Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

ひな祭りのお祝いの金額の相場って知ってる?

   

117

3月3日はひな祭りですね。
桃の節句ともいいます。
行事の名前からも女の子っぽい感じがしますよね。
女の子の子供がいる人は楽しみでしょう。
初節句だという女の子のお子さんもいますしね。



スポンサーリンク


ひな祭りには雛人形を飾ります。
1年に1度だけですからね。
一緒に準備するのも楽しいものです。
中には孫や姪の初節句のひな祭りだという人もいるでしょう。
そんなひな祭りのお祝いの金額の相場ってどうなっているのでしょうか。

 

ひな祭りのお祝いの金額の相場

ひな祭りのお祝いといってもお祝い金を上げるのは初節句の時です。
毎年だとちょっと大変ですからね。
もちろん毎年上げてもいいですが貰った方もお返しをする必要があります。
そう考えると毎年ひな祭りのお祝い金を渡すのは止めた方がいいですね。

もちろんひな祭りのお祝い自体は毎年やっても問題ありません。
その時は女の子の子供にプレゼントなんかがいいかもしれませんね。
欲しいものや好きな食べものなんかがいいでしょう。

初節句のひな祭りのお祝いの金額ですが関係性によって変わってきます。
やはり関係性が近いほうがひな祭りの金額も多くなる傾向にあるんです。
他のお祝い金でも同じですよね。

基本的にはひな祭りのお祝い金は親戚が対象でしょう。
近い親戚関係ですね。
自分の孫とか姪が初節句のひな祭りの場合はお祝い金を渡す人が多いです。

ちょっと遠い親戚でも初節句のお祝いの会に呼ばれた場合は準備する必要があります。
しかし最近ではほとんどこういうことはないでしょう。
友人たちを集めて子供の初節句のお祝いをすつ場合もありますが、
こちらも同様に少ないですね。

それでは初節句のひな祭りのお祝いの金額の相場を紹介します。
世間の相場はわかっていた方がいいですからね。
お祝い金が多すぎても少なすぎても気になりますからね。

初節句のひな祭りのお祝いの金額の相場を祖父母、親戚、友人で分けて紹介します。
以下がひな祭りのお祝いの金額の相場になります。

祖父母

祖父母から孫へ初節句のひな祭りのお祝い金を贈るのが一番多いでしょう。
やはり孫って可愛いですからね。
自分の子供の娘になりますからね。
気になるのは孫へのひな祭りのお祝いの金額の相場です。

祖父母からのひな祭りのお祝いの金額の相場は3万円から5万円です。

それほど余裕がないという場合は1万円とかでもいいでしょう。
大切なのはお祝いする気持ちですからね。
お祝い金と孫へなにかプレゼントとかでもいいと思います。

祖父母から孫へのひな祭りのお祝い金の相場は上記の金額ですが、
それとは別に雛人形をプレゼントするケースも多いです。
雛人形はどれだけ立派なものにするかによっても金額は変わります。

雛人形も高いものは高いですからね。
盛大にお祝いしたい場合は大きな雛人形でもいいでしょう。
しかし1年に1度ですからね。
あまり場所を取らず収納のことも考えた大きさがいいと思います。

雛人形を贈る場合は両家で折半という形もあります。
しかし相手方の親があまりその気ではないということもあるので、
その辺は自分の子供に聞いた方がいいでしょう。
大きな雛人形を用意するとなると20万円以上する場合もありますからね。
金額がかなり大きくなります。

親戚

親戚もひな祭りのお祝いを贈る場合もあるでしょう。
特に関係性が近い親戚ですね。
親戚で一番多いのが姪のひな祭りの場合です。
つまり自分の兄弟姉妹の子供の女の子が初節句のひな祭りの場合です。

親戚からのひな祭りのお祝いの金額の相場は5000円から1万円です。

現在の収入によって変わってきてもいいでしょう。
実家ぐらしと一人ぐらしの違いや、
年令による違いもありますからね。
無理をしない範囲でひな祭りのお祝いをしましょう。

近い親戚関係の場合はなにかお祝いを贈ったほうがいいですね。
お祝い金ではなくてもプレゼントとかでもいいと思います。
気持ちを贈る感じにしたらいいのではないでしょうか。

友人

友人や知人の場合もひな祭りのお祝いに呼ばれたりすることもあります。
近所や友達との仲がいい場合なんかに多いですね。
男性よりも女性の友達の場合が圧倒的に多いです。
あとは結婚式の仲人をした場合なんかも結構多いみたいです。

友人からのひな祭りのお祝いの金額の相場は3000円から5000円です。

それほど大きな金額ではないですが、
せっかくのひな祭りのお祝いなので準備した方がいいかもしれません。
もちろんプレゼントなんかでもいいですね。
あまり大きな金額を用意するとお返しに困ってしまうので程々にしましょう。
基本的にお祝いは不要ですが準備する場合もありますからね。

友人関係ならお祝い金を用意しなくてもいいですけどね。
その場合はプレゼントがいいでしょう。
女の子が喜びそうなものにするといいのではないでしょうか。

 



スポンサーリンク


水引や表書き

初節句のひな祭りのお祝いの金額の相場を紹介しました。
でもどうやって渡せばいいのか。
いきなりお財布からお祝い金を出すわけにも行きませんからね。

そこでお祝い金を包む水引や表書きを紹介します。
お祝いごとなのでそれっぽいのでいいのですが、
ちゃんとしたい場合は以下を参考にしてください。

水引:のし付きの紅白蝶結び
表書き:初節句御祝、御祝、祝初節句、初雛御祝、祝御初雛など

 

お祝い金を渡す時期

ひな祭りのお祝い金の準備はできた。
さて、いつひな祭りのお祝い金を渡せばいいのか
これも悩むところですよね。

ひな祭りのお祝い金の場合は前日までか当日に渡します。
ひな祭りが終わってからというのはよくありません。
当日お祝いに参加する場合は当日でいいでしょう。
参加しない場合はひな祭りの前日までに渡すのがマナーです。

しかし雛人形をプレゼントする場合は注意が必要です。
雛人形は早めに届けておく必要があります。
新年になったらすぐに雛人形は届けましょう。
遅くても2月上旬から中旬までには届けましょう。

雛人形をひな祭り当日と言うのは問題外ですが、
遅すぎるのもよろしくありません。
ひな祭り前日に慌てて雛人形を飾るなどは縁起が悪いとも言われています。
ですからできるだけ早めに雛人形は届けましょう。

雛人形を届ける日も大安など日がいい日がいいですね。
自分で届けなくても日時指定などで日を選びましょう。

 

まとめ

ひな祭りのお祝いの金額の相場についてでした。
初節句のひな祭りはお祝いしましょう。
女の子の子供にとっては大切な日ですからね。

ひな祭りのお祝い金の相場を紹介しましたが、
あまり自分の負担になる場合は金額を考えましょう。
お祝い事ですが無理する必要はありません。
現在の自分の状況に応じて金額は変えていいでしょう。

一番大切なことは気持ちですからね。
お祝い金の金額よりもお祝いする気持ちが大事です。
初節句のひな祭りだと記憶に残しておくのは難しいかもしれませんが、
写真なんかでいつでも思い出せますからね。



スポンサーリンク


 

 - 行事・イベント , , , ,