除湿機で暑い時はエアコン併用もあり?涼しく除湿する方法!

2017年5月20日

室内で稼働している除湿機

梅雨から夏にかけては本当に暑くて嫌になりますよね。
天気が良くて気温が高いだけならまだマシです。
湿度が高いのでジメジメして不快指数も上がります。
どうにかして湿度を下げようと思った時に使うのが除湿機でしょう。
しかし除湿機を使うと湿度は下がりますが室温が上がって暑い時もあります。



スポンサーリンク


除湿機は除湿してくれるのでいいのですが部屋が暑くなるのが嫌ですよね。
これでは快適な部屋にはなりません。
除湿機能がある家電というとエアコンもあります。
除湿機で暑い時はエアコン併用もありなのでしょうか。
エアコンを使わずに除湿機を使っても暑くならず涼しく除湿する方法を紹介します。

 

除湿機で暑い時はエアコン併用もあり?

梅雨や夏は気温が高くなるから暑いのは当然のことです。
気温の高さにプラスして湿度が上がるためにジメジメして過ごしにくくなるんですよね。
ということは部屋を除湿すればいいのではと考えるのでしょう。

 

室内を除湿するのに便利なのが除湿機ですよね。
梅雨や夏に除湿機を使えば除湿されて湿度が下がり快適に過ごせる!
そう思って除湿機を購入した人も多いでしょう。

 

しかし・・・
「除湿機を使ってみると湿度は下がるけどなんだか暑い。」

「室内の温度を見てみると除湿機を使う前よりも上がっている。」
そんな経験をしたことがあるのではないでしょうか。
まさに私もこの状態でした。

 

除湿機って基本的には部屋の中で使うものですよね。
確かに除湿機から少し冷たい空気が出るものもあります。
しかし冷たい空気が出るのと同時に暖かい空気も排出しているんです。

 

エアコンを見てみましょう。
一般的なエアコンは室外機がありますよね。
エアコンの場合は室外機から暖かい空気を外に排出しています。
そのためエアコンの除湿機能を使っても暖かい空気は外に逃げてくれるんです。

 

除湿機の場合はエアコンの室外機も室内にあるのと同じようなことです。
除湿をしつつ暖かい空気を室内に排出しているということになります。
そのため除湿機を使うと部屋が暑いということになるんです。

 

除湿機を使うと部屋の温度が上がって暑くなるというのを知らずに購入する人が多いです。
まさに私のことなのですが・・・。

 

除湿機を使って暑い時はエアコン併用ってありなのでしょうか。
エアコンには冷房機能と除湿機能がありますよね。
除湿機とエアコンを併用すれば除湿もできて涼しくなるのではと思いますよね。

 

除湿機で暑い時はエアコン併用もありです。
エアコンの冷房を使うと湿度が上がることがあります。
除湿機を使うと室温が上がりますがエアコンの冷房機能で室温を下げてくれます。

 

除湿機とエアコンの除湿機能の併用も効果的です。
単体よりも除湿するスピードが早くなります。
エアコンの除湿機能は室温を下げることが多いので除湿機で暑くなっても問題ないでしょう。

 

ただ注意してほしいのは電気代です。
除湿機とエアコン併用ということは単純計算でも2台分の電気代がかかります。
電気代がかかるのは仕方ないという場合は除湿機とエアコン併用で快適に過ごせるでしょう。

 

しかし節約もしたいという場合には除湿機とエアコン併用はオススメできません。
最近のエアコンは省エネになってはいますがやはり2倍の電気代というのは大きいですからね。
電気代を考えるとエアコンのみか除湿機のみで快適に過ごせるようにするのがいいでしょう。

 



スポンサーリンク


エアコンの除湿機能だけで涼しい

除湿機を使うとどうしても部屋の温度も上がって暑くなることがあります。
エアコンがある部屋であれば除湿機を使わずにエアコンの除湿機能を使うと涼しくなります。

 

確かに除湿機を使うよりかは除湿能力は落ちるでしょう。
しかし室温が高くなり暑いと感じるぐらいであれば除湿機はつかわずにエアコンのみを使った方が快適です。

 

エアコンの除湿機能を使うと一般的に部屋の温度も下がります。
私の部屋でエアコンの除湿機能を使うと除湿しつつ室温は24度ぐらいになります。
家の環境やエコンによって違う可能性もありますが部屋が暑くなるということはないのではと思います。

 

ただ、エアコンの除湿機能は寒くなりすぎることもあるので注意が必要です。
除湿して室温も下がるので体感的に寒く感じることもあります。
調整するのが若干難しいのですがエアコンによっては除湿中の室温の設定ができるものもあります。

 

個人的にはエアコンがある部屋であれば除湿機は必要ないかなという感じています。
いまは除湿機を使わずにエアコンの除湿機能のみで梅雨や夏の湿度が高い時期を乗り越えています。
除湿機で部屋が暑くなることもないのでエアコンだけで快適です。

 

エアコンを使わず除湿機で涼しくする方法

そもそも家にエアコンがないという場合や除湿機能がない古いエアコンを使っている人もいるでしょう。
全部屋にエアコンが設置されているというわけでもありませんしね。
エアコンを使わずに除湿機で快適に涼しくする方法はあるのでしょうか。

 

除湿機のみを使って部屋の湿度を下げて暑くならないようにするには温風をどうにかする必要があります。
除湿機の温風が出る側を部屋の外に排出しましょう。
多くの除湿機の場合は除湿機本体の裏側から温風が出ると思います。
部屋の窓を開け除湿機の温風が出る箇所を外に向けるか家のドアの外に出すようにしましょう。

 

除湿機だけではどうしても暑いと言う時は扇風機やサーキュレーターの併用もいいでしょう。
エアコンよりも省エネのことが多いので電気代も気にするほどではありません。

 

扇風機やサーキュレーターを使う時は部屋の空気を循環させるというよりも空気の通り道を作るのがいいでしょう。
部屋の入口から窓に向けて風を送ると空気の流れができて涼しくなります。

 

それでも暑いからどうにかしたという場合もあります。
エアコンは取り付けられないけど涼しくしたいという場合は冷風扇というものもあります。
冷風扇は水分を蒸発させて空気を冷やすものです。
冷風扇はものすごい涼しくなるというわけではありませんが扇風機やサーキュレーターよりも快適になるでしょう。
エアコンの風が苦手という人にも冷風扇はいいと思います。

 

まとめ

除湿機で暑い時はエアコン併用もありなのかについてでした。
除湿機を使うと室温が上がって暑くなることがあります。
そんなときは除湿機とエアコン併用もありでしょう。

 

除湿機とエアコンの併用はありなのですが電気代がかかります。
電気代よりも快適さを取るのであれば併用がいいのではないでしょうか。
部屋が暑くなることもなく快適に過ごせます。

 

エアコンの除湿機能だけでも湿度が下がりますし部屋が暑くなるということもありません。
私はエアコンの除湿機能だけで梅雨や夏の不快な時期を乗り越えています。
最近のエアコンは除湿機能も優秀なので除湿機を使わなくても快適です。
ただしエアコンの除湿機能は室温が下がりすぎることもあるので調整しましょう。

 

エアコンがない部屋で除湿機を使っても暑くならない方法も紹介しました。
除湿機から出る温風を部屋の外に出して上げる必要があります。
さらに扇風機やサーキュレーターを使って空気の流れを作ってあげると涼しくなります。

 

それでも暑い場合は冷風扇などを使うといいでしょう。
エアコンほど涼しくはなりませんが若干涼しくなります。
エアコンが苦手だなという人にも冷風扇はいいのではないでしょうか。

 

梅雨の時期や夏のジメジメしているときって本当に不快ですよね。
私は暑さにも弱いですしジメジメも好きではありません。
部屋にいる間は除湿機やエアコンを使って快適に過ごしたいものです。



スポンサーリンク


 


PAGE TOP