エタラビ倒産でラゥトタットの社長逃げた?下田友洋の経歴!

エタラビが倒産ということで大きな話題になっています。
過去の美容業界の倒産でも2番目に大きな倒産となりました。
それだけエタラビは美容エステ業界でも大きかったということになるでしょう。
エタラビを運営していたのはグロワール・ブリエ東京ですね。
そして関連会社のミスプレミアムも倒産ということになりました。



スポンサーリンク


ミスプレミアムはラットタットを運営していました。
現在はミュゼがラットタットを受け継いて運営しているので別となります。
エタラビ倒産でラゥトタットの社長逃げたのではと言われています。
社長だった下田友洋さんとはどのような人だったのでしょうか。
元社長の下田友洋さんの経歴を調査しました。

 

エタラビ倒産でラゥトタットの社長逃げた?

エタラビを運営していたのはグロワール・ブリエ東京という会社です。
そしてラットタットを運営していたのはミスプレミアムという会社でした。
2つの会社は関連会社となっています。

 

ちなみにラゥトタットという名前は間違いです。
ラゥトタットではなくラットタットが正しい名称となります。

 

ですのでエタラビのグロワール・ブリエ東京倒産と一緒にミスプレミアムも倒産しています。
しかしミスプレミアムのラットタットはミュゼプラチナムに運営を譲渡しています。
つまり今回の倒産ではラットタット会員には影響はありません。
これまで通りの施術を受けることができます。

 

元々グロワール・ブリエ東京とミスプレミアムの社長は同じ人が経営していました。
社長の名前は下田友洋さんです。
しかし倒産した時の社長は下田友洋さんではありませんでした。

 

倒産が発表された時のグロワール・ブリエ東京とミスプレミアムの社長は船田正司さんでした。
これはどういうことなのでしょうか。
もしかすると資金繰りが悪化した時に元社長の下田友洋さんは逃げたのではと噂があります。

 

グロワール・ブリエ東京は2002年に創業しています。
そしてエタラビができたのは2003年ですね。
ミスプレミアムについては2015年に設立されています。

 

グロワール・ブリエ東京は順調に店舗を増やしていったのですが問題も発生していました。
2016年8月に誇大広告や返金問題などで特定商取引法に違反したとして業務停止命令が出されました。
この問題が明るみに出てもしや倒産するのではと言われていたんです。

 

グロワール・ブリエ東京とミスプレミアムの社長がいつ変わったのかは定かではありません。
ですがこの様な問題があったことで社長の交代があった可能性もありますね。
このことがきっかけでエタラビとラットタットの元社長の下田友洋さんが逃げたという噂も出たのでしょう。

 

実際に倒産で社長が逃げることがあるのかですね。
下田友洋さんの場合は逃げたのかはわかりません。
逃げたというのは噂だけであってほしいです。

 

しかし一般的に会社が倒産する時は社長が逃げることもあるようです。
倒産するとなると負債が大きくなりすぎたということですからね。
支払いができずに逃げる社長も出てくるようです。

 

借金などはそのままで逃げてしまうと時効が成立する場合もあるようです。
もちろん全部が全部というわけではありません。
しかし破産するとわかったら逃げるという選択をする社長も出てくるみたいです。

 

エタラビの倒産でラットタットとエタラビを経営していた当時の社長が逃げたのかは不明です。
しかし倒産した時点では社長が変わっていたのも事実となります。
なんだか腑に落ちないなという感じがしますね。

 



スポンサーリンク


元社長の下田友洋の経歴

エタラビとラットタットの元社長は下田友洋さんという方です。
そこで下田友洋さんの経歴なんかを調べてみました。
結構下田友洋さんは自身で情報を発信していたようです。

 

下田友洋さんは社長になる前にホストをしていたようです。
六本木でNo.1ホストだったとか。
しかも17歳の時から六本木に行っていたようですよ。
17歳でホストをしていたのかはわかりませんがなんとなくしていたのかもしれません。

 

下田友洋さんの写真も結構ありました。
さすがNo.1ホストだったということだけあってイケメンです。
これはモテるだろうなという感じですね。

 

下田友洋さんは23歳の時にホストから足を洗います。
エステ業界に就職したようなんです。
サラリーマンとして働いていたのは5年間でした。

 

その後、下田友洋さんはエタラビを設立し社長になるという感じです。
僅か2年間で全国に7店舗を構えるまでに成長しています。
さらに店舗数は増えて最終的には約100店舗までいきましたからね。
かなりのやりて社長だなという感じがします。

 

下田友洋さんは六本木ヒルズに住んでいたようです。
一時期ヒルズ族とか流行りましたよね。
最近では全く聞かなくなりましたけど。

 

下田友洋さんもヒルズ族の一人だったということになるでしょう。
おそらく今は六本木ヒルズには住んでいないんじゃないかなと思います。

 

下田友洋さんは23歳でサラリーマンになって5年後にエタラビを設立ということになります。
ということは社長になったのは下田友洋さんが28歳ぐらいのときでしょうか。
2003年にエタラビは設立されています。
現在の下田友洋さんの年齢は42歳ぐらいなのかなと思います。

 

下田友洋さんはブログも書いていました。
成功マインドとか起業のための情報をブログに書いていた感じですね。
若手起業家の育成にも力を入れていたようです。

 

現在、下田友洋さんがどのような生活をしているのかは不明です。
どこでなにをしているのでしょうか。

 

今回はエタラビのグロワール・ブリエ東京とラットタットのミスプレミアムが倒産となりました。
下田友洋さんが起業家だとするとまた別の会社を作るのかもしれませんね。
ホストから成り上がって社長になったのでバイタリティはありそうですもんね。

 

まとめ

エタラビ倒産でラットタットの社長が逃げたのかについてでした。
元々は下田友洋さんが社長でしたが倒産したときの情報では違う人が社長になっていました。
倒産する前に下田友洋さんは社長を退任し逃げたという噂が出たということですね。

 

個人的には逃げたわけではないと思いたいですけどね。
実際のところはどうなのでしょうか。

 

元社長の下田友洋さんの経歴を紹介しました。
17歳の時から六本木に行っていたようです。
ホストになってNo.1にもなったことがあるとか。
確かに下田友洋さんの写真を見るとイケメンでした。

 

下田友洋さんはいまどこでなにをしているのでしょうか。
起業家であればまた違う会社を作るのではと思います。

 

ただ今回の倒産でいろいろな人に迷惑がかかっていますからね。
その辺の責任はきちんととってもらいたいですよね。
特にお客さんに対しての返金などはしてもらいたいですが現実問題難しいようです。



スポンサーリンク


 


PAGE TOP