湿するのが一番です。

痛いというのは肌が炎症を起こしている状態です。
かゆいというのは肌が乾燥してしまっているからです。
ですので痛い時やかゆい時は冷やして保湿するようにしましょう。

どうしても我慢できないという時は市販の薬を使うのも手です。
オロナイン軟膏は日焼けで赤い肌が痛い時やかゆい時に効果があると言われています。
他にもロキソニンも即効性があると言われていますよ。

市販の薬ではどうにもならないという場合はお医者さんに診てもらいましょう。
市販の薬は軽度な火傷や痛みなどには効果がありますが、
症状が重い日焼けには効果がでないことがあります。
その場合はお医者さんに診てもらう必要があります。

日焼けした直後はピリピリと痛いだけなんですよね。
しばらく時間が経つとかゆくなってきます。
日焼けで赤い肌になる人はこのつらい時期を乗り越える必要があります。

この時期を乗り越えると日焼けした部分が黒くなり皮がペリっと剥けてきますよね。
自然に皮が剥ける分にはいいのですが、
少し皮が剥けてきたからといって自分で剥かないようにしましょう。

皮が自然に剥けるのは新しい皮膚の準備ができた状態です。
しかし自分で剥いてしまうとまだ準備ができていない肌を外に出すことになります。

自分で皮を剥いた部分はシミやニキビができやすくなると言われているんです。
自分で皮を剥いた部分にニキビがどんどんできたという人もいます。
ですので自然に皮が剥けるまで自分で剥くのはやめましょう。

 

肌が赤い状態でさらに日焼けするとどうなる?

日焼けして肌が赤い状態は数日続きます。
3日から1週間は肌が赤い状態が続きます。

この日焼けで肌が赤い状態でさらに日焼けするとどうなるのか。
もちろんこれはやってはいけません。
肌にダメージが残っている状態でさらにダメージを与える行為になります。

日焼けが悪化し全身に水ぶくれができる可能性があります。
水ぶくれができるということは日焼けを通り越して火傷です。
こうなってしまっては自分ではどうすることもできず、
病院に行ってお医者さんに診てもらうしかありません。

水ぶくれができるとかなりきついですよ。
体のほてりもなかなかとれません。
さらに夜も寝れないぐらいに痛くなります。

ですので日焼けして肌が赤い状態の時にさらに日焼けをするのは避けましょう。
可能であれば外出を避けるのがいいでしょう。
それが無理なようであれば太陽を避け日陰にいるようにしたり、
長袖なんかを着ておいた方がいいですね。

 

まとめ

日焼けで赤い肌を治す方法についてでした。
日焼けで肌が赤くなった特は冷やして保湿が重要です。
できるだけ早い段階で冷やして保湿した方が日焼けの治りが早くなります。
食べ物に注意し睡眠を十分取るようにしましょう。

日焼けで赤い肌が痛い時やかゆい時の対処方法についても紹介しました。
こちらもやはり冷やして保湿ですね。
それでもダメなら市販の薬を使うのもいいでしょう。
市販の薬でも効果がない場合はお医者さんに診てもらうしかありません。

日焼けしてまだ肌が赤い時にさらに日焼けするのは厳禁です。
日焼けが治るのを遅くするだけでなく悪化させます。
水ぶくれができて痛みで寝れないなんてことにもなりかねません。

日焼けを避けるには日焼け止めや長袖が効果的です。
しかし突然日焼けしてしまうこともありますよね。
そんな時は参考にしてみてください。



スポンサーリンク


 

 - マメ知識・雑学 ,