札幌雪祭りの雪の量はトラック何台分?全体で何トン?

2017年5月21日

毎年2月上旬に開催される札幌雪祭りですがすごいですよね。
なにがすごいってあの雪像です。
かなり精巧に作られていますし何基もありますからね。
冬のお祭りとして日本だけでなく世界中からも人気です。
しかしそんな札幌雪祭りに謎があるんです。


スポンサーリンク

札幌雪祭りの雪の量ってどれぐらいなのでしょう。
もちろん北海道なので雪は結構降る地域ですよね。
しかし札幌雪祭りの雪像のためにどれだけの雪を集めているのか気になるところです。
そこで札幌雪祭りの雪の量はトラック何台分なのか調べてみました。
札幌雪祭りの全体の雪の量は何トンぐらいになるのでしょうか。

 

札幌雪祭りの雪の量はトラック何台分?

お祭りと言ったら夏のイメージがありますよね。
浴衣を着てかき氷を食べて花火を見るという感じです。
しかし雪祭りは違います。

 

雪祭りは北海道や東北など雪が積もる場所でしか開催することができないお祭りですよね。
あまり雪が降らない場所でも雪祭りはあるかもしれませんがちょっと雰囲気が違います。
やはり雪が降る中でのお祭りが雪まつりっていう感じがしますよね。

 

そんな雪祭りの中でも全国的に有名で大規模なお祭りが札幌雪祭りです。
札幌雪祭りには日本国内だけでなく海外からも多くの観光客が訪れます。
冬のお祭りなのにもかかわらず札幌雪祭りの来場者数は200万人とも言われているんです。

 

札幌雪祭りの見どころというと雪像ですよね。
1ヶ所だけでなく複数の箇所で素晴らしい雪像を見ることができます。
雪像も毎年違った形なので何度行っても楽しむことができますよね。

 

札幌雪祭りの雪像はまさに芸術です。
雪でできているなんて思えないほどですからね。
大小様々な雪像があって流行っているアニメやゲームのキャラクターまで作られます。

 

気になるのが札幌雪祭りの雪像に使われる雪の量です。
あれほどのの雪像を作るにはかなりの雪が必要ですよね。

 

札幌雪祭りの雪像を作るにはトラックで雪を運んでくるそうです。
多くの雪像を作るにはその辺にある雪をかき集めるだけではできないんですね。
トラックで運んでくるというのもあまり雪が降らない地域に住んでいると衝撃ですよね。

 

札幌雪祭りの雪像は大きく分けて3つの大きさに分類されています。
高さ15メートル程度の大雪氷像と10メートル程度の中雪氷像と2メートル程度の小雪氷像です。
もちろん大きさによって使う雪の量は変わってきます。

 

札幌雪祭りの雪像毎の雪の量はトラック何台分かというと以下になります。

  • 大雪氷像:5トントラックで約500台分=2500トン
  • 中雪氷像:5トントラックで約300台分=1500トン
  • 小雪氷像:5トントラックで約2台分=10トン

 

正直何トンって言われても想像が難しいですよね。
小雪氷像でも使う雪の量は10トン程度ということのようです。
これが最小ですからね。

 

大雪氷像にいたっては2500トンの雪の量ですよ。
5トントラック500台分って多すぎですよね。
1つの雪像を作るのにトラック何往復しなくちゃいけないんだと思ってしまいます。

 

しかも札幌雪祭りではこの雪像が何基も作成されます。
ものすごい量の雪が使われているのがわかりますね。
さすが大規模な雪祭りなだけあります。

 

雪像を作るのも大変なことでしょう。
しかしこれだけの雪の量を持ってくるのもかなり大変ですね。
それだけの苦労があって札幌雪祭りは開催されているということですね。

 


スポンサーリンク

札幌雪祭りの雪の量は全体で何トン?

札幌雪祭りの雪像の大きさごとの雪の量を紹介しました。
ものすごい量の雪が使われていることがわかりますね。
小さい雪像でも5トントラック2台分は雪を使っているんですからね。

 

雪像毎にすごい量の雪が使われているのはわかりました。
では札幌雪祭り全体で何トンぐらいの雪の量になるのでしょう。
雪像の数もすごいので全体の雪の量というとものすごいことになりそうですね。

 

札幌雪祭りの雪像の数は大小あわせて200基以上になります。
大雪像の数は数基となりますが中雪像と小雪像はかなりの数になります。
ということは札幌雪祭り全体ではものすごい量の雪が使われているのが想像できますね。

 

札幌雪祭りで使われる雪の量は全体で5トントラック6500台分で3万2500トン使われていることになります。

 

もう想像を絶する雪の量が札幌雪祭り全体で使われているのがわかりますね。
トラック6500台分って。
もちろん全て5トントラックで運んでいるわけではないでしょうけどすごい量ですよね。

 

札幌雪祭りの全体の雪の量を重さにしてもよくわかりません。
3万トン以上の雪って。

 

毎年札幌雪祭り全体ではこれぐらいの量の雪が使われているということです。
本当に大規模なお祭りでないとこれだけの量の雪を集めることもできませんね。
自衛隊が札幌雪祭りに参加しているのが大きいですね。

 

ちなみに札幌雪祭りの雪像が1番多かったのは平成4年の366基です。
ということはこの年の札幌雪祭りの雪の量は単純計算すると全体で5トントラックで11800台分で10万8000トンということになります。
あくまで単純計算なので正確ではありませんが札幌雪祭り全体ではものすごい量の雪が使われていたことになりますね。

 

毎年雪が多いということでもないですもんね。
時には雪不足の年もあったでしょう。
それでも札幌雪祭りのために雪を集めに行っていたということを想像すると本当にありがたいものです。

 

札幌雪祭りで雪の量が過去最大の雪像は?

札幌雪祭りの雪像を作るのにどれぐらいの量の雪が必要か紹介しました。
では札幌雪祭りで過去最大の雪像の大きさってどのぐらいなのでしょうか。
大雪像ということになりますが雪像によって大きさが違いますからね。

 

札幌雪祭りで雪の量が過去最大の雪像は昭和43年に作られた「ガリバーようこそ札幌へ」という雪像です。
もう題名からして巨大な雰囲気が漂ってきていますよね。
だってガリバーって入っているんですもんね。

 

札幌雪祭りの過去最大の雪像の大きさは高さ25メートルです。
小学校とか中学校の一般的なプールを思い出してください。

 

プールの長さと雪像の高さが一緒です。
なんとなく想像できると思いますがかなり巨大ですよね。
さすがガリバーと題名に入っているだけのことはあります。

 

ではどれぐらいの雪が使われたのかですね。
札幌雪祭りの過去最大の雪像の雪の量は5トントラック1300台分で6500トンです。

1つの雪像で6500トンの雪を使うというのはすごいですよね。
それだけ大規模な雪像を作ろうと思ったのには理由があるでしょう。

 

札幌雪祭りの過去最大の雪像が作られたのはちょうど札幌で冬季オリンピックが開催された年です。
テレビ中継でもこの巨大な雪像が放送されました。
北海道札幌の魅力を世界に伝えるためにも過去最大の雪像を作ったのかもしれませんね。

 

まとめ

札幌雪祭りの雪の量はトラック何台分なのかについてでした。
札幌雪祭りでは毎年ものすごい量の雪の量が使われています。
自衛隊が札幌雪祭りに協力しているからこそできることですね。

 

札幌雪祭りの雪の量は全体で何トンになるのかも紹介しました。
札幌雪祭りでは全体で3万2500トン程度の雪が使われているようです。
想像を絶する雪が使われているんですね。

 

札幌雪祭りの過去最大の雪像の雪の量も紹介しました。
ちょうど札幌で冬季オリンピックが開催されるのにあわせて作られたようです。
1つの雪像に6500トンもの雪が使われたみたいですよ。

 

北海道は雪国なので雪は毎年降りますよね。
しかし札幌雪祭りのために雪を集めてくるのはかなり大変でしょう。
雪を集めてきても雪像を作るのも大変でしょうからね。
本当に素晴らしい作品を毎年見せてくれるのが感謝ですね。

 

札幌雪祭りに行ったことがない方は旅行も兼ねて北海道に行ってみてはいかがでしょうか。
テレビや雑誌で見る札幌雪祭りも素晴らしいですが自分で感じるのとは違いますからね。
きっと想像以上の物が札幌雪祭りにはあると思います。


スポンサーリンク

 

スポンサーリンク