Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

バイトを休む理由 当日や前日に使える言い訳!

   

167

バイトを急に休みたくなる時ありませんか?
やはり誰でもありますよね。
なんとなーく仕事に行きたくない日って誰にでもあるものです。
バイトを休む時の理由って悩むものなんですよね。
頑張ればいけるけどちょっと体調が悪い時なんか特に。



スポンサーリンク


体調が悪くなくても気分的にどうしてもバイトに行きたくないときとか、
急に外せない予定が入ってしまうこともあります。
緊急事態ということもありますよね。
バイトを休む時の理由で当日や前日に使える言い訳を紹介します。
これでバイトを休むことができるかもしれません。

 

バイトを休む理由

まず急にバイトを休むということは
店長や責任者にとってはかなり迷惑なことです。
なぜかというとバイトに入ってもらう人数は
ギリギリでやっていることがほとんどだからです。

ですからバイト一人が急に出勤できなくなると、
他の人が大忙しになったり仕事が回らないということにもなります。
ですので可能な限りバイトの予定がある場合は頑張って行きましょう。

とはいえどうしてもバイトに行きたくない時もありますよね。
普段は真面目にバイトで働いているけど、
なんだか少し体調が悪かったり行きたくない気分だったり。
理由は様々ですがバイトに行きたくない人もあります。

バイト経験者なら誰でも休みたいと思ったことはあるはずです。
バイトじゃなくても会社に務めている人でも同じですからね。
休みたいと思ったことが一度もないという人に未だかつて出会ったことはありません。

頑張れば行けるけどバイトを休みたいと思った時が難しいんですよね。
完全に体調が悪くて熱が出てしまったとかならば、
正直に言ってバイトを休むことができます。

しかし頑張れば行けるという場合がちょっと気まずいんです。
そんな時にバイトを休むいい理由があればいいなーと思いますよね。
できれば当日や前日に使えるバイトを休む理由が欲しいものです。

そこでいくつか当日や前日に使えるバイトを休む理由を紹介します。
できるだけ人を不幸にしないような理由でバイトを休みましょう。
自分を理由にしてバイトを休むのが一番です。

風邪を引いた

風邪を引いたという理由は一番よく使われます。
しかし実際に風邪を引くことも多いので、
風邪は前日や当日でもバイトを休む理由としては使えるでしょう。

風邪は周りの人に移る可能性があります。
店長や責任者がこれを理解している人であれば無理に出勤させません。
無理に出勤させて他のバイトの人やお客さんに移してしまっては、
さらに経営的にダメージがありますからね。

よく使われる理由ですが休む理由としてはいいでしょう。
体調が少しでも悪いと風邪の可能性もありますからね。

お腹が痛い

お腹が痛いというのもバイトを休む理由になります。
胃腸炎なんかだと本当に苦しいです。
トイレがお友達になるほどですからね。
家から出ることができな状態になります。

お腹が痛くて動けない事をアピールしましょう。
バイトに行っても迷惑をかけてしまうということも添えたほうがいいですね。
女性であれば生理痛なんかもあります。
急な腹痛も当日にバイトを休む理由になるでしょう。

財布を落とした

財布を落とすというのは一大事です。
財布の中にはカード類や身分証明書が入っていますからね。
となると警察に届けたり各所に一刻も早く連絡する必要があります。

店長や責任者は財布を落としたことの重要性はわかっているでしょう。
財布を落として警察に行かなければいけないということを伝えましょう。
1度だけ使えるバイトを休む理由です。

就職活動

実際に就職活動を行っている人限定のバイトを休む理由です。
就職活動をしながらバイトをしている人もいますよね。
就職活動は選考が進むと面接があります。

急に就職活動の面接が入ったことを伝えましょう。
ほとんどの場合はバイトを休ませてくれます。
本当に就職活動の面接が急に入ることもありますからね。

家族の体調不良

これはあまり使いたくない理由です。
しかしどうしてもというなら家族の体調不良を理由にバイトを休みましょう。
体調不良でなくても病院に付き添うとかでもいいですね。

家族の体調が悪いのに無理に出勤させる人もいないでしょう。
体調不良というのは急にやってくるものです。
当日にバイトを休む理由として家族の体調不良もありえます。

 



スポンサーリンク


絶対にやってはいけないこと

バイトを休みたいからと言ってやってはいけないこともあります。
バイトも人間関係がありますからね。
人間関係を崩すと修復するのに時間がかかります。
その後のバイトにも影響してきてしまいます。

バイトを当日や前日に休むこと自体迷惑がかかっています。
できるだけ大事にならないように休みましょう。
バイトを休むときに絶対にやってはいけないことと注意点です。

無断欠勤

バイトを休むときは無断欠勤は絶対にダメです。
無断欠勤だとあなたがどういう状態なのか全くわかりません。
もしかすると事故にでもあっているのではないかと心配します。
代わりのバイトを入れることもできませんからね。
無断欠勤は絶対にやめましょう。

大げさな理由

大げさな理由もダメです。
店長や責任者は基本的に嘘の休みは見抜きます。
何年もやっているわけですからね。
同じような人もいるわけです。

さらに大げさにし過ぎるとボロがでます。
人間って詳しく話しちゃったりするんです。
そこで矛盾がでてきます。
ですからバイトを休む理由を大げさにするのはやめましょう。
事実に基づいて休む理由をうまく伝えましょう。

常習化

前日や当日にバイトを休みすぎるのもやめましょう。
月に1回とかでも多いぐらいです。
なんか最近急に休むことが多いなーと思われます。

常習化するとどんどん休みたくなってしまうものです。
急に休めば他の人に迷惑がかかるのは間違いありません。
ですから何度も急にバイトを休むということはやめましょう。

休みの伝え方

バイトを急に休む時の伝え方も注意が必要です。
特に前日に休む連絡をする時ですね。
「体調が悪いので明日のバイト休みます。」って少しおかしく感じますよね。

いま体調が悪くても明日になったら元気になっているかもしれません。
この場合は言い方がまずいです。
「体調が悪いので明日病院に行きます。もしかすると休ませてもらうかもしれません。」
というように伝えましょう。
バイトを休む時の伝え方も大事です。

連絡方法

バイトを急に休む場合の連絡方法も注意が必要です。
バイト先に連絡するときは基本的に電話です。
連絡はLINEやメールでもいいと言われていないかぎり、
連絡するときは電話をしましょう。

LINEやメールだと気が付かない場合があります。
仕事の緊急連絡でLINEやメールが許されている場所はないと思いますが、
バイトを休む時の連絡方法は電話でしましょう。

 

休んだ後のバイト

当日や前日にバイトを休む連絡をして休んだ場合に次のバイトが重要です。
本当は元気でも申し訳無さそうにしましょう。

少なくとも店長や責任者やバイト仲間には迷惑がかかっているのは事実です。
一言謝罪の言葉をするようにしましょう。
それだけで印象がだいぶ違いますからね。

そしてその後はきちんと仕事をこなしましょう。
しばらくは急な休みもやめておきましょうね。
何度も続くと信用を失うことになります。

バイトをしているとちょっと疲れてきたなーと思う時期があります。
その時は事前に休ませてもらうように言いましょう。
遅くても1週間前にはバイトを休みたい旨を言うようにしましょうね。

そうすれば他の人を代わりに入れることができます。
それほど迷惑もかかりません。
他のバイトの人と休みを交換することも可能です。

そして覚えておいて欲しいのがバイトでも有給休暇があるということです。
働き出して6ヶ月経てばバイトでも有給休暇が発生します。
労働時間によってどのぐらい有給休暇が発生するのかは変わります。

有給休暇ということはバイトを休みでもその分の時給が発生するということです。
多くのバイトの人は存在を知らないか、
知っていても取得できないと思っています。
しかし有給休暇は労働者の権利なので雇用主は拒否できません。

バイトの場合は有給休暇については説明されないことが多いです。
有給休暇を取得する時にも事前に申告するようにしてください。
出来る限り当日や前日にバイトを休まないようにしましょう。

 

まとめ

当日や前日にバイトを休む理由についてでした。
急にバイトを休むと大勢の人に迷惑がかかります。
会社勤めよりも周りの人に迷惑がかかるでしょう。
それを自覚しておきましょう。

しかしどうしてもバイトを休みたい時があるものです。
うまく理由をつけて休むのもいいのですが、
頑張れるなら頑張って行きましょう。

バイトを休むときに絶対にしてはいけないことも紹介しました。
できるだけバイトを休むときは事前に申告しましょう。
バイトでも有給休暇はあるのでうまく利用しましょうね。



スポンサーリンク


 

 - マメ知識・雑学