Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

お月見の意味を簡単に説明できる?

   

018

お月見ってなんのためにやるの?
ものすごい素朴な疑問ですけど
お月見の意味を簡単には答えられないという人が多いでしょう。



スポンサーリンク


月を見てお団子を食べる日だよー。
確かに間違いではありません。
しかしちゃんとした説明にはなっていないですよね。

子供のお月見の意味を聞かれた時に
ちゃんと答えられるようにしておいたほうがいいですよね。
お月見の意味を簡単に説明できるようになりましょう。

お月見の意味を簡単に説明

お月見をする意味を簡単に説明すると、
月と秋の収穫に感謝するためです。

でもなんで月に感謝するのって思いますよね。

実は昔から月は神聖なものと考えれていたんです。
日本では縄文時代から月を愛でる習慣があったと言われています。
かなり古くから月は神聖なものと考えられていました。

月見の習慣は元々は中国から日本に渡ってきました。
日本に月見が渡ってきたのは平安時代と言われています。
この頃の月見は貴族にのみ広がっていて庶民にはまだ広がりませんでした。

貴族たちは直接月を見て楽しむというよりも、
船に乗って水面に映る月を楽しんでいたようです。
他にも盃や池に映る月を楽しんだみたいですよ。
なんかロマンチックですね。

さすが貴族っていう感じですよね。
いち早く月見というおしゃれな事を楽しんでいたわけです。
まだお供え物などをする習慣はなく月を見て楽しむものだったみたいです。

月見の時にお供え物をするようになったのは室町時代です。
江戸時代に入り庶民にも月見が浸透してきます。
この時のお供え物は里芋でした。

月見と言ったら月見団子じゃないの?って思いますよね。
日本では元々この時期に里芋の収穫祭が行われている地域が多かったため、
月見のお供え物は里芋だったという記録が残っています。

里芋を食べて夜遊びするのが一般的でした。
収穫祭があったので当時はお祭り事だったんです。
現在では月見はお祭りというよりも風情を楽しむ感じですよね。
江戸時代後期になり現在と同じように月見のお供え物はお団子となりました。

お月見のお供え物の意味

お月見のお供え物と言ったら月見団子ススキですよね。
他にもお供え物をする場合もありますが、
代表的なお供え物と言ったら月見団子とススキでしょう。

月見団子

現在ではお月見の際にはお団子をお供えします。
しかし前述したように元々は里芋をお供え物としていました。
秋の収穫をお月様に感謝していたためです。

現在ではお米を使って丸い月見団子となっています。
意味としては同じで収穫に感謝するためです。
現在のお団子も里芋も丸っこくて似ていますよね。

お団子を丸くしているのにも意味があります。
月見団子が丸いのは満月を表しているためです。
さらに丸というのは縁起もいいことから月見団子のお供え物は、
丸いお団子になっているんです。

ススキ

お月見にススキをお供えするのにも意味があります。
月の神様の依り代は稲穂です。
依り代(よりしろ)とは神霊がよりつく対象物の事をいいます。

本来月の神様の依り代は稲穂なのですが、
時期的に稲穂がなかったために、
稲穂に似ているススキをお供え物としています。

地域によってはススキではなく、
本来の稲穂をお供え物として飾っていることがあります。
稲穂をお供えすることは間違いではなくむしろ正しいと言えるかもしれません。

ススキには魔除けの効果があると言われています。
お月見が終わった後にお供えしたススキを門などに飾ると、
1年間病気をしないとも言われています。



スポンサーリンク


お月見をするのはいつ?

お月見をする日はいつなのでしょうか。
実はお月見をする代表的な日は年に2回あります。
それが中秋の名月と言われる十五夜と十三夜です。

十五夜は有名ですよね。
十五夜お月さんといいますからね。
子供でも知っているフレーズになります。

十五夜は旧暦の8月15日で、
十三夜は旧暦の9月13日です。
現在の日付にすると年によって日にちは変わってきます。

十五夜 十三夜
2015年 9月27日 10月25日
2016年 9月15日 10月13日
2017年 10月4日 11月1日
2018年 9月24日 10月21日
2019年 9月13日 10月11日
2020年 10月1日 10月29日

お月見はアジアの様々な国であります。
しかし十三夜のお月見は日本独自の習慣です。
昔は十五夜にお祝いしたら十三夜もお祝いしなければ縁起が悪いとも言われていました。

十五夜と十三夜の他にも十日夜(とおかんや)というものもあります。
月見がメインではないのですが、
十日夜の月がその年の収穫の終わりを告げるもので収穫祭をする地域もあります。

お月見泥棒って?

お月見の時期にはお月見泥棒の風習がある地域もあります。
お月見泥棒って聞いたことない人はなんだって思いますよね。
お月見のお供え物を子供たちが盗っていく風習です。

子供たちが近所の家を周り、
家の人に気付かれないようにお月見のお供え物を盗っていきます。
もちろん泥棒はいけないことなのですが、
この日ばかりは許されるんです。
大人が気がついたとしても気が付かないふりをします。

お月見泥棒の風習は子供も含めて収穫を祝おうとするものです。
現在でもお月見泥棒の風習が残っている地域があります。

まとめ

お月見の意味を簡単に説明してみました。
詳細までは覚えておけないかもしれませんが、
お月見はお月様に秋の収穫を感謝する日というのは覚えておきましょう。
お子さんにお月見の意味を聞かれたら簡単に教えてあげてください。

お月見のお団子は買ってきてもいいですが、
家族で作ってみるのもいいかもしれませんね。
その方がお月見も馴染み深いものになりますし、
月見団子もおいしく頂くことができるでしょう。

昔から月にはパワーがあると言われています。
満月の月は特にパワーが強いです。
1年に1度でもお月見をして見てはいかがでしょうか。
もしかするといいことが起こるかもしれません。



スポンサーリンク


 

 - 行事・イベント ,