Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

節分の豆まきの由来を子どもにわかりやすく説明できますか?

   

106

2月に入ると節分ですね。
節分には豆まきがあるので子どもにとっても楽しめる行事です。
お父さんやお母さんなんかは、
子どものために鬼役になったりしますよね。
そんな光景も微笑ましいものです。



スポンサーリンク


節分には豆まきをするというのは昔からの風習です。
物心ついた時から知っていたという人も多いでしょう。
幼稚園なんかでも節分には豆まきをしますからね。
そんな節分の豆まきの由来ってご存知でしょうか。
子どもにもきちんと説明できるでしょうか。
節分に豆まきをする由来を子どもにもわかりやすく説明できるようにしましょう。

 

節分はいつ?

まずは節分はいつなのかということですね。
節分の日にちは確認しておきましょう。
カレンダーにも節分と書かれているものが結構あります。

節分はいつかというと立春の前日です。
2024年までは節分は2月3日になります。

えっ、と驚いた人もいるでしょう。
実は私も初めてこの事実を知った時はびっくりしました。
常に節分は2月3日だと思っていたんです。

しかし節分の日付はいつでも2月3日ではありません。
1985年から2024年まで節分の日付は毎年2月3日なんです。
その他の年になると節分の日付は変わる可能性があります。

節分は立春の前日です。
立春の日付が変わることがあるので節分の日付も変わることがあります。
ですので節分は2月2日だったり2月4日になったりする年もあります。
2024年までは2月3日が毎年節分になるので覚えておきましょう。

もっと細かいことをいうと節分は年に4回あります。
立春、立夏、立秋、立冬の前日が節分なんです。
しかし現在では立春の前日のみが節分とされていることが多いです。

 

節分の豆まきの由来

節分には豆まきをするというのが昔からの風習ですよね。
最近は豆まきをあんまりしないという人も多くなってきていますが、
子供の頃に経験したことがある人が多いでしょう。

そして節分で豆まきをしたあとは豆を食べますよね。
節分の豆を食べるのもちゃんとした由来があるんです。
>>節分に食べる豆についてはこちらの記事

節分は漢字を見ればわかるのですが季節の分かれ目のことです。
季節が変わる時というのは邪気が発生すると言われています。
この邪気を追い払うための行事が節分には行われるんです。

この説明ですでにお分かりになった人も多いでしょう。
節分の豆まきは邪気(鬼)を追い払うために行われるんです。
さらに福を家にとり込んだり自分に取り込むために行われます。

節分の豆まきをするときの掛け声がありますよね。
「福は内、鬼は外」です。
この掛け声からも節分の豆まきは邪気を追い払うというのがわかりますね。

節分の豆まきの由来は「邪気(鬼)をはらうため」だったんです。

昔は宮中行事で追儺(ついな)というものがありました。
その時に豆打ちと言われる豆まきがされていたんです。
これが現在の節分の豆まきとして広まったと言われています。

節分に豆まきをするのは邪気を払うためです。
さらに豆を食べるのは体を丈夫にするためです。
季節の変わり目というのは体調を崩しやすいですからね。
特に節分の冬の時期なんかは1年で一番体調を崩しやすいです。
節分で豆まきをして豆を食べて丈夫になりましょう。

 



スポンサーリンク


子どもにわかりやく説明するには

節分について説明してみました。
なんとなく理解が深まったかと思います。
自分ではわかってきたけど子どもに聞かれたらどう説明しましょうか。
きっとこのまま子どもに節分の豆まきを説明しても難しいですよね。

そこで節分の豆まきを子どもとの会話風に説明をしてみます。
自 分:今日は節分だから豆まきをしよう
子ども:うん。でも節分ってなぁに?
自 分:節分は季節の変わり目のことだよ。
    特に冬の節分のことを言うんだよ。
子ども:なんで豆をまくの?
自 分:節分には鬼が来て悪さをするんだ。
    その鬼を追い払うために豆まきをするんだよ。
    一緒に悪い鬼を追い払おうねー。
子ども:うん、一緒に豆まきするー。

子ども年齢によって節分の豆まきの説明を変えていきましょう。
その方がより子どもも節分について理解してくれるでしょう。

 

まとめ

節分の豆まきの由来についてでした。
節分の豆まきの由来を子どもにわかりやすく説明したいですね。
結構大人でもなんのために節分の豆まきをするのか知らない人もいますからね。

子どもにとって節分の豆まきは楽しいものです。
本格的な鬼だと怖すぎると思いますが、
ちょっとかわいらしい鬼のお面なんかをかぶって子どもに鬼退治をしてもらいましょう。

節分の豆まきが終わったら豆を食べてくださいね。
豆を食べれば福を取り入れると言われています。
子どもと一緒に節分の豆まきを楽しみましょう。



スポンサーリンク


 

 - 行事・イベント ,