スフィアライブツアー2017のチケット購入方法!時間や収容人数は?

2017年5月20日

スフィアの突然の音楽活動休止の発表に驚かれた人も多いでしょう。
2017年3月4日に代々木第一体育館で開催されたスフィアのライブ中に突然発表されました。
ファンの人も大勢訪れていた中での突然の発表です。
その後、公式HPでもスフィアのメンバーの連名による発表もありました。
ライブに行けなかった人は公式HPを見て知った人も多かったと思います。


スポンサーリンク

スフィアは音楽活動の休止ということで解散はしません。
力を充電して10周年に向けて励んでいくということです。
ですのでそこまで落胆する必要もないでしょう。
スフィアはライブツアー2017をもって音楽活動を休止します。
スフィアライブツアー2017のチケット購入方法を確認しておきましょう。
スフィアライブツアー2017のの時間や会場の収容人数なんかも調べてみました。

 

スフィアライブツアー2017のチケット購入方法

スフィアの音楽活動休止は本当に突然のことでした。
「スフィアスーパーライブ2017 ミラクルスフィア in 代々木第一体育館」の開催中に発表されたんですよね。
音楽活動休止を聞いたファンはかなり焦ったと思います。

 

ただよかったのが解散ではなかったということでしょう。
スフィアとしての音楽活動は休止するけどソロでは活動するともいっていますしね。
そもそもそこまで頻繁にライブ活動をしているグループでもありませんし。
1年ちょっと間が空くということですのでそこまで深刻にならなくてもよさそうです。

 

スフィアは2017年6月から開催される全国ライブのツアー終了後に音楽活動を休止します。
音楽活動休止前のライブということでぜひとも行きたいですよね。
ちなみに全国ライブツアーの正式名称は以下です。
「LAWSON presents Sphere live tour 2017 “We are SPHERE!!!!”」

 

ライブに行くならチケットを手に入れなくてはいけません。
幸いなことに今回のライブツアーは全国で開催されます。
地方のスフィアファンもライブに参加しやすいですね。

 

スフィアのライブツアー2017のチケット購入方法を確認しておきましょう。
現時点ではスフィアポータルスクエア会員向けのチケット購入方法のみ公表されています。

チケット先行第1弾

スフィアのライブツアー2017のチケット先行第1弾の対象公演は以下です。

開演日 都道府県 会場
6月3日(土) 神奈川 神奈川県民ホール
6月4日(日) 神奈川 神奈川県民ホール
6月10日(土) 北海道 Zepp Sapporo
6月17日(土) 福岡 福岡市民会館
7月23日(日) 静岡 静岡市民文化会館 大ホール
8月6日(日) 宮城 東京エレクトロンホール宮城
8月12日(土) 大阪 オリックス劇場
8月13日(日) 東京 中野サンプラザホール

 

チケット先行第1弾の抽選受付期間は3月4日21時から3月14日23時59分までです。
対象の会場のライブに行きたい場合はこの期間内に応募する必要があります。

 

第1弾のチケット先行は応募期間が10日間ほどあります。
ですのでそこまで焦る必要はありませんね。
抽選なので先着順ということでもありません。

 

ライブツアーが始まってからすぐに行きたいという場合はチケット先行第1弾に応募です。
ライブツアーの前半戦がチケット先行第1弾ということになっています。
会員専用ページからチケット先行第1弾に応募することができます。

 

チケット先行第2弾

スフィアのライブツアー2017のチケット先行第2弾の対象公演は以下です。

開演日 都道府県 会場
9月2日(土) 徳島 鳴門市文化会館
9月10日(日) 東京 中野サンプラザホール
9月16日(土) 富山 オーバード・ホール
9月23日(土) 埼玉 大宮ソニックシティ
10月15日(日) 愛知 名古屋国際会議場 センチュリーホール

 

チケット先行第2弾の抽選受付期間は4月22日12時から4月30日23時59分までです。
対象の会場のライブに行きたい場合はこの期間内に応募する必要があります。

 

チケット先行第2弾は少し期間が短くなっています。
あとでいいかなと思っていると抽選受付期間が終わってしまう可能性もあるので注意が必要です。
チケット先行第2弾ではライブツアーの後半戦の会場のチケットということになりますね。

 

音楽活動休止前の最終公演を見たい場合はチケット先行第2弾に応募ということになります。
会員専用ページからチケット先行第2弾に応募することができます。

 

チケット一般販売

現時点ではスフィアライブツアー2017の一般販売については公表されていません。
しかしおそらくもうしばらくすると一般販売の詳細も明らかになるのではないでしょうか。

 

他のライブでもファンクラブの先行販売が先にありその後に一般販売という流れですからね。
今回のスフィアのライブツアーでも同じような感じになると思います。
先行販売で会場がいっぱいになってしまうと一般販売がなかったりチケットの数が少なかったりするかもしれません。

 

ですのでどうしてもスフィアの音楽活動休止前にライブに行きたいという場合は先行販売に応募しましょう。
先行販売に応募するにはスフィアポータルスクエア会員になる必要があります。
一般販売が開始されればローソンチケットやセブンイレブンなどで購入できるでしょう。
過去のスフィアのライブチケットはe+(イープラス)やチケットぴあでも発売されました。
今回も同じだと思います。

 

チケット当日券

スフィアのライブツアー2017のチケットは当日券も発売される可能性があります。
もちろん事前にチケットが全て売れてしまった場合は当日券は用意されないでしょう。
しかしこれまでのスフィアのライブでは当日券が発売されたことがあります。

 

ただし当日券でライブに行くのはおすすめできません。
やはり現時点では当日券が発売されるかはわかりませんからね。
期待していたら当日券が発売されなかったということもありえます。
ですのでスフィアのライブに行きたい場合は事前にチケットを手に入れる方が安心できます。

 

スフィアライブツアー2017のチケット購入方法でした。
やはりどうしても行きたいなら会員になって先行でチケットを手に入れるのがいいと思います。
まだ会員になっていない人もHPから会員になれますからね。

 

一般販売の枚数がどれぐらいになるのかいまのところわかりません。
スフィアの音楽活動休止前の最後のライブツアーですからね。
ファンの人はほぼ間違いなく応募するでしょう。
となると一般販売ではそこまで枚数は用意されない可能性もありますね。

 

一人1公演しか行けないということでもありません。
熱狂的なファンは全部のライブに行く人もいるでしょう。
そうなるとますます一般販売の枚数が少なくなる可能性もあります。

 


スポンサーリンク

スフィアライブツアー2017の各会場の開催時間と収容人数

スフィアのライブツアー2017は全国の会場で開催されます。
そこで気になるのが各会場のライブ開始時間や収容人数ですよね。
会場によって時間が違ったりキャパが違ったりもしますからね。

 

以下がスフィアのライブツアー2017の各会場の時間と収容人数になります。

開演日 開場時間/開演時間 会場 収容人数
6月3日(土) 17時/18時 神奈川/神奈川県民ホール 2500人
6月4日(日) 15時30分/16時30分 神奈川/神奈川県民ホール 2500人
6月10日(土) 17時/18時 北海道/Zepp Sapporo 2000人
6月17日(土) 17時/18時 福岡/福岡市民会館 1770人
7月23日(日) 17時/18時 静岡/静岡市民文化会館 大ホール 1968人
8月6日(日) 17時/18時 宮城/東京エレクトロンホール宮城 1590人
8月12日(土) 16時30分/17時30分 大阪/オリックス劇場 2400人
8月13日(日) 17時/18時 東京/中野サンプラザホール 2222人
9月2日(土) 17時/18時 徳島/鳴門市文化会館 1600人
9月10日(日) 17時/18時 東京/中野サンプラザホール 2222人
9月16日(土) 17時/18時 富山/オーバード・ホール 2200人
9月23日(土) 17時/18時 埼玉/大宮ソニックシティ 2505人
10月15日(日) 16時30分/17時30分 愛知/名古屋国際会議場 センチュリーホール 3000人

※ 収容人数はおおよその値です

 

スフィアのライブの時間は基本的には夕方から開催となります。
ただ会場によって少し時間が違う場合もあるので注意が必要です。
時間を勘違いしていて行ったら始まっていたということはないようにしたいものです。

 

スフィアのライブの会場の収容人数については結構差があるように思います。
やはり収容人数が少ない会場もありますね。
となるとチケットもその分少なくなるので早めに確保したいところです。

 

めちゃめちゃ大きい会場というのは今回のスフィアのライブではないようです。
収容人数が多くないのでスフィアのメンバーを近くに感じることができるかもしれません。
大きい会場には大きい会場の良さがありますが小さい会場では小さい会場の良さがありますからね。

 

スフィア音楽活動休止に対するネットの声

スフィアの音楽活動休止に関してはかなりショックを受けている人もいます。
一方意外にそうでもないなというファンもいます。
捉え方は様々なようです。

 

そこでスフィアの音楽活動休止に対するネットの声を一部紹介します。

突然のスフィアの音楽活動休止に驚いたようです。
確かにファンからすると信じられることではないかもしれませんね。
というか信じたくないという気持ちもあるのでしょう。

 

ライブ中に音楽活動休止が発表されたのでファンはショックを受けた人も多いようです。
いきなり音楽活動休止と聞かされると驚きますしショックも大きいですよね。
しかも楽しみにしてライブ中での出来事なのでなおさらショックだったのかもしれません。

 

スフィアの音楽活動休止に対して驚きを隠せない様子ですね。
しかし10周年でどんなスフィアが見られるのか楽しみでもあるという感じでしょうか。
きっと活動を再開したときは感動するでしょうね。

 

スフィアの音楽活動休止に対するネットの声でした。
やはり音楽活動休止には驚いたファンが多かったようです。
いつかこの日がくると思っていたというファンもいました。

 

ただ今回は音楽活動の休止であって解散ではないですからね。
スフィアの10周年には戻ってきて活動を再開します。
しばらくの休憩ということになりますね。

 

10周年を迎えたスフィアがどんな感じなのか楽しみというファンも多いです。
音楽活動休止前の最後のスフィアのライブには多くのファンが訪れそうですね。
かなり盛り上がるライブツアーになるのではないでしょうか。

 

まとめ

スフィアライブツアー2017のチケット購入方法についてでした。
現時点ではチケット先行第1弾と第2弾の詳細が発表されている状態です。
一般販売や当日券についてはまだ発表されていません。
もうしばらく待つ必要がありそうです。

 

チケット先行販売に申し込むにはスフィアポータルスクエア会員になる必要があります。
会員のみ先行チケットに応募できるので注意してください。
まだ会員になっていない人もすぐに申し込めば先行チケットにも申し込むことができます。

 

スフィアライブツアー2017の時間や収容人数も紹介しました。
時間については会場によって若干変わってきます。
基本的には夕方からライブが始まるといったスケジュールですね。
会場の収容人数はそこまで広い会場ではないので多くはないようです。

 

スフィアの音楽活動休止の発表でショックを受けたファンも多いようです。
しかし1年ちょっと休憩と思えばそこまで長くもないかなという感じもします。
個人での活動も行なっていくということですからね。

 

元々スフィアはそこまで頻繁にライブを行なっていたわけでもありませんからね。
いつもより少し長い休みと考えればいいのではないでしょうか。
音楽活動休止前のスフィアのライブに行って充電して10周年を迎えましょう。


スポンサーリンク

 

スポンサーリンク