確定申告の空いてる時期と曜日と時間帯は?サクッと提出!

2017年5月20日

年が明けて2月になると確定申告をする時期ですよね。
毎年確定申告をしている人の中には慌てて領収書を集めたり帳簿をつけたりしている人も多いでしょう。
白色申告ならまだしも青色申告だと結構大変で時間もかかりますもんね。
確定申告の書類は自分で書く必要がありますが確定申告会場で記載の仕方がわからないところを相談もできます。
間違っては大変なことになるので不明点がある人は会場で相談するのがいいでしょう。



スポンサーリンク


確定申告を書き上げて提出したり相談したりする際に気になるのが確定申告会場の混雑です。
確定申告会場はどこも混雑するのが当たり前という状況になっていますよね。
できれば空いてる時を狙ってサクッと確定申告を提出したいものです。
そこで確定申告の空いてる時期と曜日と時間帯を調査しました。
いつもより短時間で確定申告の提出を終わらせることができるかもしれませんよ。

 

確定申告が空いているのはいつ?

稼いだら納税するというのは日本に住んでいる限りしなくてはいけませんよね。
そのための申告が確定申告です。

 

所得税の確定申告を自分でする人はほとんどが個人事業主やフリーランスの人でしょう。
サラリーマンでも副業をしている人は確定申告をするかもしれませんね。
法人の社長だと税理士さんにお願いする人も多いのかなと思います。

 

確定申告の書類を作成するのって大変ですよね。
白色申告ならまだしも青色だと簿記の知識も必要になってきます。

 

年が明けてから慌てて帳簿をつけたり領収書を整理する人も多いでしょう。
毎日コツコツとやっていれば楽なのはわかっているのですがなかなかできないんですよね。

 

確定申告の書類は自分で作るのを前提とされています。
しかし難しかったりここはどうすればいいんだろうと悩んだ時には確定申告会場で相談もできます。
確定申告の書類作成は会場で作成する人も多いでしょう。

 

確定申告の申告期間は毎年2月16日から3月15日です。
土日などが重なると少しずれることもありますが基本的にはこの1ヶ月間になります。

 

そこで気になるのが確定申告の空いてる日ですよね。
もっと細かくいうと確定申告の空いてる時期や曜日や時間帯です。

 

確定申告は毎年混雑します。
そのため空いてる日を狙って確定申告をしに行くほうが効率的です。
混雑時には2時間から3時間待ちということもありますからね。

 

ちょうど税務署に行く機会があったので確定申告について職員の方に聞いてきました。
確定申告をした他の人の情報なども踏まえて空いているのはいつか紹介します。
時期と曜日と時間帯で分けて確定申告が空いてる時を紹介しますね。

確定申告の空いてる時期

確定申告が比較的空いてる時期があります。
その前に混雑してる時期を紹介しましょう。

 

まず確定申告初日は混雑します。
確定申告を早く終わらせようという人が初日に殺到することになります。
面倒なことは先に片付けるタイプの人ですね。

 

そして確定申告の期限前1週間は混雑します。
3月8日から3月15日頃までということになります。
2月中は忙しかったり期限が近づいてきてまずいという人が3月の確定申告の期限前1週間に訪れます。

 

ではいつの時期なら確定申告が空いてるかです。
確定申告が空いてる時期は2月最終週です。
3月の最初の週も比較的空いています。

 

ちょうど確定申告を早く終わらせようという人が落ち着きだし慌てだす人もまだいない時期ですね。
時期でいうと2月最終週に確定申告に行けば比較的空いてます。

 

確定申告の空いてる曜日

確定申告の空いてる曜日もあります。
ここでも先に混雑する曜日を紹介します。

 

確定申告が混雑する曜日は月曜日と火曜日です。
この二日間は最も混雑する曜日のようです。
土日で確定申告に必要な書類を集めて月曜日に申告会場に行く人が多くなります。

 

確定申告の期間内に2日程度日曜日に申告できる日があります。
ですが日曜日も混雑するようです。
土日が休みの人が多く訪れることになりますからね。

 

確定申告の空いてる曜日は木曜日と金曜日です。
曜日の中では木曜日が1番空いていて次に金曜日が空いてます。
週末になると仕事が忙しくなる人が多いためでしょう。

 

確定申告の空いてる時間帯

確定申告の空いてる時間帯についてです。
確定申告の書類は会場で作成する人が多いです。
やはり疑問点なんかを聞きながら作成できますからね。
確定申告を間違えてしまっては大変なことになりますし。

 

確定申告の空いてる時間帯は15時以降になります。
朝の申告会場が開く時間帯は混雑する傾向にあります。
もちろん早く行って並んでいれば先に入れますが少し遅くなると混雑します。
午後になると徐々に空いてくるようです。

 

ただし確定申告の提出のみの場合は違います。
確定申告の提出のみの場合は朝早い時間帯の方が空いています。
朝だと会場で確定申告を作成する人がまだ作っている最中なので提出のみであれば早い時間帯の方がいいようです。

 

確定申告の空いてる時期と曜日と時間帯についてでした。
確定申告の空いている時をまとめると2月最終週の木曜日か金曜日で15時以降ということになります。
もちろん確定申告の会場により混雑状況は変わってくると思います。
しかし比較的確定申告が空いてると言われるのは上記となります。

 

確定申告の待ち時間って長いと本当に苦痛ですからね。
できるだけ空いてる時を狙って確定申告をしにいきましょう。
確定新申告に関しては税務署に行かなくても提出することができます。
さらに時間短縮になるかもしれません。

 



スポンサーリンク


税務署以外でも確定申告ができる

確定申告は基本的に地域を管轄する税務署にいってす提出しますよね。
しかし税務署に行かなくても確定申告することができる場合があります。

 

大きな都市などでは確定申告の時期に別の特設会場が設置されます。
税務署に行かなくても特設会場でも確定申告をすることが可能です。
かなり広い会場を確定申告会場とすることがあるので調べてみるのもいいでしょう。

 

確定申告は郵送でも受け付けています。
自分で確定申告を作成して完璧だという場合は郵送するのがいいと思います。
もちろん混雑や待ち時間なんかは考える必要がありません。
しかし確定申告作成が心配な人は会場で相談しながらがいいと思います。

 

インターネットを使って確定申告をすることもできます。
e-Taxという電子申告納税システムがあります。
e-Taxを使えば自宅からでも確定申告を提出することが可能です。
しかし事前に手続きをする必要があるのですぐに使用することはできません。

 

確定申告の作成がよくわからないという場合や面倒という場合は税理士に依頼する方法もあります。
個人でも帳簿などを用意し税理士に依頼すれば確定申告を作成してくれます。
専門家に依頼することになるので安心感がありますね。
ただし数万円はかかるので収入と相談する必要がありますね。

 

確定申告をするさいは地域の税務署に行って自分で提出するというのが基本です。
混雑時には2時間から3時間待ちということも珍しくありません。
税務署に行かなくても提出する方法はいくつかあるので考えてみてもいいかもしれませんね。

 

まとめ

確定申告の空いてる時期と曜日と時間帯についてでした。
比較的ですが確定申告が空いているのは2月最終週となります。
期限のギリギリになればなるほど混雑するので早めに終わらせてしまうのがいいでしょう。

 

確定申告は税務署でなくても提出できます。
完璧に確定申告が書けるのならば郵送や電子申告を使うのもいいでしょう。
収入に余裕がある場合は税理士に確定申告を依頼するのもいいと思います。

 

確定申告は混雑しているのが当然という感じになっていますよね。
できるだけ空いてる時を狙ってサクッと確定申告をしてしまいましょう。
混雑している時に行くと待ち時間がもったいないですからね。



スポンサーリンク


 

仕事

Posted by various


PAGE TOP