卒婚40代で別居のメリットとデメリット!子供なしの方がしやすい?

最近卒婚という言葉をよく聞くようになりました。
私もついこないだ始めてテレビで卒婚という言葉を聞いたんです。
なんとも衝撃的な感じですが新しい考え方でもありますよね。
これからは離婚ではなく卒婚を選ぶというのも選択肢の1つになってくるでしょう。
やはり離婚は重すぎる感じもしますもんね。


スポンサーリンク

卒婚を考え出すのは40代ぐらいからではないでしょうか。
これからの人生このままでいいのだろうかと考える時期でもあるでしょう。
卒婚をし40代で別居した時のメリットとデメリットを紹介します。
卒婚は子供なしの方がしやすいのでしょうか。
今後の結婚生活について考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

卒婚40代で別居のメリットとデメリット

あるアンケートによると50%以上の人が卒婚に興味があるようです。
やはり結婚して一緒に生活しているとちょっと違う生活もしてみたいと思う人が多いようです。
自分の時間が欲しいと思うことも多いですもんね。

 

結婚はお互いを助け合う部分も必要です。
そのため相手のために時間を使うことも少なくありません。
自分のためだけに使える時間がもっと増えたら好きなことができるのにと思いますよね。

 

離婚と卒婚の最大の違いは夫婦の関係を継続するか否かでしょう。
やはり離婚すると完全に別れるわけですからね。
愛情はあるけど違う生活をしたいという場合に卒婚はいいかもしれません。

 

卒婚をしたい年齢についてのアンケート結果を見ると60代でしたい人が最も多いです。
次いで50代、40代となっていきます。

 

60代というと定年する年になりますよね。
定年すれば自分で自分に使う時間もできるのでサポートも軽減されます。
さらに子供も成人して一人前の大人になる時期でもあります。

 

60代になる前に卒婚をすればそれだけ自分の時間も増えることになります。
やりたくて我慢していたこともできますね。
そのため40代でも卒婚の準備をしたり実際に卒婚する人もいるようです。

 

40代で卒婚する際のメリットとデメリットはなんなのでしょうか。
メリットも多いですがデメリットも多いようです。

卒婚のメリット

自分の時間が持てる

卒婚の最大のメリットは自分の時間がもてることでしょう。
相手になにかやっていた分の時間を自分の時間にできるということでもあります。
例えば家事に費やしていた時間が半分になるかもしれません。
自分のために時間が使えるというのは大切なことでもあります。

 

やりたかったことができる

自分の時間が持てるというのにも関係してきますがやりたかったことができるようになります。
例えば趣味の習い事をしたいとか仕事をして社会で活躍したいとかです。
結婚生活では我慢することも多いですよね。
しかし卒婚によって自分の興味があることをやる時間を作ることができます。

 

離れて相手の大切さがわかる

卒婚では別居をすることも考えられます。
別居をすると相手の大切さがわかってくるものです。
なくなって初めて大切さがわかるというのは昔から言われていますが卒婚で感じる人も多いようです。

 

卒婚のデメリット

お金がかかる

卒婚の最大のデメリットはお金がかかるところです。
別居をすると単純に生活費は倍になります。
そのためある程度裕福でないと卒婚をすること自体が難しいようです。
卒婚を諦める人の多くは金銭的な問題のようです。

 

一人で全部する必要がある

卒婚をして別居すると全て自分でする必要があります。
女性であれば重い荷物を運んだり電球1つ交換するのも大変でしょう。
男性であれば料理や家事を全て自分でする必要がでてきます。

 

体調が悪くなった時も大変です。

いままでは食事の用意など気遣ってくれた人が近くにいないわけですからね。
体調が悪い時は気持ちも弱くなりがちとなります。
しかし卒婚し別居していると近くにパートナーはいない状況となります。

 

子育ての問題

40代で卒婚し別居すると子供がいて子育て真っ最中という人もいるでしょう。
子供は基本的にどちらかで生活することになります。
子供に寂しい思いをさせてしまうことになります。

 

子供のことで相談したいときも別居していると近くにはいません。
もちろん電話だったり実際にあって相談することもできますがすぐにというのは難しくなります。

 

法律的な問題

卒婚には法律的な問題が起こる場合があります。
卒婚をして別居しもし違う恋人ができてしまったら不倫となるでしょう。
それで慰謝料を請求されて離婚になることもありえます。

 

逆に恋人ができて離婚したいと言われた時にすんなり認められることもあります。
卒婚で別居ということは婚姻関係が破綻しているとも捉えることができるようです。
離婚となっても卒婚後の財産は共有財産とは認められないこともあるようです。

 

40代で卒婚し別居したときのメリットとデメリットでした。
やはり卒婚には良い面もあれば悪い面もあります。
思いつきではすぐに卒婚ということは難しいですね。

 

40代というと子育て真っ最中でしょう。
子供のことを考えると夫婦で一緒に生活していたほうがいいように思います。
別居をするとどうしても子供に寂しい思いをさせてしまうことになりますからね。

 

卒婚をする際は相手への愛情を保つ必要があります。
単純に相手への愛情がなくなり一緒に居たくないという理由であれば離婚の方がいいように思います。
卒婚をするのであれば夫婦でしっかりと話し合って納得した上で実行するのがいいようです。

 


スポンサーリンク

卒婚は子供なしの方がしやすい?

結婚していて子供がいる夫婦はやはり卒婚の時期は遅くなります。
しかし子供なしの夫婦の場合は40代から卒婚をする人も多いようです。
やはり子育てがあるかないかというのは大きいようですね。

 

上述したように子供がいる場合は子供の事を考えて卒婚をする必要があります。
子供に寂しい思いをさせたくありませんからね。
子育て自体夫婦で行なったほうが助け合うことができますし。

 

しかし子供なしの場合は当然子育ては考える必要がありません。
卒婚をするのであれば自分の時間が単純に増えるということになります。

 

子供なしの卒婚での別居はやはり金銭的な問題が大きな障壁です。
自分で仕事をして稼がなくては卒婚はできません。
そのため40代子供なしで卒婚する夫婦はお互い仕事をしている人が多いようです。

 

逆にいうと子供なしの卒婚での別居は金銭的問題さえクリアーすれば実行しやすいともいえます。
現在すでに仕事をバリバリとこなしているのであれば一人暮らしをするような感覚で卒コンできるでしょう。
自分は仕事をしていないとするといまから仕事を始めて自分で稼げばいいわけです。

 

卒婚をするのに子供ありか子供なしかを比べるとやはり子供なしの方が実行しやすいです。
自分の時間を有効に使うことを考えてもいいのかもしれませんね。
もちろん一方的に卒婚を相手に言い渡すようなことはやめてお互い納得した上で実行するのがいいでしょう。

 

卒婚をしたからといってずっと別居して会わないということでもありません。
月に何度か会ったりしばらく卒婚で別居した後にまた一緒に暮らすというのもいいでしょう。
会社から手当が支給されない単身赴任のような感じでしょうか。

 

世間体は少し気になるかもしれませんね。
いままで夫婦で暮らしていたのに最近見ないと近所で噂になるかもしれません。
気になるようであれば中のいいご近所さんには言っておくのもいいかもしれません。
気にならないようなら特に言う必要もないかなと思います。

 

まとめ

40代で卒婚し別居した時のメリットとデメリットについてでした。
卒婚には大きなメリットもありますがデメリットもあります。
金銭面の問題が卒婚には大きく関わってくるようです。

卒婚は子供なしの方が実行しやすいようです。
やはり子供ありだと子育てのことを考える必要があります。
しかし子供なしであれば卒婚するかどうかは自分達夫婦次第ということになりますからね。

いままでは離婚という選択肢しかありませんでしたが最近は卒婚して別居する夫婦も増えています。
メリットデメリットが色々とあるのでよく夫婦で相談した方がいいでしょう。
一方的に卒婚を言い渡すのはやめた方がいいでしょう。

卒婚をしても数年後に一緒に暮らすというのも全然ありです。
ちょっとだけの間距離を取って自分の時間を増やすというのもいいかもしれませんね。
別居してみるとパートナーの大切さが改めてわかるかもしれません。


スポンサーリンク

 

スポンサーリンク