Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

渋柿を甘くする方法はドライアイスで渋抜きが効果的?

   

045

秋になると美味しく実る果物といえば柿ですよね。
柿を栽培している農家とかもありますが、
結構家の庭でも柿は作れたりもします。
実際私の家の庭でも柿を育てていて秋には収穫していますしね。



スポンサーリンク


柿の木が植わっている家は意外に多いものです。
しかし甘柿じゃなくて渋柿の場合もあります。
渋柿は油断ができません。
甘いと思って食べてみたらものすごく渋くて、
口の中がキューっとしてしまいますからね。

元々柿は渋柿が普通の状態です。
甘柿は突然変異した柿で日本特産の品種なんです。
渋柿がまだまだ多いわけですが渋柿を甘くする方法があります。
渋柿を甘くする方法はドライアイスで渋抜きをするのが効果的なようです。

渋柿を甘くする方法 ドライアイスで渋抜き編

渋柿を甘くする方法にドライアイスを使い渋抜きします。
ドライアイスが気化するときの二酸化炭素を利用して渋抜きし渋柿を甘くしちゃいます。
ドライアイスを使って渋柿を甘くする方法は、
農家さんなども行っている方法なんです。

準備

準備するものは以下です。

  • ドライアイス(柿1キロあたり10グラムから20グラム)
  • 大きめのビニール袋
  • 輪ゴム
  • 新聞紙

上記を準備しましょう。
ドライアイスをどこで準備するのかと悩む人もいるでしょう。
食品の宅配をしている場合は
冷凍食品の荷物と一緒にドライアイスが入っていることがあります。

他にはケーキ屋さんとか葬儀屋さんで入手可能です。
ケーキを買ってドライアイスを多めに入れてくださいって言うのが、
一番簡単に入手できるかもしれません。
大量にドライアイスが必要なわけではないので、
あえて購入する必要はないでしょう。

 

ここから実践です。
ドライアイスを使って渋抜きし渋柿を甘くする方法になります。

1.ドライアイスを敷く

ドライアイスを金槌などで細かく砕きます。
細かくすることによって気化しやすくするためです。
直接ドライアイスを触ったりはしないよう注意しましょう。

細かく砕いたドライアイスを新聞紙に包みます。
新聞紙に包んだドライアイスをビニール袋の底に敷いてください。

2.渋柿を詰める

渋柿をビニール袋の中に詰めていきます。
ドライアイスは新聞紙に包んでいるので大丈夫だとは思いますが、
渋柿とドライアイスは直接触れないように注意が必要です。

ドライアイスは渋柿の下に敷きましたが、
さらに上に乗せてもいいでしょう。
その場合もドライアイスは新聞紙に包んで、
直接渋柿に触れないように注意してくださいね。

3.空気を抜き封をする

ビニール袋の中の空気を抜きます。
できるだけ空気を抜いてビニール袋の空いている部分を輪ゴムで封をします。
空気が入らないようにしっかりと輪ゴムで封をしてください。

ビニール袋を輪ゴムで封をするとだんだん膨らんできます。
これはドライアイスが気化してきている証拠です。

4.寝かせる

あとは日陰で寝かせるだけです。
5日から1週間寝かせましょう。
封を開けて食べてみてまだ渋みが残っている場合は、
ドライアイスを追加してさらに数日寝かせてください。

 

渋柿をドライアイスで渋抜きし甘くする方法でした。
結構簡単ですよね。
渋抜きがあまりできていない場合は再度できるのがいい点です。
ドライアイスでの渋抜きは柿っぽさがそのまま残る点です。
普通の甘柿と同じように歯ごたえもあり食べることができます。
ドライアイスで渋抜きし渋柿を甘くする方法を試してみてはいががでしょう。



スポンサーリンク


渋柿を甘くする方法 他の方法で渋抜き編

渋柿を甘くする方法でドライアイス使って渋抜きをするやり方を紹介しました。
しかし他にも渋柿を渋抜きして甘くする方法があります。
ここではドライアイスを使わない渋抜きの方法を紹介します。

干し柿にする

渋柿の渋抜きで結構メジャーなのが干し柿にする方法です。
通常の柿の歯ごたえとは違ったものになります。
干し柿は干し柿で美味しいですよね。
渋柿を干し柿にする方法は以下です。

  1. 渋柿の皮をむく
  2. 渋柿のヘタの部分に紐を巻きつける
  3. 沸騰したお湯に10秒程度つける
  4. 風通しの良い雨が当たらない場所に干す
  5. 1週間後に干してある渋柿を揉む
  6. 数日後にさらに揉む
  7. 3週間から4週間で干し柿の完成

干している時に渋柿を揉むのがポイントです。
揉むことによって渋みが早く抜けてくれます。
注意したいのはカビです。
干し柿を作るときはカビが生えることがあるので、
くれぐれも雨に濡らしたり柿同士がくっつく事のないようにしましょう。

アルコールを使う

渋柿を甘くする方法にアルコールを使う場合もあります。
これも農家さんなどでは一般的な方法です。
以下がアルコールを使った渋柿を甘くする渋抜きの方法です。

  1. 焼酎やブランデーなど度数30度から40度のアルコールを用意する
  2. 渋柿のヘタの部分をアルコールに浸す
  3. 渋柿を新聞紙に包む
  4. ビニール袋に入れ封をする
  5. 1周間程度日陰に置く

アルコールを使った渋柿を渋抜きし甘くする方法でした。
結構簡単ですね。
この方法ではアルコールの味や匂いが柿に移る場合があります。
注意が必要ですね。

お湯につける

渋柿を渋抜きするのにお湯につける方法もあります。
一番簡単な方法なのですが、
結構失敗してしまうこともあるので注意が必要です。
以下がお湯につけて渋柿を渋抜きし甘くする方法です。

  1. 40度程度のお湯を準備する(火は止めてください。お風呂でもいいです)
  2. お湯の中に渋柿を入れる
  3. 半日から1日そのままにしておく

お湯につけて渋抜きする方法でした。
一番簡単な方法ですね。
すぐに渋柿を渋抜きする方法でもあります。

しかし結構失敗も多い方法なんです。
お湯の温度が高すぎても低すぎても渋抜きが上手くいかなかったり、
柿が水っぽくなってしまうこともあります。

匂いが残る場合もあります。

りんごを使う

りんごを使った渋柿の渋抜きの方法もあります。
これも結構簡単な方法です。
ただ熟れすぎてしまう場合があります。
以下がりんごを使った渋柿を甘くする渋抜きの方法です。

  1. ビニール袋に数カ所小さい穴を開ける
  2. ビニール袋にりんご1個に対し渋柿5個の割合で入れる
  3. ビニール袋の上部に封をする
  4. 日陰に1週間程度置いておく

りんご使った渋柿の渋抜きの方法でした。
この方法も簡単ですね。
りんごがガスを発生し渋柿の熟成を促します。
なので期間が重要になるんです。
熟し過ぎる場合があるので注意が必要です。

まとめ

渋柿を甘くする方法にドライアイスを使い渋抜きするやり方でした。
ドライアイスが手に入ると結構やりやすいのではないでしょうか。
ぜひ試してほしい渋抜きの方法です。

他にも渋柿の渋抜きの方法を紹介しました。
いろいろと渋抜きの方法はあるのですが、
柿の歯ごたえや味を保つにはドライアイスがいいように思います。
他の方法より少し手間はかかりますけどね。

秋は柿の美味しい季節です。
渋柿を甘くする方法を試してみましょう。
美味しく渋柿が食べられると思います。



スポンサーリンク


 

 - マメ知識・雑学 , ,