河津桜を三浦海岸で見る時の駐車場!屋台やライトアップは?

「早く桜が満開になる春にならないかなー」
そう思っている人も多いでしょう。
やはり桜の花って綺麗ですもんね。
春になるまで待っていられないという人にとっては河津桜がいいですよ。
一般的な桜の花であるソメイヨシノよりも河津桜が方が早く咲きます。



スポンサーリンク


関東でも桜の名所は各地になりますが河津桜の名所というと三浦海岸でしょう。
夏に海水浴で三浦海岸に行くという人は多いと思いますが意外にも河津桜も綺麗なんです。
河津桜の名所なだけあってかなり多くの人が訪れます。
河津桜を三浦海岸で見る時の駐車場が気になりますね。
三浦海岸の桜まつりの屋台やライトアップはどうなのでしょうか。

 

河津桜を三浦海岸で見る時の駐車場

桜の花が咲くのは春の印象が強いですよね。
一般的な桜の花はソメイヨシノという種類の桜です。
全国的に観賞用の桜として植えられています。

 

ソメイヨシノの開花は関東では3月下旬から4月上旬が多いですよね。
桜が満開になってから1週間から2週間ほどで散ってしまします。
儚い感じもいいんですけどね。

 

しかし河津桜は違います。
ソメイヨシノよりも咲く時期が1ヶ月から2ヶ月ほど早いんです。
河津桜が開花するのは1月下旬頃からですが3月上旬頃まで花が残っています。
河津桜が見頃を時期を迎えるのは2月中旬から2月下旬です。

 

もちろん年によって河津桜も開花の時期や見頃の時期は若干ずれたりもします。
しかしソメイヨシノと比べると長い期間河津桜の花を楽しむことができます。

 

河津桜の名所は全国にいくつもあります。
関東にも綺麗な河津桜を見ることができる場所がありますが名所と言ったら三浦海岸は外せません。
三浦海岸の河津桜を毎年見に行っている人もいるでしょう。
これから初めて見に行くという人もいると思います。

 

三浦海岸では河津桜の桜まつりが毎年開催されます。
2月上旬から3月上旬までの1ヶ月間開催されることが多いです。
大体2月の第2土曜日から三浦海岸の桜まつりは始まります。

 

車を使って三浦海岸の河津桜を見に行こうかなという人も多いですよね。
そんな時に気になるのは駐車場です。
三浦海岸に河津桜を見に行く際に駐車する駐車場はあるのか。
駐車場があるとしたら混雑はどんな具合なのかですよね。

 

河津桜の三浦海岸桜まつりが開催されている期間は臨時の駐車場ができます。
臨時駐車場の場所は2ヶ所です。
1つが京急三浦海岸駅の前でもう1つが京急三浦海岸駅と小松ヶ池公園の間です。

 

駐車場の台数ですが京急三浦海岸駅前は300台です。
京急三浦海岸駅と小松ヶ池公園の間の駐車場は150台となっています。
合計しても駐車場は450台ほどのキャパということになります。

 

450台停められるなら大丈夫と思うかもしれません。
しかし河津桜を見に三浦海岸には多くの人が訪れます。
正直これだけの駐車場のキャパでは到底入りきれないほどです。

 

特に土日祝日などはすぐに駐車場は満車になります。
三浦海岸まで車できたのに駐車場が空いていないということも考えられます。
できれば車ではなく電車を使った方がいいかなと思います。

 

どうしても車で行きたい場合は早めの時間に行ったほうが駐車場は空いています。
臨時駐車場の営業時間は9時30分から16時30分です。
営業開始と同時に駐車場に入るぐらいの気持ちのほうがいいでしょう。

 

あと注意しなくては行けないのは悪天候の日です。
臨時駐車場は雨天時には閉鎖されることがあります。
十分に注意しましょう。

 

臨時駐車場が満車の時は通常のパーキングも三浦海岸駅の近くにあります。
三浦海岸駅前にも3ヶ所ぐらいパーキングがあります
パーキングも土日祝日などは満車になってしまう可能性が高いので注意が必要です。

 



スポンサーリンク


三浦海岸の河津桜の桜まつりのテント村と屋台

三浦海岸の河津桜の桜まつりでは屋台も出るんです。
屋台とは別にテント村と呼ばれる売店もあります。
河津桜を見るだけで終わりというわけではないんです。

 

三浦海岸のテント村は京急三浦海岸駅前に設置されます。
桜まつり期間中は三浦海岸の特産品なんかが売られています。
もちろん美味しいものもたくさんありますよ。

 

三浦海岸というと三崎まぐろを思い浮かべる人も多いでしょう。
私も食べたことがありますがものすごい美味しいです。
三浦海岸のテント村でも三崎まぐろの定食なんかを食べることができちゃいます。

 

他にも生しらすやキンメダイなんかも食べることができます。
やはり海の幸が多いですね。
珍しいものだと桜どら焼きなんかも販売しています。

 

小松ヶ池周辺も河津桜は綺麗なのですがここには屋台もでます。
桜まつりですからね。
フランクフルトとかたこ焼きとか屋台のメジャーな食べ物は揃っている感じです。
ちょっとお腹が空いたなというときは屋台で買って食べるのもいいかもしれませんね。

 

三浦海岸桜まつりのライトアップ

河津桜の三浦海岸の桜まつりでは夜にライトアップも実施されます。
ライトアップされる場所は駅前と京急線沿線になります。
ライトアップの時間は年によって若干変わる可能性もあるので注意してください。

 

三浦海岸駅前のライトアップは桜まつり期間中の17時から21時までです。
基本的に駅前は毎日ライトアップされるのは嬉しいですね。

 

京急線沿線のライトアップは桜まつり期間中ですが全ての日ではありません。
約20日間のライトアップとなり時間は17時30分から20時30分ぐらいまでです。
悪天候の場合は京急線沿線のライトアップは中止になることもあります。

 

三浦海岸の河津桜は昼間も綺麗です。
しかしライトアップされた夜も綺麗なんですよね。
昼間と夜の両方の河津桜を楽しむのがいいと思います。

 

個人的に好きなのが河津桜と京浜急行の電車のコラボです。
河津桜はピンクの花なのですが京浜急行の電車は赤いんです。
河津桜の花の奥を赤い京浜急行の電車が走る様子はかなり絵になりますよ。

 

ライトアップされる夜も河津桜と京浜急行の電車の様子は美しいです。
周りが暗くて河津桜の花がライトアップされ電車の明かりもある光景。
電車が通ったらシャッターチャンスかなと思います。

 

三浦海岸桜まつりへのアクセス

河津桜が綺麗な三浦海岸桜まつりの場所やアクセスを紹介します。
河津桜は三浦海岸駅前から小松ヶ池公園までになります。
小松ヶ池の周りにも河津桜が咲いていますよ。

 

以下が三浦海岸桜まつりへのアクセスです。
場所:三浦海岸駅から小松ヶ池公園
アクセス:(電車)京浜急行「三浦海岸」駅下車、徒歩約10分
     (車)佐原ICから国道134号線を経由し三浦海岸へ
地図:

 

三浦海岸桜まつりでは臨時駐車場が開設されます。
しかし駐車場のキャパはそれほど広くなく満車になる可能性が高いです。
そのため車ではなく電車で行くのがいいのかなと思います。

 

三浦海岸駅から小松ヶ池公園までは徒歩で10分程です。
河津桜を見ながらゆっくり散歩する感じがいいのではないでしょうか。
お腹が空いたら三浦海岸駅前のテント村で食事を食べることができます。

 

まとめ

河津桜を三浦海岸で見る時の駐車場についてでした。
三浦海岸桜まつり開催中は臨時駐車場が開設されます。
2箇所で合計450台ほどの駐車場になります。

 

三浦海岸桜まつり期間中は臨時駐車場はあるもののキャパはそこまで広くありません。
満車の時は近くのパーキングに停める必要があります。
土日祝日などはパーキングも満車になる可能性もあるので注意が必要です。

 

車で三浦海岸の河津桜を見に行くのもいいですが個人的には電車のほうがいいと思います。
駐車場が満車でぐるぐる周ったり空くのを待っているのって嫌ですもんね。
電車で行ける人は電車で行くようにしましょう。

 

河津桜の三浦海岸桜まつりではテント村と呼ばれる売店や屋台もでます。
テント村では美味しいマグロなんかを食べることができます。
屋台はこれぞお祭りという感じのフランクフルトなどが揃っています。
お腹が空いたらテント村や屋台で買って食べるのもいいでしょう。

 

三浦海岸の桜まつりでは夜にライトアップされます。
ライトアップされる場所は三浦海岸駅の前と京急線沿線です。
昼間の河津桜も夜にライトアップされた河津桜も綺麗です。
時間があれば両方共楽しむのがいいのではないでしょうか。

 

河津桜は春まで待たなくても桜を楽しめます。
一足先に河津桜でお花見をしてみるのはいかがでしょうか。
春は花粉症がひどくてお花見できない人にも河津桜ならいいかもしれませんね。



スポンサーリンク


 


PAGE TOP