Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

新年会のゲームで大人数やチーム対抗できる簡単なのは?

   

093

年が開けると開催される新年会。
新年会をやるとこれからの1年頑張って行きましょうという気持ちになります。
楽しく1年が始まるとなんだか気分もいいですしね。
忘年会もやったけど新年会もやるという場合もあれば、
忘年会はやらないけど新年会は毎年やるという人もいるでしょう。



スポンサーリンク


大変なのは新年会の幹事になった人です。
お店を予約しなくては行けませんし出欠を取ったり会費を集めなくてはいけません。
そして新年会では余興も用意しなくてはいけませんからね。
新年会の幹事の方に少しでも参考にしていただければとゲームを紹介します。
新年会で行うゲームは大人数でもできてチーム対抗などもできる簡単なゲームがいいでしょう。

 

新年会のゲーム

新年会をすると言っても様々な規模の新年会があります。
親しい友人同士でやる新年会なら幹事でもそれほど苦労はしないでしょう。
新年会でゲームをする必要もないですしね。
せいぜいお店を予約しておくぐらいです。

しかし会社かなにかの集まりの新年会の幹事をやる場合はそうではありません。
お店の予約だけでなくいろいろな仕事がありますよね。
さらに新年会を楽しい物にするために余興としてゲームをする人も多いでしょう。

そんな時に困るのがゲームをなににするかです。
老若男女誰でも楽しめる簡単でわかりやすいゲームを準備する必要があります。
自分と同じ年代だけが楽しめるゲームではしょうがないですからね。

会社やなにかの集まりの新年会となると人数も大人数になることが多いです。
どの世代の人でも楽しめて大人数でできるゲームを考えるのはかなり難しいですよね。
大人数だとチーム対抗ができるゲームの方がいいですしね。

そこで新年会のゲームで大人数やチーム対抗でできる簡単な物を紹介します。
ゲーム自体にあまり費用がかからない物にしました。
新年会の幹事さんはゲームの参考にしてください。

ビンゴ大会

新年会のゲームの定番と言ったらビンゴ大会ですよね。
新年会だけでなく様々なシーンでビンゴ大会は行われます。
定番すぎるよと思うかもしれませんが、
誰でも知っていてわかりやすいのがビンゴ大会のいいところです。

ビンゴ大会の紙は100円均一で売っていますしね。
くじは自分で用意することも簡単です。
準備もそれほど大変ではないでしょう。

通常のビンゴ大会とは違ったものにしたい場合は、
自分でビンゴの紙になにかテーマにそったものを書いてもらうというのもありです。
例えば都道府県を書いてもらったり動物を書いてもらったりですね。
くじはそのテーマにそった物を用意すればいいだけです。

ビンゴ大会は個人戦しかできないと思うとそうでもありません。
ビンゴ大会も考え方次第ではチーム対抗にできます。
何人かのグループになってもらってビンゴになった人にポイントをつけたりすればいいんです。
最終的に総合得点が多いチームが優勝にしてもいいでしょう。
個人賞とは別にチーム賞を用意するのも盛り上がります。

ビンゴ大会は新年会では定番のゲームですが大人数でもチーム対抗でもできて簡単です。
一工夫すれば普通のビンゴとはちょっと違うゲームにできますしね。
新年会でビンゴ大会をしてみてはいかがでしょうか。

じゃんけん大会

じゃんけん大会も新年会で定番のゲームですよね。
某アイドルグループがじゃんけん大会をやるぐらいです。
非常にシンプルですが簡単で盛り上がるゲームです。

普通にじゃんけん大会を行っても盛り上がるでしょう。
しかしこのじゃんけん大会も一工夫することができます。

幹事が代表者となりじゃんけんをします。
つまり幹事対新年会参加者という感じですね。
幹事は「じゃんけんで勝ってください」や「じゃんけんに負けてください」と宣言します。
その後にじゃんけんをするんです。

そうすれば通常のじゃんけんよりも頭を使います。
しかも新年会の席でのゲームなので頭がパニック状態になるんです。
通常のじゃんけん大会よりも盛り上がります。

チーム対抗にするのもじゃんけんなら簡単です。
同じ人数をチームにして勝ち抜き戦とかにすれば最後まで楽しめます。

じゃんけん大会も定番のゲームですが簡単ですし盛り上がります。
新年会のゲームに簡単なじゃんけん大会をしてみるのもいいのではないでしょうか。

クイズ大会

クイズ大会も盛り上がる新年会のゲームの1つです。
クイズを用意する必要がありますが、
それほど考える必要もありません。

会社であれば会社に関係するクイズでもいいですし、
1年間に起こったニュースなどをクイズにしてもいいでしょう。
なぞなぞ等は逆にクレームがくる場合があるので注意しましょう。

他にも小学校の算数の問題とかでもいいですね。
意外に分数の計算とか忘れているので回答できない場合があります。

クイズ大会ならチーム対抗にするのも簡単です。
チームで回答を出してもらえばいいですからね。
簡単な問題と難しい問題を用意しましょう。

クイズ大会も定番のゲームですが新年会では結構盛り上がるんです。
常識問題でもわからない場合もありますからね。
新年会のゲームにクイズ大会をしてみてはいかがでしょうか。

嘘つきは誰だゲーム

嘘つきは誰だゲームも新年会で盛り上がります。
このゲームの名前の正式名称は知りませんが適当につけました。
チーム対抗で1人だけ嘘をつかせるというゲームです。
対戦チームは嘘を付いている人を当てるというやつですね。

このゲームは嘘をついてもらえばいいのでなんでもお題はいいんです。
しかし盛り上がるのは激辛物を食べてもらうことです。
例えば激辛カレーやわさびたっぷりのお寿司や辛子たっぷりのシュークリームですね。

我慢強い人は上手く表情を隠すことができますが、
殆どの人は激辛を隠すことができません。
結構テレビでもやっているゲームですが新年会でやっても盛り上がります。

嘘つきは誰だゲームは基本的にチーム対抗戦です。
ですから大人数で新年会をする場合に盛り上がるゲームでしょう。
若干準備をする必要がありますが盛り上がります。
新年会のゲームに嘘つきは誰だゲームをやってみてはいかがでしょうか。

風船割りゲーム

風船割りゲームも楽しいですよ。
しかしある程度スペースが必要になるので注意が必要です。
チームに別れて決められた風船を何秒で全て割ることができるかを競います。
または決められた時間内でいくつ風船を割れるかでもいいでしょう。

風船の割り方も指定した方が楽しめます。
例えばお尻で風船を割るとか抱き合って風船を割るとかですね。
一番無難なのは足だけとするのがいいでしょう。

風船割りゲームも用意するのは風船だけです。
ゲームをする前に風船を膨らます必要がありますが、
1人1個とか風船を膨らませてもらえば問題ありません。

新年会のゲームに風船割りゲームをしてみてもいいでしょう。
大人数でチーム対抗戦ができます。
スペースが必要なのでそこだけは注意してください。

 



スポンサーリンク


景品をあげるときのコツ

新年会のゲームで大人数やチーム対抗で盛り上がる簡単なゲームを紹介しました。
ゲーム自体は盛り上がると思いますが景品をあげる最後まで盛り上がってもらいましょう。
勝った順に景品をあげるよりも盛り上がる方法があります。

その方法はゲームに勝った順に景品のくじを引けるというものです。
通常のくじでもいいですしあみだくじなんかにしてもいいでしょう。

普通にゲームに勝った順にいい景品をあげるのもいいのですが、
それでは順位が悪かったチームは盛り上がりません。
そこでくじを使うんです。

ゲームで勝った順にくじを引ける方法にすれば最後の最下位のチームまで楽しめます。
しかしちょっと注意が必要です。
この方法はゲームに勝ったチームから不満がでることがあります。

これを回避するためにはゲームが始まる前にしっかりと説明しましょう。
そうすればある程度不満は抑えられます。

そしてゲームの順位によって景品をグループ分けしておくのもいいですね。
例えば6チームあったら上位3チームは景品の中でも豪華な3つのうちのいずれかにするとかです。
そうすればゲームで1位になったのに景品のくじで一番良くないものになるということは避けられます。
この方法を取ればある程度満足してもらえるでしょう。

 

まとめ

新年会のゲームで大人数やチーム対抗でできる簡単で盛り上がるゲームでした。
新年会というのは様々な世代が参加します。
ですから新年会の余興のゲームは定番のゲームがいいでしょう。
あまりややこしいルールだとわからなくなりますからね。
シンプルにしましょう。

個人戦のゲームでも考え方によっては大人数やチーム対抗にすることができます。
チーム対抗にすれば同じチームの人とも仲良くなりますからね。
さらに対戦相手をライバルとすることができるので盛り上がります。

新年会は1年で最初の催しです。
楽しい新年会にしましょう。
新年会の幹事さんは大変だと思います。
新年会のゲームの参考にしてくださいね。



スポンサーリンク


 

 - 行事・イベント , ,