梅雨の期間は大阪で何日?平均でいつからいつまで?

2017年5月20日

梅雨の期間に雨が降る水たまり

日本に住んでいる限り一部の地域を除いては必ず梅雨の時期がありますよね。
大阪にも当然梅雨の時期があるわけです。
大阪を含む関西って関東よりも気温も高いんですよね。
その分、東京に比べると大阪の梅雨の期間はジメジメして蒸し暑いような気がします。
日本にいる限り梅雨から逃れることはできませんね。



スポンサーリンク


梅雨の期間は大阪では何日ぐらいなのでしょうか。
なんとなくですが6月に入ってから梅雨入りして7月下旬に梅雨明けという感じもしますよね。
梅雨の期間は大阪では何日ぐらいなのか調べてみました。
大阪の梅雨の梅雨入りと梅雨明けは平均するといつからいつまでなのでしょうか。
大阪で梅雨入りや梅雨明けが早かった年や遅かった年も調べてみました。

 

梅雨の期間は大阪で何日?

梅雨は大阪にも毎年やってきます。
日本の四季に梅雨が入ってないのが不思議なぐらいですよね。
日本の一部の地域を除いては期間に差はあるけれど毎年確実にやってきますからね。
実際に梅雨の期間は第5の季節と言われることもあるようです。

 

大阪に住んでいる人も梅雨の期間は不快だと感じる人も多いでしょう。
東京よりも大阪の方が平均気温は高いようです。
そのため梅雨の時期の不快感も東京よりも大阪の方が大きいかもしれません。

 

梅雨の期間というと6月から7月ぐらいかなという感じがしますよね。
私の感覚では1ヶ月半から2ヶ月ぐらいが梅雨の期間という感じなのですがいかがでしょうか。

 

過去のデータで大阪の梅雨の期間を確認できたらいいですよね。
気象や天気に関する情報というと気象庁になります。
気象庁には過去の梅雨についての情報が公表されています。

 

過去のデータから大阪の梅雨の期間は何日なのか調べてみました。
気象庁では1951年からのデータがあるのですがここでは2000年以降のデータを元にします。

 

以下が梅雨の期間の大阪での日数と平均になります。

梅雨の期間の日数
2000年 39日間
2001年 44日間
2002年 39日間
2003年 52日間
2004年 37日間
2005年 37日間
2006年 49日間
2007年 40日間
2008年 45日間
2009年 61日間
2010年 34日間
2011年 47日間
2012年 38日間
2013年 42日間
2014年 47日間
2015年 51日間
2016年 44日間
平均 44日間

 

大阪での梅雨の期間の平均の日数は44日間という結果になりました。
やはりイメージ通り1ヶ月半ぐらいが梅雨の期間ということになりますね。

 

しかし結構年によっても梅雨の期間は短い場合と長い場合があるようです。
2009年の大阪では梅雨の期間の日数は61日もありました。
61日というとちょうど2ヶ月間は梅雨だったということになります。
かなり長いですよね。

 

梅雨が好きではない私からすると2ヶ月間梅雨というのはかなり長いです。
梅雨というとほぼ毎日雨の日ということになりますからね。
今日も雨か・・・って思ってしまいそうです。

 

ただ2009年というと結構最近ですよね。
そこまで雨が降り続いたという記憶がないんです。
すでに忘れてしまっているだけなのかもしれません。

 

翌年の2010年は34日間が梅雨の期間の日数でした。
この年は平均よりも10日間も短かったことになります。

 

過去のデータで見ると2010年の梅雨は短かったんだなと思います。
しかし当時は今年の梅雨は短いなとは感じませんでしたよね。
なんとも不思議ですね。

 

梅雨の期間は長い年と短い年が入り混じっていますね。
ですので今年の梅雨の期間はどれぐらいなのかという予想はかなり難しそうですね。
梅雨入りや梅雨明けについても何月何日ごろという表現をして断定は避けるぐらいですからね。

 



スポンサーリンク


大阪の梅雨入りと梅雨明けは平均いつからいつまで?

大阪の梅雨の期間の日数の平均を紹介しました。
となると梅雨入りと梅雨明けはいつ頃なんだろうという疑問も出てきますよね。
私の感覚的には6月上旬から7月下旬のイメージが強いです。

 

大阪の梅雨入りと梅雨明けがいつからいつまでなのかについても気象庁のデータがあります。
こういう情報を公表してくれているのである程度私達にもいつごろから梅雨なのかわかりますね。
同じように2000年以降のデータに絞って紹介します。

 

以下が大阪の梅雨入りと梅雨明けは平均いつからいつまでなのかになります。

梅雨入り 梅雨明け
2000年 6月9日 7月18日
2001年 6月5日 7月19日
2002年 6月11日 7月20日
2003年 6月10日 8月1日
2004年 6月6日 7月13日
2005年 6月11日 7月18日
2006年 6月8日 7月27日
2007年 6月14日 7月24日
2008年 5月28日 7月12日
2009年 6月3日 8月3日
2010年 6月13日 7月17日
2011年 5月22日 7月8日
2012年 6月8日 7月16日
2013年 5月27日 7月8日
2014年 6月3日 7月20日
2015年 6月3日 7月24日
2016年 6月4日 7月18日
平均 6月5日 7月19日

 

大阪の梅雨入りの平均は6月5日からということですね。
6月上旬から梅雨というイメージだったので大体合っていたかなという感じがします。
ただ私が思っていたよりも少し早かったです。

 

過去の大阪の梅雨入りの日を見てみると5月中の場合も結構ありますね。
2000年以降のデータですが2011年の大阪の梅雨入りは5月22日です。
GWが終わってしばらくしたら梅雨入りしたということになりますね。

 

大阪の梅雨明けは平均7月19日ですね。
梅雨明けに関しても大体このぐらいだろうというイメージと一致しています。
毎年海の日ぐらいに梅雨明けが発表されますからね。

 

大阪の梅雨明けに関しては8月に入ってからという年もありました。
2009年は8月3日が梅雨明けとなっていますからね。
もう8月に入ると夏という感じがするのでやはりこの年は遅かったんですね。

 

大阪で1番梅雨入りが早かった年と遅かった年

大阪で1番梅雨入りが早かった年や遅かった年が気になりますね。
いつもとどのぐらいの違いがあるのでしょうか。
1951年以降のデータが公表されているのでこのデータを参考に見てみました。

 

まずは大阪で梅雨入りが早かった年です。
大阪で梅雨入りが1番早かった年は1956年と2011年の5月22日です。

 

もっと梅雨入りが早い年があるのかなと思ったのですがそこまででもありませんね。
いつもの年と比べるとたしかに早い梅雨入りだなという感じはします。
しかし5月下旬なのでめちゃくちゃ早いという感じでもありません。

 

大阪では5月中に梅雨入りした年は何年かあります。
ですので珍しいということでもないようです。
ちょっと梅雨入りが早かったかなという感じでしょうか。

 

次は大阪で梅雨入りが遅かった年です。
大阪で梅雨入りが1番遅かった年は1958年の6月25日です。

 

6月下旬に梅雨入りした年がありますね。
確かにいつもの大阪の梅雨入りと比べると遅いなという気がします。
2週間から3週間ぐらい遅い梅雨入りということになりますからね。

 

ちなみに1963年に関しては梅雨入りが発表されていません。
なんとなーく梅雨かなー、でも違うかもという感じでいつの間にか梅雨入りしていたということでしょうか。
梅雨入りとかには明確な基準がありませんからね。

 

大阪で1番梅雨明けが早かった年と遅かった年

大阪で1番梅雨明けが早かった年と遅かった年についても調べてみました。
大きな差があるのでしょうか。

 

まずは大阪で梅雨明けが早かった年です。
大阪で梅雨明けが1番早かった年は1978年の7月3日です。

 

7月3日に梅雨明けってかなり早いですね。
ただ梅雨が明けると夏ということにもなるのでちょっと考えものですね。
私は暑い夏が1番苦手なので。

 

次に大阪で梅雨明けが遅かった年です。
大阪で梅雨明けが1番遅かった年は2009年の8月3日です。

 

この年は8月に入ってから梅雨明けとなりました。
上述しましたがつい最近ということになりますね。
8月入るまでずっとジメジメムシムシの梅雨というのも嫌なものです。

 

1993年は大阪では梅雨明けが発表されていません。
たまに梅雨明けが発表されない年もあるのですが現時点では大阪ではこの年のみですね。

 

大阪で梅雨の期間の日数が短かった年と長かった年

大阪で梅雨の期間の日数が短かった年と長かった年についても紹介します。
これはかなりの差があるのではないでしょうか。
梅雨入りも梅雨明けも年によって結構違いますからね。

 

まずは大阪で梅雨の日数が短かった年です。
大阪で梅雨の日数が短かった年は1958年の17日間です。

 

梅雨の期間の日数が17日間しかないってかなり短いですね。
通常は1ヶ月半程度が梅雨の期間となるのですが2週間ちょっとだったということです。
梅雨が好きではない人にとっては梅雨が短いのは嬉しいですね。

 

しかし梅雨の期間の日数が短いと問題も出てきますからね。
夏に水不足になったり農作物が十分育たなかったりもします。
梅雨が短すぎるのも考えものです。

 

次に大阪で梅雨の日数が長かった年です。
大阪で梅雨の日数が長かった年は2009年の61日間です。

 

2009年の梅雨の日数に関しては上述したのですが過去のデータを見ても長かったということです。
つい最近ですからね。
2009年の梅雨は普段とはかなり違う梅雨だったということになるでしょう。

 

しかし大阪では50日以上梅雨の日数がある期間は珍しくありません。
結構長い梅雨となる年もあるんですね。
しかし60日以上の梅雨の日数となったのは大阪では過去に2009年の1度だけということになります。

 

まとめ

梅雨の期間は大阪で何日なのかについてでした。
2000年以降のデータを見ながら大阪の梅雨の日数の平均を紹介しました。
大体イメージ通りの日数だったかなという感じがします。

 

大阪の梅雨入りと梅雨明けは平均いつからいつまでなのかも紹介しました。
大阪では6月上旬に梅雨入りして7月下旬に梅雨明けします。
こちらもイメージ通りでしたね。

 

大阪の梅雨入りや梅雨明けや日数に関していろいろと紹介してみました。
年によって梅雨は結構違いますね。
これだけ違うと梅雨の予想をある程度正確にするのは困難かもしれません。

 

梅雨の時期って本当に憂鬱になってしまうんですよね。
晴れの日が恋しくなるというか。
たまに梅雨でも晴天の日があると嬉しくなりますよね。

 

梅雨の時期はあまり好きではありませんがある程度雨が降ってくれないと困りますね。
雨はいいけどジメジメムシムシするのだけはなんとかならないかなと思っています。
梅雨の時期も快適に過ごしたいものです。



スポンサーリンク


 


PAGE TOP