Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

生姜ココアダイエットの効果!作り方や飲むタイミングは?

   

222

寒くなってくるとどうしても代謝が落ちてきてしまいます。
ダイエットには代謝が重要なので寒い季節はなかなか痩せにくくなりやすいです。
そんな時にいいダイエット方法があります。
それが生姜ココアを飲むダイエットです。
生姜ココアを飲めば体を温めるだけでなく内臓にもいいので、
健康的にダイエットができます。



スポンサーリンク


手軽にダイエットをしたい場合は生姜ココアがいいのではないでしょうか。
生姜ココアは最近テレビでも紹介されるほど効果があります。
生姜ココアのダイエットの効果について紹介します。
生姜ココアの作り方や飲むタイミングも紹介しますね。

 

生姜ココアダイエットの効果

生姜が体にいいことはご存知でしょう。
生姜には殺菌作用もありますし体を温める効果もあります。
漢方の食材としても有名ですよね。

 

生姜は冷えを取って代謝を上げてくれます。
ダイエットでは代謝を上げて熱を作るのが大切です。
生姜はダイエットに適している食材なんです。

 

生姜を食べるだけでもダイエット効果があります。
継続的に摂取することにより痩せやすい体になるだけでなく、
太りにくい体にすることもできるんです。

 

さらに生姜には体から排出する機能もあります。
毒素や老廃物を体外に排出しやすくしてくれるんです。
むくみなんかにも効果的なんです。

 

ココアにも体を温める効果があります。
ココアの中に含まれているカカオポリフェノールの働きで、
血流がよくなり体を温めてくれます。

 

ココアは生姜と同様に毒素を外に出してくれる働きもあります。
ダイエットにはココアも有効なんです。

 

生姜とココアをあわせたのが生姜ココアです。
両方共ダイエットにはいい効果があるので相乗効果が期待できます。

 

生姜ココアを飲めば体を温め老廃物や毒素を排出してくれるので、
ダイエット効果があるということです。

 

もしかするとあなたはぽっこりお腹で悩んだりしていませんか?
20代から50代の女性の約74%が下っ腹のぽっこりお腹に悩んでいます。

 

ぽっこりお腹の原因は内臓脂肪や皮下脂肪が増加していることもあるのですが、
他にもインナーマッスルが低下しているということも考えられます。

 

実は上記の理由以外にもぽっこりお腹になってしまっている原因があります。
それが腸のむくみです。
腸がむくんでいるとポッコリお腹になってしまうことがあります。

 

腸のむくみが原因なんて初めて聞いたかもしれませんね。
ふくらはぎや顔がむくむというのは結構よくあることですよね。
同じように腸がむくんでしまい下がることによってポッコリお腹になります。

 

腸がむくんでしまったらどうすればいいのかですよね。
実はこの腸のむくみにも生姜ココアは効果があります。

 

生姜ココアを3週間飲んだ際の効果でウエストが約マイナス10センチということもあります。

 

もちろん効果については個人差があります。
しかしお腹が出てしまってダイエットしてなんとかしたいけど効果が出てない場合は、
もしかすると腸がむくんでしまっているのかもしれません。
そんなときには生姜ココアを飲むことによってダイエット効果が得られる可能性があります。

 



スポンサーリンク


生姜ココアの作り方

代謝を上げてむくみも取ることができる生姜ココアですが、
生姜ココアの作り方が気になりますよね。
実は生姜ココアは簡単に作ることができるんです。

 

生姜ココアの材料は以下です。

  • お湯:200ml
  • ピュアココア:5g(小さじ2杯半)
  • 皮ごとすりおろした生姜:5g(小さじ1杯)

 

上記が生姜ココアを作る際の材料です。
生姜ココアの作り方は上記をカップに入れて混ぜるだけになります。
たったこれだけでダイエット効果の高い生姜ココアが作れます。

 

ココアには砂糖や乳脂肪分を含まないピュアココアを使用します。
ですので甘みがないんですよね。
もし少し甘くしたい場合ははちみつを小さじ2杯半ほど混ぜます。
はちみつはカロリーを気にする必要もなく生姜ココアが飲みやすくなります。

 

はちみつの代わりに黒砂糖を入れるのもいいですね。
黒砂糖は体を温める効果があります。
入れ過ぎはよくありませんが生姜ココアに黒砂糖でさらに効果が上がります。

 

生姜ココアを飲むのに生姜を毎回すりおろすのが大変な場合は、
生姜を5gずつ製氷皿に入れ水を少し入れて凍らせておくのもいいでしょう。
生姜は凍らせても栄養分に変化はありません。

 

生の生姜を準備するのは大変という場合はチューブの生姜でも問題ありません。
しかしチューブの生姜を使う時7.5gを使い生姜ココアを作るようにしましょう。
チューブ生姜の場合は若干成分が薄まっています。

 

生姜ココアの飲むタイミング

生姜ココアの作り方を紹介しましたが簡単ですよね。
これならすぐに作ることができますし、
生姜を毎回するのが大変なら作り置きもできますし、
チューブ生姜でも問題ありませんからね。

 

では生姜ココアを飲むタイミングはいつがいいのでしょうか。
いつでも飲んでいいということではなく、
生姜ココアの効果的な飲むタイミングがあります。

 

生姜ココアを飲むタイミングは朝と晩の食前に1杯です。
食後に飲むよりも食前に飲むほうが生姜ココアの効果があります。

 

他にすることはないかというとありません。
1日に2回ほど生姜ココアを飲むだけです。
これだけでダイエット効果が期待できます。

 

生姜ココアを飲む期間については目安として3週間です。
もちろん3週間過ぎても飲んで問題ありません。
継続することが大切ですからね。

 

注意点ですがココアにはカフェインが含まれています。
コーヒーなどと比べると少量ですがココアにカフェインが含まれているため、
カフェインを控えている人は注意しましょう。

 

夜にも生姜ココアを飲むことになりますが、
カフェインに弱い人は寝付きが悪くなる可能性もあります。
その場合は夜遅くには飲まないなど工夫した方がいいでしょう。

 

逆にココアにカフェインが含まれているため朝飲むと覚醒作用があります。
目覚めが悪い人には生姜ココアはいいですね。
1日を元気にスタートできるかもしれません。

 

まとめ

生姜ココアダイエットの効果についてでした。
生姜ココアを飲めば体が温まり代謝が上がります。
むくみなんかも取ることができるのでダイエット効果が期待できます。

 

ぽっこりお腹で悩んでいる人にも生姜ココアは効果があるかもしれません。
ぽっこりお腹は腸がむくんでしまっていることが原因の場合があります。
生姜ココアを飲めば腸のむくみも取ってくれて正常な場所に腸を戻します。
その結果、ぽっこりお腹が解消されます。

 

生姜ココアの作り方も紹介しました。
生姜ココアの材料もすぐに手に入るものですし、
生姜ココアの作り方も混ぜるだけなので簡単ですね。
手軽に作ることができるので毎日続けやすいですよね。

 

生姜ココアを飲むタイミングについても紹介しました。
生姜ココアを飲むタイミングは朝と晩の食前です。
1日2回継続して生姜ココアを飲むようにしましょう。

 

生姜とココアはそれぞれダイエット効果があり健康にもいいのは知っていました。
しかし生姜ココアにすることによってさらに健康にいいでしょう。
生姜ココアでダイエットを成功させましょう。



スポンサーリンク


 

 - 健康・美容 , , ,