インフルエンザで学級閉鎖中の習い事や外出は?兄弟は?

2017年5月21日

インフルエンザが学校で流行すると学級閉鎖になることがあります。
学級閉鎖なので学校には登校させては行けないのは理解できます。
しかしここで疑問が出てきてしまうんですよね。
「インフルエンザで学級閉鎖中の習い事や外出はいいの?」
「インフルエンザで学級閉鎖になったけど兄弟はいつも通り過ごしていいの?」



スポンサーリンク


インフルエンザで学級閉鎖になった時の習い事や外出は悩みますよね。
子供はインフルエンザではないし体調もいつも通りです。
こんな時は習い事や外出をしても問題ないのでしょうか。
学級閉鎖となった子供以外の兄弟や姉妹の習い事や外出についても悩みますね。
インフルエンザで学級閉鎖中の習い事や外出について調べてみました。

 

インフルエンザで学級閉鎖中の習い事や外出

インフルエンザで学級閉鎖になるのは急に訪れる場合もあります。
事前にある程度わかっていれば何かしら対処をすることもできるでしょう。
しかしいきなり明日から学級閉鎖で学校に登校させてはいけないとなる場合も多いです。

 

子供を習い事に行かせている場合もありますよね。
ほとんどの家庭で何かしらの習い事を子供にさせていることが多いです。
インフルエンザで学級閉鎖になってしまった時に習い事に行かせるのはいいのでしょうか。

 

まずなぜインフルエンザで学級閉鎖になったのかが大切です。
学級閉鎖になるということはある程度クラスでインフルエンザが流行してしまっているということです。
つまり自分の子供ももしかするとインフルエンザに感染している可能性があるんです。

 

インフルエンザの潜伏期間は3日から4日のことが多いです。
いま子供にインフルエンザの症状が出ていない場合でも数日すると発症する可能性があります。

 

学級閉鎖になるということはこれ以上インフルエンザを流行させたくないためです。
クラスを超えて学年や学校全体でインフルエンザが流行してしまってはそれこそ大変なことになりますよね。

 

インフルエンザが子供の学校で流行しているということは近隣の地域で流行傾向にあるということも考えられます。
インフルエンザで学級閉鎖にするということは地域の状態も考慮しているためです。

 

これらのことからインフルエンザで学級閉鎖になった場合は習い事は行かせない方がいいでしょう。

 

子供がインフルエンザに感染しているけどまだ発症していない場合に習い事に行かせる。
→習い事の場所で子供のインフルエンザが発症し周りの人に感染させてしまう可能性がある。

 

子供はインフルエンザに感染していない場合に習い事に行かせる。
→近隣地域でインフルエンザが流行傾向にある可能性があるので習い事の場所で子供が感染する。

 

このように子供のクラスがインフルエンザで学級閉鎖になった場合に習い事に行かせるのはリスクが高いです。
習い事を休んだとしても1回分ですからね。
月謝がもったいななど思わず子供のことを第一に考えて習い事は休ませたほうがいいでしょう。

 

子供が自主的に習い事を休むと言ってきたら休ませたほうがいいですね。
中にはズル休みとかサボりといったことを親や習い事の先生などに言われた子供もいるようです。
しかしインフルエンザで学級閉鎖という場合は仕方ないですからね。

 

どうしても習い事に行かせたい場合は習い事の先生に相談するのがいいと思います。
学級閉鎖であっても許可してくれる場合もありますし他の子供とはできるだけ接触しない対応をしてくれる場合もあります。
個別指導なんかの習い事の場合は本人がインフルエンザを発症していなければ大丈夫なこともあります。

 

学校のクラスがインフルエンザで学級閉鎖になると学校から案内の手紙が渡されるでしょう。
そこには原則外出禁止などの記載があるはずです。
習い事に行かせたり外出させたばかりに子供がインフルエンザにかかってしまっては大変ですからね。

 



スポンサーリンク


学級閉鎖となった子供の兄弟や姉妹

クラスがインフルエンザで学級閉鎖になると原則外出禁止です。
ですので習い事なども休ませた方がいいというのは上述したとおりになります。
では兄弟や姉妹がいる場合はどうでしょうか。

 

1人の子供のクラスが学級閉鎖になっても兄弟や姉妹のクラスは学級閉鎖にならないことはよくあります。
その場合はもちろん兄弟姉妹は学校には行かせます。
まだ兄弟姉妹のクラスではそこまでインフルエンザが流行していないということですからね。

 

兄弟姉妹の習い事はどうでしょうか。
可能であれば学級閉鎖になった子の兄弟姉妹も習い事や外出は控えたほうがいいでしょう。
上述したように地域でインフルエンザが流行している可能性があります。
習い事や外出した際に兄弟姉妹もインフルエンザに感染する可能性がありますからね。

 

学級閉鎖のクラスの友達が遊びにくる場合

学校で学級閉鎖のクラスがありそのクラスの子が家に遊びにきたいと言っているとします。
子供の友達ですね。
そんな時はどう対処するのがいいのでしょうか。

 

基本的に学級閉鎖されたら外出は禁止です。
しかし学級閉鎖でも子供を遊びに行かせてしまう親御さんもいるでしょう。

 

そんな時はできるだけお断りする方がいいでしょう。
学級閉鎖となると子供の友達もインフルエンザにかかっている可能性があります。
もちろん遊びに行く元気があるということはインフルエンザはまだ発症していない状態です。
しかし学級閉鎖の意味を考えるとできるだけ接触させないのが懸命です。

 

なにか特別な理由がない限り家にくるのはお断りした方がリスクが減ります。
特別な理由とはその日じゃなければダメな理由ですね。
例えばその日を最後に子供の友達が引越してしまうとかです。

 

しかしそこまで特別な理由があることは稀です。
ですので子供の友達の親御さんに連絡し断るのがいいと思います。
学級閉鎖も1週間後には終わっているでしょうからね。

 

断るのも気を使った言い回しのほうがいいですね。
角が立つと今後の学校生活にマイナスになることもあります。
お断りの連絡をする際はやんわりと断りましょう。

 

習い事や外出をすると問題が起こる可能性も!

インフルエンザで学級閉鎖となっているのに習い事や外出をすると問題になることがあります。
学校側からは基本的に外出禁止と言われるはずですからね。
それを無視して習い事や外出をするとリスクがついてきます。

 

上述したように学級閉鎖中は地域でインフルエンザが流行していることが多いです。
習い事に行った先でインフルエンザに感染してしまうことも少なくありません。
せっかく学級閉鎖が終わったと思ったら子供がインフルエンザを発症してしまったという人もいます。

 

このような場合は担任の先生に説明を求められても仕方ありません。
先生に責められるようなことにもなるでしょう。

 

子供がインフルエンザを発症しているのに気がつかないで学校に行かせたとします。
家にいる時は元気でも学校に行っている間にインフルエンザが発症してしまうこともあります。
インフルエンザは感染力が強いためクラスで他の子供にうつしてしまう可能性が高いです。
そうなるとまた学級閉鎖となる可能性もあります。

 

このように学級閉鎖で習い事や外出させるのはリスクがかなりあります。
ですので原則は家の中で静かにさせていましょう。
どうしても外出させる用事がある場合はマスクを着用させる必要があります。

 

まとめ

インフルエンザで学級閉鎖中の習い事や外出についてでした。
学校からの案内に原則外出禁止と記載があると思います。
基本的には学級閉鎖中は習い事は休ませ外出もさせないようにしましょう。

 

どうしても外出する用事がある場合はきちんとマスクをさせてください。
インフルエンザの予防にもなりますからね。

 

インフルエンザで学級閉鎖になった子供の兄弟姉妹の習い事や外出についてもできるだけやめた方がいいでしょう。
学級閉鎖になるということは地域でインフルエンザが流行していることが多いですからね。
習い事の先や外出先でインフルエンザに感染する可能性があります。

 

インフルエンザは思っているより感染力が強いです。
大人の会社でも一気に広がることがありますし子供の学校では会社以上に広まる可能性があります。
十分に注意すべきですね。

 

インフルエンザに感染しないように子供にもきちんと言い聞かせる必要があります。
発症してしまったらできるだけうつらないようにもしなくてはいけません。
トラブルを避けるためにも学級閉鎖中は習い事や外出を控えるようにすべきですね。



スポンサーリンク


 


PAGE TOP