Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

ふたばスイーツのお店の場所!糖尿病でも食べられる低糖質!

   

159

糖尿病になるといろいろと大変なことがありますよね。
その中でも普段の生活で一番大変なのが食事でしょう。
食事制限をしなくてはいけませんし量も計ったりしますよね。
もちろんカロリーと低糖質はいつも気を配らなくてはいけません。
スイーツを食べるなんてほとんどできませんよね。
しかしふたばスイーツなら食べることができますよ。



スポンサーリンク


糖尿病なのにスイーツなんて絶対ダメと思うかもしれません。
ふたばスイーツは糖質とカロリーを考えて作られたスイーツです。
ふたばスイーツはメゾンドロースノアという洋菓子屋さんと
京都府立医科大学附属病院が共同で開発したスイーツなんです。
ふたばスイーツを食べられるお店の場所などを紹介します。

 

ふたばスイーツのお店の場所

糖尿病になると本当に食事が大変ですよね。
家で食事をするときにもご飯が何グラムか計ったり、
この食材は食べられないということも出てきます。

外食をするときも大変です。
糖質だけでなくカロリーも気にしなくてはいけません。
そうなると食べられるものがかなり制限されてしまいます。

普通甘いものなんか絶対に食べられないですよね。
血糖値が一気に上がってしまいますからね。
それほど食事には注意しなくてはいけません。

しかし糖尿病でも甘いモノが食べたい時があります。
元々甘いものが好きだった人も多いでしょうからね。
できることならスイーツを食べたいものです。

糖尿病の人でも食べられるスイーツがふたばスイーツです。
これは嬉しいですよね。

糖尿病の人だけでなくダイエット中の人にもふたばスイーツはいいですよ。
ふたばスイーツはカロリーもかなりおさえていますからね。
ダイエットで食事制限しているけどスイーツが食べたくなった時は、
ふたばスイーツが最適でしょう。

ふたばスイーツはどこで食べられるのかです。
ふたばスイーツを販売しているお店の場所を知りたいですよね。
できればすぐにでも買って食べたいものです。

ふたばスイーツを作っているのはメゾンドロスノアというお菓子屋さんです。
以下がふたばスイーツを販売しているお店の場所になります。
店名:メゾンドロースノア(maison de l’ours noir)
住所:〒520-0804 滋賀県大津市本宮2-10-16星州ビル1F
電話番号:077-525-2266
アクセス:膳所駅から徒歩7分程度

ふたばスイーツは滋賀県大津市のメゾンドロースノアで購入することができます。
店頭に行って注文することもできますし電話で注文もできます。
そしてふたばスイーツは通販でも購入することができます。

滋賀県の大津市の近くに住んでいたり
メゾンドロースノアに行ける距離の人はお店に行ってもいいですね。
しかしちょっと遠いなという人も通販が利用できるので便利です。
ふたばスイーツの通販はメゾンドロースノアのHPから購入できます。

ふたばスイーツがメゾンドロースノア意外で食べられないのかというと、
もう1つだけ食べられる場所があります。
ふたばスイーツは京都府立医科大学附属病院の売店でも購入できます。

メゾンドロースノアの店主と京都府立医科大学附属病院の共同開発ですからね。
病院でスイーツを食べられるっていうのもありがたいですよね。
病院で診察してもらった後にふたばスイーツを食べてみてもいいでしょう。
糖尿病患者だけでなくダイット中の人や妊婦さんにも人気のようです。

 



スポンサーリンク


ふたばスイーツとは

ふたばスイーツは低糖質で低カロリーのスイーツです。
ですので糖尿病の人やダイエット中の人にも食べられるスイーツなんです。
これは嬉しいですよね。

そもそもなぜふたばスイーツを開発するようになったのか。
メゾンドロースノアの店主である松本祥宏さんが関係しています。
松本祥宏さんは修行時代に
甘いモノを食べ過ぎて糖尿病になってしまったようなんです。

修行中は自分で作ったものを食べたり、
いろいろなお店スイーツを食べたりしたはずですからね。
甘いモノを食べ過ぎてしまって糖尿病になってしまったようなんです。

松本祥宏さんが糖尿病になった時に
通っていたのが京都府立医科大学附属病院です。
糖尿病になってしまったからには
菓子職人は続けられないと思ったそうなんです。
夢を諦めかけたということですね。

菓子職人はスイーツとは切り離せないですからね。
自分で作ったスイーツを味見する必要もありますし、
より美味しいものを作ろうと思うと毎日食べ続けなくてはいけません。
松本祥宏さんが菓子職人を諦めようと思ったこともしょうがないですね。

しかし京都府立医科大学附属病院の先生から
糖尿病でも菓子職人をしている人がいると聞かされます。
これを聞いて松本祥宏さんは諦めないで続けようと思ったとか。

松本祥宏さんが自分のお店の開業の準備をしている時に、
京都府立医科大学附属病院から依頼があります。
美味しくて低糖質のスイーツを作れないだろうかという依頼です。

これがきっかけで松本祥宏さんはふたばスイーツを作ります。
ふたばというのは京都府立医科大学附属病院の
糖尿病医療チームの名前「チームふたば」からきているようですよ。

ふたばスイーツの特徴は低糖質と低カロリーです。
糖質は普通のスイーツの半分ほどです。
カロリーは100Kcal以下となっています。

ふたばスイーツなら糖尿病の人も食べられる低糖質スイーツですね。
しかも病院と共同開発しているので間違いないでしょう。
糖尿病患者でもふたばスイーツなら食べられるということですね。

 

ふたばスイーツの口コミと感想

低糖質で低カロリーのふたばスイーツですが味はどうなのでしょうか。
低糖質ということは甘くないから食べごたえがないのではと思いますよね。
そこでふたばスイーツの口コミと感想を紹介します。

以下がふたばスイーツの口コミと感想です。

  • 優しい味だけど深い味わいがしました
  • とてもいいお店に出会えた気がします
  • 甘すぎずちょうどいい味でした
  • プリンがめっちゃなめらかだったー
  • これはなんどもリピートしたくなる味

以上一部ですがふたばスイーツの口コミと感想でした。
どうやらふたばスイーツの中でもプリンが絶品のようです。
なめらかでまろやかだとか。
甘さは控えめだけど深い味がするという感想が多かったです。

ふたばスイーツ食べてみたいですね。
糖尿病でもダイエット中でもふたばスイーツは食べられますからね。
とはいえ食べ過ぎはダメですけどね。

ふたばスイーツは糖尿病やダイエット中じゃなくても美味しく頂けそうです。
お土産とかにしてもいいかもしれませんね。
お見舞いの品にふたばスイーツっていいかもしれません。

 

まとめ

ふたばスイーツのお店の場所でした。
ふたばスイーツが食べられるお店は「メゾンドロースノア」です。
お店の場所は滋賀県大津市ですね。

お店に直接行けなくても通販で購入できます。
これはありがたいですね。
ぜひとも注文して食べてみたいです。

ふたばスイーツは低糖質で低カロリーなので糖尿病でも食べられます。
糖尿病だと本当にスイーツが食べられなくてツラいですからね。
ふたばスイーツなら食べても問題ありません。

ふたばスイーツに興味がある人は購入してみてはいかがでしょうか。
甘さ控えめで食べやすいようですよ。
私もふたばスイーツのプリンが食べたくなりました。



スポンサーリンク


 

 - グルメ , ,