伊豆の河津桜が見頃の時期は?人気の場所やアクセス!

2017年5月20日

普通の桜は春に満開になりますがその前に楽しめる桜というと河津桜ですよね。
日本各地に河津桜が有名な場所がありますがその中でも名所というと伊豆でしょう。
というのも河津桜が発見されたのは伊豆半島なんです。
伊豆半島には河津駅もあるほどですからね。
ぜひとも伊豆の河津桜を楽しみたいものです。



スポンサーリンク


伊豆と言ったら海の幸も美味しいですよね。
温泉も有名なので河津桜を見に伊豆旅行というのもいいかもしれません。
伊豆の河津桜の見頃の時期っていつごろなのでしょうか。
河津桜の河津桜が人気の場所やアクセスも紹介します。
本格的な春が訪れる前に桜を楽しむのもいいものですよ。

 

伊豆の河津桜が見頃の時期

一般的に日本に多い桜はソメイヨシノです。
通常であれば春に桜の花が開きますよね。
満開になるのは4月ぐらいでしょう。
少し開花が早かったとしても3月中旬ぐらいです。

 

しかし河津桜はソメイヨシノよりもかなり早い時期に開花します。
春までお花見を待てないという人にとっては河津桜はいいですよね。

 

そんな河津桜が綺麗な名所が伊豆です。
元々河津桜が発見されたのは伊豆なんです。
どうやら偶然河津桜の原木を発見したようなんですよね。

 

気になるのは伊豆での河津桜の見頃の時期です。
普通の桜よりも開花が早いということですが伊豆の河津桜はいつごろに開花し見頃を迎えるのでしょうか。

 

伊豆の河津桜の開花は1月下旬頃からとなります。
伊豆の河津桜の見頃の時期は2月中旬から2月下旬ということになります。
3月上旬から中旬までは河津桜を楽しむことができます。

 

桜は開花時期は年によって若干のズレがあります。
その年の気候などが関係してくるので仕方ないことでしょう。
そのため開花予想も難しいんですよね。

 

しかし河津桜が開花し始めるのはだいたい1月下旬頃からと言われています。
徐々に桜の花が開き始め満開になるのは2月中旬頃です。

 

ソメイヨシノと比べると河津桜は1ヶ月以上早い開花となります。
年が明けてしばらくすると河津桜は開花しますからね。
時期的にはまだ寒いですが雪と河津桜の美しい光景なんかも見ることができる可能性があります。

 

河津桜は花が咲いている期間も結構長いんです。
ソメイヨシノなんかは1週間とか2週間で散ってしまいますよね。
しかし河津桜の場合は1ヶ月程度楽しむ期間があります。

 

そのため2月上旬から3月上旬の約1ヶ月間に伊豆では河津桜まつりなんかも開催されます。
毎年多くの来場者が伊豆の河津桜を楽しんでいます。
一足早い春を感じることができるのが河津桜のいいところでもありますね。

 



スポンサーリンク


伊豆の河津桜が人気の場所とアクセス

河津桜の名所である伊豆ですが色々な場所で河津桜を見ることができます。
河津桜を見に伊豆を訪れる人も多いですしね。

 

伊豆の中でも河津桜が人気の場所はどこなのでしょうか。
人気があるということは河津桜が綺麗に見える場所だったりしますからね。
できれば綺麗に河津桜が見える場所で楽しみたいものです。

 

伊豆の河津桜が人気の場所やアクセスは以下です。

河津桜まつり

毎年2月10日から3月10日に開催されている河津桜まつりは人気があります。
基本的には毎年同じ日程で開催されているのですが年によっては若干変わってくるかもしれません。
伊豆の河津桜を観賞するなら河津桜まつりは外せませんね。

 

河津桜まつりには毎年100万人近くの人が訪れます。
多い年だと150万人から200万人の人が訪れることもあるとか。
それだけ人気がある河津桜のスポットということですね。

 

河津桜まつりは開催期間は約1ヶ月と長いおまつりなんです。
あまりお祭りで1ヶ月もの期間開催されるものも少ないでしょう。
河津桜が咲いている期間が長いため河津桜まつり自体の開催期間も長いものとなります。

 

河津桜の本数は全部で約8000本で河津川沿いには約800本が植わっているそうです。
河津桜まつり期間中は夜にライトアップもされます。
伊豆の中でも素晴らしい河津桜が見れる人気の場所です。

 

河津桜まつりへは車で行くこともできます。
駐車場もありますが有料です。

 

河津桜まつり開催期間中はかなり混雑します。
ですのでできるだけ電車で行った方がいいでしょう。
駐車場が満車でしばらく待たなくてはいけなくなりますからね。

 

河津駅周辺から河津川沿いに河津桜が植わっています。
約3キロに渡って素晴らしい河津桜を見ることができます。
伊豆に河津桜を見に行くなら河津桜まつりは必見ですね。

 

河津桜まつりの場所やアクセスは以下です。
場所:河津駅から河津川周辺の約3キロ
アクセス:(電車)スーパービュー踊り子号または特急踊り子号で河津駅下車
         伊豆急行で河津駅下車
         伊豆箱根鉄道で修善寺駅で下車し、バスで河津駅まで約1時間30分
     (車)熱海から河津まで約1時間20分
        沼津ICから修善寺を経由し河津まで約1時間30分
地図:

 

みなみの桜と菜の花まつり

南伊豆で開催されるみなみの桜と菜の花まつりも河津桜が綺麗に咲き乱れます。
おまつりの日程毎年だいたい2月10日から3月10日です。
河津桜まつりと同じ日程で開催されています。

 

下賀茂温泉という温泉があるのですがそばに青野川という川が流れています。
青野川沿いに河津桜が綺麗に咲きます。
さらに菜の花も同時に咲くのでピンクと黄色の花のコントラストが素晴らしいんです。

 

みなみの桜と菜の花まつりの開催期間中は夜にライトアップされます。
菜の花と河津桜がライトアップされている風景はまさに幻想的です。

 

みなみの桜と菜の花まつりでは様々なイベントも開催されます。
おもしろいのが結婚式なんです。
菜の花畑の中で1組限定で結婚式を挙げることができるんです。
周りの人にも祝福されて幸せな1日をおくることができそうですよね。

 

他にも夜桜マラソンなんかも開催されます。
本気のマラソンというよりは夜のライトアップされた河津桜を見ながら走りましょうという感じです。

 

みなみの桜と菜の花まつりの場所やアクセスは以下です。
場所:道の駅下賀茂温泉湯の花周辺と青野川沿い
アクセス:(電車)スーパービュー踊り子号または特急踊り子号で伊豆急下田駅からバスで南伊豆または九条橋で下車
     (車)厚木ICから小田原・熱海・修善寺・下田を経由し南伊豆へ
        沼津ICから修善寺・下田を経由し南伊豆へ
地図:

 

伊豆の中でも河津桜が人気の場所を2ヶ所紹介しました。
他にも伊豆には河津桜が綺麗な場所もあるでしょう。
しかし代表的な人気の場所といったら上記の2箇所になります。

 

エリア的には東伊豆の河津周辺と南伊豆エリアということになりますね。
河津桜のまつりはどちらも同じ時期に開催されているので両方いってみるのもいいかもしれません。
そこまで距離が離れているわけではありませんからね。

 

伊豆には気持ちのいい温泉もありますし海の幸も美味しです。
伊勢海老とかも有名ですよね。
伊豆旅行も兼ねて河津桜を見に行くのがいいかもしれませんね。

 

どちらの河津桜も本当に素晴らしいです。
ただし多くの観光客が訪れるのでできれば車ではなく電車がいいのかなと思います。
特に土日祝日などは車で行くと駐車場が満車ということもありますからね。

 

伊豆高原辺りだと3月中旬から4月上旬に河津桜ではありませんが桜が咲きます。
ソメイヨシノの桜並木なんかもあるので河津桜に間に合わなかった場合はいいかもしれませんね。

 

まとめ

伊豆の河津桜の見頃の時期についてでした。
伊豆の河津桜の見頃の時期は2月中旬から2月下旬になります。
しかし河津桜が咲くのは1月下旬から3月上旬です。
ソメイヨシノと比べると河津桜は長く咲いてくれるのでいいですね。

 

伊豆の河津桜の人気の場所とアクセスを紹介しました。
東伊豆と南伊豆に河津桜が綺麗に見れる場所があります。
電車であればスーパービュー踊り子号などで行くことができますよ。

 

車で行くのもいいのですが休日は混雑が予想されます。
駐車場もありますが満車になっている可能性もあるので注意が必要です。
個人的には車よりも電車で行った方がいいのかなと思います。

 

旅行も兼ねて伊豆に河津桜を見に行ってみてはいかがでしょうか。
河津桜を見て温泉に入って美味しい食事をするなんて贅沢ですよね。
心と体を癒やしに行くのに伊豆はいい場所でしょう。



スポンサーリンク


 

関東

Posted by various


PAGE TOP