メロンパンフェスティバル2017チケット!当日券や会場の場所は?

2017年5月21日

2017年もメロンパンフェスティバルが開催されます。
えっ、メロンパンフェスティバルって以前も開催されたことがあるの?と思った人もいるでしょう。
実は密かに開催されているんですよね。
メロンパンフェスティバルに訪れる来場者数も徐々に増えてきています。
美味しいメロンパンが食べられるのでメロンパン好きの人は必見のイベントです。


スポンサーリンク

パンの中で1番好きなのがメロンパンなんですよね。
ふっくらした中の部分とカリカリの外の部分の絶妙な組み合わせが美味しすぎます。
メロンパンの中にクリームが入っているのも美味しくてたまりません。
メロンパンフェスティバル2017のチケットについて紹介します。
メロンパンフェスティバル2017のチケットの当日券などはあるのでしょうか。
会場の場所や日程なんかも紹介しますね。

 

メロンパンフェスティバル2017のチケット

メロンパンってどうしてこんなに美味しいんでしょうね。
普通にコンビニやスーパーで売っているメロンパンも美味しいですからね。
最近ではメロンパンの皮の部分だけの商品もありますし。

 

メロンパンってお店によって結構味も違ってくるんですよね。
従来のメロンパンだけでなく中にクリームが入っているメロンパンもあります。
私も好きなのでいろいろと食べてみているのですがどれも美味しいです。
メロンパンには外れがないのではと思うほどです。

 

メロンパン好きにたまらないイベントがメロンパンフェスティバルです。
まだそこまで有名なフェスではないのですが2014年から毎年開催されています。
2017年もメロンパンフェスティバルが開催されることが発表されました。

 

メロンパンフェスティバルの規模も拡大してきているんですよね。
2014年には来場者数300人というフェスとしてはあまり人が集まっていませんでした。
しかし2016年には1500人の来場者数となっています。

 

メロンパンフェスティバルに出品されるメロンパンの種類も増えてきました。
2014年は12種類でしたが2016年は43種類です。
色々なメロンパンを食べられるのはありがたいことですね。

 

メロンパンフェスティバル2017に参加するにはチケットが必要です。
チケットがいるっていうことは入場料がかかるのかと思った人もいるでしょう。
メロンパンフェスティバル2017ではチケットは必要ですがチケット代は無料です。

 

メロンパンフェスティバル2017に参加する場合は事前にチケットを入手しましょう。
メロンパンフェスティバル2017のHPからチケットを申し込むことができます。
>>http://melonpanfes2017tokyo.peatix.com/

 

チケットについては1時間毎に区切られています。
入場券のチケットがないと会場に入ることができないので注意が必要です。

 

メロンパンフェスティバルのチケットについては1人ずつ申し込む必要があります。
友達と一緒に行く際にもそれぞれチケットを申し込まなくてはいけません。
自分の分しか申し込んでいないという場合は入場できないので気をつけましょうね。

 

メロンパンフェスティバル2017のチケットは時間指定です。
もし時間に間に合わないという場合はキャンセル扱いになります。
ですので当日は時間厳守ということになります。

 

どの時間帯がいいかというと早ければ早い時間のチケットの方がいいです。
というのも数量限定だったり人気のメロンパンは売り切れてしまうこともあります。
早めの時間のチケットを入手して売り切れる前にメロンパンをゲットしましょう。

 

メロンパンフェスティバル2017のチケットは早めに申し込んでおくのがいいでしょう。
もしかするとすぐにチケットは売り切れ状態になるかもしれません。
今年のメロンパンフェスティバルも多くの人が訪れる可能性が高いですからね。

 


スポンサーリンク

メロンパンフェスティバル2017のチケットに当日券はある?

メロンパンフェスティバル2017のチケットは事前に申し込んでおく必要があります。
しかし行けるかどうか当日までわからない場合もあるでしょう。
そこで気になるのがメロンパンフェスティバル2017のチケットに当日券はあるのかです。

 

基本的にメロンパンフェスティバル2017のチケットに当日券はありません。
事前申し込みでチケットは売り切れになるでしょう。
ですので当日に行きたくなったとしてもメロンパンフェスティバル2017に参加できない可能性が高いです。

 

もちろんメロンパンフェスティバル2017当日にまだチケットが申し込める状態であれば当日券で大丈夫です。
しかし人気も出てきたイベントなので当日券はあまり当てにしない方がいいかなと思います。
できる限り予定を調整して早めにチケットに申し込んでおきましょう。

 

当日券というのは基本的にないのですがどうしても当日行きたくなったという場合は行ってみるのもいいかもしれません。
というのもキャンセルなどがあるとメロンパンフェスティバル2017に入場させてくれることもあります。
ただし空きが出たら入場できるという感じなので長時間待たされることもあります。

 

基本的にはメロンパンフェスティバル2017に参加するならチケットを事前に入手しましょう。
当日行きたくなってもまずは申し込みページを見てみるのがいいと思います。
前日は売り切れでもキャンセルが出てチケットが入手できることもありますからね。

 

メロンパンフェスティバル2017の会場の場所や日程

メロンパンフェスティバル2017に行きたいけど会場の場所や日程ってどうなっているのでしょうか。
メロンパンフェスティバル2017の情報について調べてみました。

 

以下がメロンパンフェスティバル2017の会場の場所や日程になります。
会場:Arts Chiyoda
日程:2017年5月5日から5月6日
時間:13時から18時
住所:東京都千代田区外神田6丁目11-14
アクセス:東京メトロ銀座線「末広町」駅下車、4番出口から徒歩1分
     東京メトロ千代田線「湯島」駅下車、6番出口から徒歩3分
     都営大江戸線「上野御徒町」駅下車、A1番出口から徒歩6分
     JR「御徒町」駅下車、南口から徒歩7分
     JR「秋葉原」駅下車、電気街口から徒歩8分
     JR「御茶ノ水」駅下車、聖橋口から徒歩15分
地図:

 

メロンパンフェスティバル2017の会場の場所は「Arts Chiyoda」になります。
色々な駅から行きやすいのでいい場所ですね。
車で行くよりも電車を使って会場まで行くのがいいでしょう。

 

メロンパンフェスティバル2017の日程は5月5日と5月6日の二日間です。
ちょうどGWの真っ最中の日程で開催されます。
旅行とかには行かないけどなんかしたいなという人にはちょうどいいですね。

 

メロンパンフェスティバル2017で気をつけなくてはいけないのは支払い方法です。
メロンパンフェスティバル2017でメロンパンやグッズを買った時に現金やクレカは使えません。
全て電子マネーでの支払いになります。

 

メロンパンフェスティバル2017で使える電子マネーの種類は交通系マネーとnanacoと楽天Edyとwaonです。
最近は電子マネーも普及してきているのでなにか持っているでしょう。
SuicaとかPASMOを持っている人が多いので支払いで使いましょう。

 

メロンパンフェスティバル2017の会場では電子マネーのチャージはできません。
ですので会場に行く前に事前に電子マネーはチャージしておきましょう。
せっかく行ったのに残高不足だったということのないようにしたいですね。
3000円ぐらいはチャージしておくのがいいのではないでしょうか。

 

メロンパンフェスティバル2017はかなり混雑することもあります。
混雑した場合はメロンパン3個まで個数制限があることもあります。
ですのでチケットを申し込む際に混雑しそうな時間帯は避けたほうがいいかもしれません。

 

メロンパンフェスティバルは日本国内でも最大のメロンパンのイベントですからね。
これだけ全国のメロンパンが集まる機会もそうそうあったことではありません。
メロンパンが好きな人はメロンパンフェスティバル2017に行ってみましょう。
いままで食べたことがないメロンパンに出会えるかもしれません。

 

まとめ

メロンパンフェスティバル2017のチケットについてでした。
メロンパンフェスティバル2017は事前に時間指定のチケットを申し込む必要があります。
友達と行く場合もそれぞれチケットに申し込む必要があるので注意してください。

 

メロンパンフェスティバル2017の当日券のチケットは基本的にありません。
当日にチケットが申し込める状態であれば当日でも問題ありません。
チケットはないけど会場に行った場合はキャンセルなどがあると入場できることもあります。
ただしかなり待つことになる可能性もあるので事前にチケットは申し込んでおきましょう。

 

メロンパンフェスティバル2017の会場の場所や日程も紹介しました。
メロンパンフェスティバル2017の会場の場所は「Arts Chiyoda」です。
日程はGW中ということで遠出しない人にはいい日程ですね。

 

メロンパンが大好きという人はメロンパンフェスティバル2017に行ってみてはいかがでしょうか。
日本中の美味しいメロンパンが集合しますからね。
もしかするといままで食べたことがないメロンパンに出会えるかもしれませんね。


スポンサーリンク

 

スポンサーリンク