Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

ゆうパックの追跡って料金かかる?

      2015/10/11

006

 

ゆうパックで荷物を送るときや受け取るときに
いまどこに荷物があるのか気になることってありませんか?
そんなときに便利なのがゆうパックの追跡サービスです。
ゆうパックの追跡サービスを使えば荷物がどこにあるのかすぐにわかります。



スポンサーリンク


ゆうパックで荷物を送ったはいいけどちゃんと届いているか心配。
荷物を送ったと言われたけどまだ届いてない。
そんなときはゆうパックの追跡サービスを活用しましょう。

配達業者は追跡サービスを導入しているところが増えてきました。
ゆうパックでも追跡サービスを導入しています。
便利そうだけどゆうパックの追跡サービスって料金がかかるのでしょうか。

ゆうパックの追跡って料金

ゆうパックの追跡サービスの料金は無料です。
無料という言い方が正しいのか料金が含まれているという言い方が正しいのかわかりませんが、
ゆうパックを追跡するために別途料金はかかりません。

ゆうパックだけでなく他の配達業者で追跡サービスを導入しているところも、
基本的に別料金はとっておらず無料で利用することができます。
ゆうパックだけ別に料金を取るということはありません。

ゆうパックの料金はサイズと距離によって決まります。
荷物のサイズが大きいほど料金は高くなり、
届ける場所が遠いほど料金は高くなります。

ゆうパックの料金って割引があるのをご存知でしょうか。
窓口に荷物を持って行くと割引になったり、
同じ宛先に複数個の荷物を送る場合割引になったりするんです。
意外に知らない人もいるのでうまく活用しましょう。

ゆうパックの追跡サービスのPCやスマホでの使い方

ゆうパックの追跡サービスを利用するにはホームページの追跡サービスにアクセスします。
その後伝票に印字されているお問い合せ番号を入力するだけです。
そうすると荷物が現在どこにあるのかが表示されます。

どの郵便局に何月何日の何時に到着しているのかや相手が受け取っているのか、
または不在のために郵便局で保管しているのかなど詳細がわかります。
これで送った荷物が現在どういう状態にあるのかや、
送られてくるはずの荷物がどこにあるのかが一目瞭然でわかってしまいます。



スポンサーリンク


追跡サービスを利用できる荷物

以下が郵便局の追跡サービスを利用できる荷物になります。

郵便物
・一般書留
・現金書留
・簡易書留
・特定記録郵便
・レターパック
・レタックス
・配達時間帯指定郵便
・新特急郵便

荷物
・ゆうパック
・追跡ゆうメール
・ポスパケット
・EXPACK

国際郵便物
・EMS
・国際小包
・国際書留・保険付

普通郵便のハガキや封書は追跡サービスを利用できません。
また国際郵便物は全世界には対応していません。
とは言うもののかなり多くの国で追跡サービスを利用できます。

追跡サービスが利用できる期間も決まっています。
追跡サービスが利用できるのは通常100日間です。
国際郵便物については13ヶ月間となっています。
この期間を過ぎてしまうと追跡サービスを利用できなくなるので注意しましょう。

配達完了時にメール通知の設定も可能

荷物を送ったはいいけどちゃんとついたら連絡がほしいですよね。
しかし人によっては荷物が届いても連絡をしない人もいます。
そうするとちゃんと届いているのが心配になることもあるでしょう。

しかし追跡サービスでいまどこに荷物があるか気にするのもなー。
荷物がちゃんと配達したことだけ教えてほしい。
そう思う人もいますよね。

そういう場合に便利なのが配達完了メールです。
設定しておけば荷物の配達が完了したときに指定したメールアドレス宛に、
メールが届くのですぐにわかります。

このサービスは無事に荷物が届いたことがわかるので便利ですよね。
毎日どこにあるのか確認しないでも済みますし、
届いたことがわかるので安心できます。
配達完了メールの設定もホームページから設定できます。

まとめ

ゆうパックの追跡に料金はかかるのかということと便利なサービスについてでした。
追跡サービスを利用すれば現在荷物はどこにあってどういう状態なのかすぐにわかります。
配達が完了したときにメールで通知してくれるサービスもあります。

これで荷物が届いたのか届いてないのかわからないということがありませんね。
かなり便利なサービスだと思います。
荷物がどこにあるのか心配な人は追跡サービスを利用してみましょう。

追跡サービスはパソコンだけでなくスマホでも利用できるのがいいですね。
ガラケーと言われる普通の携帯電話からも追跡サービスは利用できます。
家にいなくても外出先でも確認できるのがいいですよね。
便利なサービスですし使い方も簡単なので利用してみましょう。



スポンサーリンク


 

 - マメ知識・雑学 ,