Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

インフルエンザ2016-2017の流行が早い!今年の型はなに?

   

227

冬に流行する病気と言えばインフルエンザですよね。
毎年必ずと言っていいほど流行してしまいます。
2016-2017の秋から冬にかけてはインフルエンザが流行するようです。
できれば流行しないでほしんですけどそうもいかないみたいです。
自分だけでなく周りの人にも注意してほしいですね。



スポンサーリンク


インフルエンザの流行が止まる日はくるのでしょうか。
2016-2017のインフルエンザは流行が早いと言われています。
実際にすでにニュースでも取り上げられていますよね。
今年のインフルエンザの型はなにが流行するのでしょうか。
いままでインフルエンザになったことがない人も今年は注意が必要です。

 

インフルエンザ2016-2017の流行が早い

2016-2017のインフルエンザの流行がいつもよりも早いようです。
確実に去年よりは流行が早くなっています。
というのもニュースで報道されていますからね。

 

今年のインフルエンザの流行は11月7日時点で昨年の4.7倍も早いようなんです。
特に岩手県と福井県はインフルエンザの流行が早く、昨年に比べて2ヶ月も早いペースです。

 

岩手や福井じゃないから大丈夫とはいきません。
全国平均でも昨年よりも早いペースでインフルエンザが流行しています。
12月中旬ぐらいのインフルエンザ患者がすでにいるみたいなんですよね。

 

年齢で言うと高齢者にインフルエンザの感染者が多いです。
60歳以上の人がインフルエンザ患者の6割以上となっています。
やはり体力的な面でインフルエンザに感染しやすいのかもしれません。

 

現在インフルエンザに感染している人は高齢者が多いのですが、
決して若い人は大丈夫ということでもないんです。
子供達の年齢でもインフルエンザが流行しています。

 

というのもすでに小中学校ではインフルエンザの影響で学級閉鎖や学年閉鎖を実施している学校があります。
昨年よりも1ヶ月程早い対応のようです。
やはり2016-2017のインフルエンザの流行はかなり早いようです。

 

自分はインフルエンザになったことがないから大丈夫と思っていませんか?
確かにインフルエンザになったこがない人は結構な人数いるでしょう。
しかしいままでなったことがないから今年もならないとは限りません。

 

これまでたまたまインフルエンザにならなかっただけかもしれません。
ある程度の年齢になってから初めてインフルエンザになる人もいますからね。
あなたも十分に気をつける必要があります。

 

できればインフルエンザの予防接種を受けたほうがいいでしょう。
インフルエンザの予防接種を受ければ確実にインフルエンザにならないというわけではありません。
しかしインフルエンザにかかりにくかったり、もしインフルエンザにかかっても症状が軽くなることが期待できます。

 

インフルエンザになると仕事を休まなくてはいけませんし、周りの人に移してしまう可能性もありますからね。
今年のインフルエンザの流行が早いので早めの対処が必要です。

 



スポンサーリンク


今年のインフルエンザの流行する型

インフルエンザには様々な型があるのはご存知でしょう。
A型インフルエンザとかB型インフルエンザなんて言葉を聞きますよね。
このインフルエンザの型は毎年変わってきます。

 

今年のインフルエンザの型はなにが流行するのか気になるところですね。
今年はいまのところインフルエンザAH3亜型(A香港型)が流行しています。
他の型のインフルエンザウイルスと比べると圧倒的に多いんです。

 

インフルエンザの型の中でもA型は流行しやすいと言われています。
インフルエンザA型は感染力が強いようなんです。
インフルエンザの型の中でもA香港型は体調に現れやすい型のようなんですよね。

 

インフルエンザのA香港型は38℃以上の熱が出て、頭痛や咳や節々の痛みなどの症状があります。
他にも嘔吐や下痢などの症状もでます。
これぞインフルエンザの症状というのがA香港型ですね。

 

インフルエンザA香港型は重症化しやすいとも言われているんです。
特に子供や高齢者になると免疫力が低かったり体力が少なかったりしますよね。
このような場合はインフルエンザが重症化する可能性があります。

 

インフルエンザが重症化すると肺炎や脳炎になることもあります。
かなり危険な状態になる場合もあるので注意が必要です。

 

今年のインフルエンザで現在のところ流行しているのはA香港型ですが、
インフルエンザAH1型(ソ連型)やインフルエンザB型の感染も確認されています。
他にもA香ソ連型と言われる2009年に新型インフルエンザと言われた型の流行も懸念されています。

 

どの型のインフルエンザもかなり体がつらい状態になります。
いつもと体の調子が悪いなと思ったらすぐに病院に行ってお医者さんに診てもらいましょう。

 

インフルエンザの予防接種はもう遅い?

インフルエンザの予防接種は毎年10月頃から開始されています。
2016-2017のインフルエンザの流行が早いということは、インフルエンザ予防接種はもう遅いのかと思うかもしれません。

 

確かにすでにインフルエンザが流行してきているので若干遅い可能性があります。
しかしまだインフルエンザに感染していないのであればいまから予防接種を受けるのがいいでしょう。

 

インフルエンザ予防接種は遅すぎるとワクチンがなくなることもあります。
ですので気がついた時には早めに受けに行くのがいいでしょう。

 

インフルエンザ予防接種というと注射のイメージが多いですよね。
確かにいまでも注射で予防接種する病院が多いです。
しかし他の方法で予防接種を受けることもできます。

 

最近ではインフルエンザ予防接種を鼻に直接噴出するタイプがあります。
ただし年齢や持病などにより受けることができない場合もあります。
鼻からインフルエンザ予防接種をする際には十分に気をつけましょう。

 

今年のインフルエンザの流行が早いということで予防接種を早めに受ける人も増えています。
そうなるといつもの年よりワクチンが早く無くなってしまうことも考えられます。
まだインフルエンザ予防接種を受けていない場合は早めに受けたほうがいいでしょう。

 

まとめ

インフルエンザ2016-2017の流行が早いについてでした。
今年のインフルエンザの流行はかなり早いようです。
昨年の4.7倍ということですからね。

 

現時点では高齢者がインフルエンザに感染している人が多いですが、子供も徐々に増えてきています。
すでに小学校や中学校では学級閉鎖や学年閉鎖が実施されている学校があります。

 

今年流行するインフルエンザの型についても紹介しました。
2016-2017のインフルエンザの型はA香港型が流行する可能性が高いです。
現時点でも他の型のインフルエンザウイルスよりもA香港型が圧倒的に多くなっています。

 

インフルエンザ予防接種をまだ受けていない場合は早めに受けたほうがいいでしょう。
インフルエンザワクチンは数に限りがあります。
今年はインフルエンザの流行が早いため予防接種を早めに受ける人も増えています。
そうなるとインフルエンザワクチンがいつもより早めになくなる可能性があります。

 

インフルエンザになると本当にツラいですからね。
体が動きませんし少し体調が良くなっても外出できません。
自分だけでなく周りの人へ心配をかけますし移してしまう可能性もあります。

 

インフルエンザにならないように規則正しい生活と十分な睡眠を心がけましょう。
インフルエンザ予防にいつもの年以上に今年は気を使ったほうがよさそうですね。



スポンサーリンク


 

 - 健康・美容 ,