Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

立春・立夏・立秋・立冬っていつか知ってる?

   

057

日本は最も四季を感じることができる国と言われることがあります。
もちろん四季があるのは日本だけでなく世界中にあるのですが、
これだけはっきりと四季が分かれていて私達の日常に浸透しているのも珍しいです。
季節を感じることができるのっていいですよね。



スポンサーリンク


日本では昔から季節を大切にしています。
四季折々のイベントがありますよね。
カレンダーを見ると季節の行事があるのがわかります。
日常においても挨拶を思い浮かべると、
季節に関係する言葉が入ることが多いですよね。

日本では四季を分けるのに立春・立夏・立秋・立冬があります。
立春・立夏・立秋・立冬っていつ頃のことかわかるでしょうか。
立春・立夏・立秋・立冬について調べてみました。

 

立春・立夏・立秋・立冬とは

立春・立夏・立秋・立冬を知るには二十四節気を知る必要があります。
二十四節気とは1年間を24等分する考え方で、
元々は中国で考案されたものです。

二十四節気で最も重要とされているのが夏至・冬至・春分・秋分です。
これら4つを二至二分といいます。
二至二分の順番は以下です。
冬至 → 春分 → 夏至 → 秋分

そして二至二分に次いで重要と言われているのが立春・立夏・立秋・立冬です。
これら4つは四立(しりゅう)といいます。
全てに「立」という漢字が入っていますよね。

二至二分と四立を併せて八節と言われます。
1年を8等分した言い方ですね。
八節の順番は以下です。
冬至 → 立春 → 春分 → 立夏 → 夏至 → 立秋 → 秋分 → 立冬

夏至・冬至・春分・秋分とは各季節の中間点です。
そして立春・立夏・立秋・立冬とは季節の始まりを意味しています。
立春・立夏・立秋・立冬の日から季節が切り替わるということなんです。

 

立春・立夏・立秋・立冬はいつ?

立春・立夏・立秋・立冬とはなんなのかわかりました。
では立春・立夏・立秋・立冬はいつなのでしょうか。
日付が知りたいですよね。

立春・立夏・立秋・立冬は年によって若干変わります。
1日か2日程度変化するんです。
ですので毎年必ず同じ日というわけではないんです。

立春・立夏・立秋・立冬がいつかというと概ね以下になります。

  • 立春:2月4日頃
  • 立夏:5月6日頃
  • 立秋:8月8日頃
  • 立冬:11月7日頃

このように単一の日付で立春・立夏・立秋・立冬を表すことが多いです。
しかし期間としても立春・立夏・立秋・立冬を表すことができます。

期間で立春・立夏・立秋・立冬を表す場合は以下の約15日間です。

  • 立春:2月4日頃から2月19日頃の前日(立春から雨水の前日まで)
  • 立夏:5月6日頃から5月21日頃の前日(立夏から小満の前日まで)
  • 立秋:8月8日頃から8月23日頃の前日(立秋から処暑の前日まで)
  • 立冬:11月7日頃から11月23日頃の前日(立冬から小雪の前日まで)

 



スポンサーリンク


立春・立夏・立秋・立冬と季節のズレ

立春・立夏・立秋・立冬がいつなのか日付を見ましたが、
なんだか私達が感じる季節とはずれているように感じますね。
1ヶ月から2ヶ月ほど立春・立夏・立秋・立冬の方が早い感じがしますよね。

二十四節気では1年を均等に分けているので私達が感じる季節とずれてしまっています。
あくまで立春・立夏・立秋・立冬は暦の上での季節の始まりですからね。
実際に私達が季節を感じるのとは違いますね。

気象庁では春は3月から5月、夏は6月から8月、
秋は9月から11月、冬は12月から2月と定めています。
こちらの方がまだ季節的には私達の感覚と合っていますね。

実際の気温や気候は毎年異なってくるので、
9月でもまだまだ暑くて夏だなーと感じることや、
3月に入っても寒いという年もあります。
立春・立夏・立秋・立冬が私達が感じる四季と異なるのはしょうがないことでしょう。

 

立春・立夏・立秋・立冬と節分の関係

節分ってありますよね。
節分は2月3日頃になります。
節分には豆まきをするという家庭も多いでしょう。

幼稚園や小学校でも節分には豆まきをする行事を行ったり、
給食に豆がでることもあります。
家でもお父さんやお母さんが鬼の役になったりもしますね。

節分ですが立春・立夏・立秋・立冬と関係があります。
節分は立春の前日なんです。
なので年によって節分の日も変わります。

現在では立春の前日のみ節分のイベントを行っていますが、
本来は立春・立夏・立秋・立冬の前日が節分です。
つまり1年で4回節分があるということです。

節分という漢字を見るとわかることがあります。
「季ける」と書いて節分です。
ですので立春・立夏・立秋・立冬の季節の始まりの前日が節分の日なんです。

現在では節分は立春の前日のみとなっていますが、
これは春が一番重要という考え方からです。
春は新しい生命が誕生するので邪気を追い払おうということで、
現在では立春の前日の節分が残っています。

 

まとめ

立春・立夏・立秋・立冬がいつかについてでした。
こうやって見てみると面白いものですよね。
立春・立夏・立秋・立冬は節分とも関係が深かったんです。

日本は四季を感じられる国です。
昔から四季を大切に思っていて、
現在も変わらないからなんですね。

これだけ四季のイベントや催し物がある国も珍しいでしょう。
1年を通して季節を感じたいものです。
今後も日本の四季を大切にしていきたいものですね。



スポンサーリンク


 

 - 行事・イベント , , ,