Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

勤労感謝の日の意味を子どもに教えるには?

   

068

11月の祝日に勤労感謝の日があります。
毎年11月23日が勤労感謝の日ですよね。
勤労感謝の日の本当に意味ってご存知でしょうか。
そんなの働いている人に感謝する日でしょ?
と思っている人も多いでしょう。



スポンサーリンク


現在の勤労感謝の日は働いている人に感謝する日でも間違いではありません。
しかし勤労感謝の日の本当の意味は違うんです。
子どもに勤労感謝の日の意味を聞かれた時に正しく教えてあげましょう。
そのためにはまずは大人が勤労感謝の日の本当の意味を知る必要がありますね。

 

勤労感謝の日の意味

勤労感謝の日にはいつも頑張って働いてくれている旦那さんや奥さんに、
感謝の意味を込めてプレゼントを贈る人もいるでしょう。
お父さんやお母さんにプレゼントしたことがある人や、
子どもから絵や肩たたき券なんかを貰った人もいると思います。

勤労感謝の日といえば日頃働いている人に感謝をする日となっています。
しかし本来の勤労感謝の日の意味はちょっと違ってきます。

国民の祝日に関する法律である祝日法では以下のように記載されています。
「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」
※たつとびとは尊びのこと

さすが祝日法ですね。
言葉が堅いですが何となく意味はわかります。

「勤労をたつとび(尊び)」という部分に注目してください。
この言葉を働いている人に感謝をすると捉えている人が多いです。
勤労感謝の日は働いている人に感謝をする日だと思われている所以かもしれません。

実は仕事をしている人に感謝をするという意味ではなく、
仕事ができることに感謝をしてこれからも励みましょうという意味です。
働いている人自身が働けることに感謝をするということになります。
本来の勤労感謝の日の意味だと働いている人に感謝をするのとは違います。

とは言え現在の勤労感謝の日は働いている人に感謝をする意味合いが強いですよね。
勤労感謝の日のプレゼント特集なんかもありますからね。
本来の意味を知りつつ働いている人に感謝をするのがいいのではないでしょうか。

 

勤労感謝の日の歴史

勤労感謝の日には歴史があります。
元々は勤労感謝の日という祝日ではなかったんです。
勤労感謝の日は元々は新嘗祭(にいなめさい)というお祭りでした。

新嘗祭とは天皇と国民が一緒に収穫に感謝をする日です。
日本は昔農業が盛んな国でしたからね。
現在でも収穫を祝うお祭りは様々残っています。

新嘗祭は飛鳥時代の天皇から始められたと言われています。
それだけ歴史のあるお祭りでした。
宮中では最も重要な祭祀とされているんです。

しかし戦後日本はGHQの支配下となります。
GHQは日本国民が天皇を崇拝することを恐れたため、
天皇が関係する行事を廃止していきました。

天皇と国民の関係を切りたかったんですね。
そのため新嘗祭は天皇のみのお祝いごととなります。
新嘗祭に変わるものとして勤労感謝の日を作ります。

勤労感謝の日は元をたどると新嘗祭だったんです。
意味合いがちょっと変わってきますよね。

勤労感謝の日が11月23日になっていますが深い意味はないとされています。
新嘗祭が開催されるのが1872年までは旧暦11月の2回目の卯の日でした。
ですから日付は毎年変わっていたんです。
1873年から太陽暦が導入され新暦11月の2回目の卯の日に行われることになりました。
この日が11月23日だったためその後も日付が固定されているんです。

「勤労感謝の日」という名称にもアメリカが関係しています。
アメリカにはレイバー・デーという労働者の日と、
サンクスギビング・デーという感謝祭の日があります。
この2つの言葉を組み合わせて「勤労感謝の日」という名称になりました。

勤労感謝の日にこのような深い歴史があったことを知っている人も少ないでしょう。
学校の授業でも習いませんよね。
歴史を知ると勤労感謝の日も感慨深いものになります。

 



スポンサーリンク


勤労感謝の日を子どもに教えるには

勤労感謝の日の意味についてわかってきたと思います。
しかしこれを子どもに教えても理解できないでしょう。
話が難しくてはてなマークがいっぱいになると思います。

勤労感謝の日の意味を子どもに教えるにはどうすればいいでしょう。
嘘を子どもに教えるわけにはいきませんからね。

まず昔は収穫祭のお祭りだったんだよーって教えてあげましょう。
そのお祭りが変わって勤労感謝の日になったことを教えてあげるのがいいでしょう。

子どもと一緒に将来なりたい仕事とかを話すのもいいですね。
こういう仕事もあるんだよってことを教えてあげるのもいいでしょう。
そして働くことの大変さと大切さなんかも伝えたいものです。

お金についても子どもに教えてあげるのもいいですね。
働くことによってお金がもらえるということやお金の大切さについてです。
お金は生きていくために大切な物ですが学校では教育されませんからね。

働いてくれているお父さんやお母さん、
周りの人に感謝する気持ちも教えたいですね。

勤労感謝の日の意味を子どもに教えても全ては理解できないかもしれません。
しかし将来の仕事の事などを話すのはいいことです。
少しずつ子どもに教えていきましょう。

 

まとめ

勤労感謝の日の意味を子どもに教えるにはどうするかについてでした。
子どもに教える前に私達が勤労感謝の日の意味を知らないといけませんからね。
勤労感謝の日について知らなかったことがかなりありました。

現在の勤労感謝の日と本来の勤労感謝の日の意味は少し違います。
さらに勤労感謝の日の歴史を見るとこれまた違ったものになります。

勤労感謝の日の歴史と本来の意味を知ったうえで、
働いている人に感謝の気持ちを贈ってみてはいかがでしょうか。
感謝の気持ちを物に変えてもいいですし、
言葉や手紙で伝えるのもいいでしょう。

子どもにもきちんと勤労感謝の日の意味を教えてあげましょう。
将来どのような仕事をしたいのかを話すにはいい日ですからね。
もしかするとその会話がきっかけとなって、
子どもがなりたい職業に気がつくかもしれません。



スポンサーリンク


 

 - 行事・イベント ,