Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

父の日の花や鉢はなにがいい?色はどうする?

      2016/04/06

162

父の日になにをプレゼントしようか悩んでいませんか?
母の日はなんとなくどれにしようと考えつくのですが、
父の日って悩ましいものですよね。
父の日に花を贈るのもいいですよ。
男性って花をもらうことって普段ないですからね。



スポンサーリンク


母の日の花の定番と言ったらカーネーションですよね。
では父の日に贈る花の定番ってあるのでしょうか。
実はあるんです。
父の日には花だけでなく鉢なんかも喜ばれます。
父の日にプレゼントする花や鉢を紹介しますね。
花の色なんかも紹介します。

 

父の日はいつ

父の日がいつかご存知でしょうか。
母の日は結構大々的にCMなどをやりますよね。
お店も母の日ギフトなんかは特設コーナーができるぐらいです。

しかし父の日って母の日よりも寂しい感じもします。
世の中のお父さんたちは悲しいのではないでしょうか。
実際私も母の日はプレゼントして父の日は忘れていることもあります。

父の日がいつかというと6月の第3日曜日です。

結構覚えるのも難しいですよね。
日付が決まっているわけではないですし、
祝日というわけでもありませんからね。

私がどうやって父の日を覚えているかというと、
こどもの日と母の日を絡ませて覚えています。
以下がこどもの日と母の日と父の日ですよね。

  • こどもの日:5月5日
  • 母の日:5月の第2日曜日
  • 父の日:6月の第3日曜日

こどもの日を覚えていない人はいないでしょう。
まずこどもの日は5月の1週目です。
母の日はこどもの日から1週経った日曜日で5月の第2日曜日。
そして父の日は母の日から1ヶ月と1週経った日曜日で6月の第3日曜日
上記のように1をプラスしていくように覚えています。

とはいえわからなくなることもありますよね。
そんな時はカレンダーに書いてあることが多いので見ましょう。

 

父の日の定番の花と色

父の日にも定番の花があるんです。
母の日のカーネーションは有名ですよね。
子供の頃から母の日にはカーネーションを贈っていたという人も多いはず。

幼稚園とかでもカーネーションをもらったりもします。
だから母の日はカーネーションというのは覚えているんです。
でも父の日に花をプレゼントした記憶ってあんまりないですよね。

子供の頃だと父の日はお父さんの似顔絵なんかをプレゼントしたかもしれません。
でも父の日に花をプレゼントしたっていう記憶は私にもないんです。

しかし父の日にも定番の花があります。
母の日に贈るカーネーションではありません。
父の日の花はバラです。

なんだか意外と思った人も多いはず。
父親とバラってあんまり関係性がないように思いますよね。
父親にバラはあんまり似合わないように感じるのは私だけでなないはず。

実は父の日にバラを贈るのは理由があります。
もちろん花屋さんの戦略とかではありません。
アメリカの歴史があって父の日にバラを贈るようになりました。

アメリカにソノラ・スマート・ドッドという人がいました。
この人は父親に育てられていたんですよね。
しかし父親は亡くなってしまいます。

その時にすでに母の日はあったのですが父の日はありませんでした。
そこでソノラ・スマート・ドッドは父の日も作ってもらうよう訴えたんです。
その後アメリカで父の日ができました。
父の日にソノラ・スマート・ドッドが父親の墓前に供えたのがバラの花だったんです。

ここから父の日の花はバラになったと言われています。
実は色も関係しているんです。
その時ソノラ・スマート・ドッドが供えたバラの色は白でした。

ですから父親が亡くなっている場合は父の日に白い色のバラの花を、
父親が健在の場合は父の日に赤い色のバラの花を贈るようになりました。

父の日のバラの色にも決まりがあったんですね。
ですから父親が健在のうちは父の日に白い色のバラは贈らないようにしましょう。
赤い色のバラを贈るようにしましょうね。
白い色のバラでなければ黄色とかでも問題ありません。
父の日にバラの花をプレゼントする場合は色は間違わないように注意しましょう。

 



スポンサーリンク


父の日に喜ばれる花や鉢とは

父の日の花はバラというのは知らなかったのではないでしょうか。
私も知らなかったんです。
調べてみて驚きました。
バラというと女性のイメージがありますからね。

おそらくほとんどの男性はバラの花をもらったことはないでしょう。
私の父親もバラの花はもらったことがないはずです。
父の日にバラの花を贈ればサプライズになるかもしれません。

でもちょっとバラは・・・という気持ちもありますよね。
もちろん父の日のプレゼントはバラじゃなくも問題ありません。
バラ以外でもいろいろな花が父の日には贈られています。

バラ以外でなにがあるのかというと、
父の日にひまわりの花をプレゼントする人が多いんです。
確かにひまわりの花なら父の日に贈っても違和感ないですよね。

ひまわりって元気な印象がありますし、
男性にプレゼントするにもいい花です。
ひまわりの花の色は黄色なので性別を問わないですしね。

他にも父の日に鉢をプレゼントする人も多いんです。
普通の花よりも鉢の方がお父さん向けでいいと思う人が多いようです。
確かに鉢ならば育てていくことができますしね。

鉢でどんなものが人気なのかというと、
花が咲く鉢もいいのですが、
ブルーベリーとかレモンの鉢植えが人気なんです。
育てていくと収穫できるのが人気の秘密かもしれません。

鉢物といってもいろいろとありますからね。
盆栽とかも父の日のプレゼントに人気の鉢になります。
サボテンなんかもいいですね。
育てるのもそれほど大変ではないので、
お父さんにはぴったりかもしれません。

父の日に花や鉢を贈ってみてはいかがでしょうか。
個人的には鉢物がいいかなーと思います。
花だとちょっと照れくさいですからね。
鉢なら育てる楽しみもあるので大切にしてくれるでしょう。

 

まとめ

父の日の花や鉢についてでした。
父の日の花の定番はバラだったというのには驚きです。
父の日にバラの花を贈る場合は色に注意するようにしてください。
健在の場合は父の日のバラの色は白以外ですからね。

私もいままで父の日に花はプレゼントしたことがありません。
しかし結構花をプレゼントする人も多いようです。
花だと照れくさい人は鉢を父の日にプレゼントするといいでしょう。

私も父の日には鉢をプレゼントしようかなと思っています。
鉢と一言で言ってもいろいろとありますからね。
できるだけ育てるのが簡単な鉢にしようかと思います。

緑は目にもいいし気分転換にもなりますからね。
家の中でも育てられるような鉢を父の日に贈るのもいいのではないでしょうか。
父の日は父親に感謝する日です。
感謝の気持ちも形にするのもいいのではないでしょうか。



スポンサーリンク


 

 - 行事・イベント , ,