Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

クライマックスシリーズ(CS)のルールって知ってる?

   

029

日本のプロ野球ではレギュラーシーズンが終了すると、
クライマックスシリーズが開催されます。
クライマックスシリーズはCSと省略されることもありますね。
クライマックスシリーズは聞いたことがあるけどルールを知らない
という人も意外と多いです。



スポンサーリンク


以前はクライマックスシリーズはありませんでした。
セリーグ、パリーグで優勝したチームが
日本シリーズに出場し日本一を決めていました。
しかしクライマックスシリーズができてからは、
各リーグで優勝しても日本シリーズに出場できるないこともあります。
クライマックスシリーズのルールを確認しておきましょう。

クライマックスシリーズ(CS)出場ルール

まずはクライマックスシリーズに出場するためのルールを確認します。
これは日本のプロ野球に興味がある人ならご存知でしょう。
セリーグの上位3チームパリーグの上位3チーム
クライマックスシリーズに出場できます。

単純に各リーグでのレギュラーシーズンの成績が良い3チームです。
4位から6位になってしまうとクライマックスシリーズには出場できません。
これは仕方ないですよね。

リーグ最下位のチームがクライマックスシリーズに出場し、
日本シリーズにも出場して優勝ということになってしまうと、
誰も納得できませんからね。

各リーグの成績の付け方は基本的に勝率です。
ただし接戦になると勝率が同じということも起こりえます。
そのため勝率が並んだ場合の順位の付け方があります。
セリーグとパリーグで若干違うのでそれぞれルールを見てみましょう。

セリーグ

  1. 勝利数が多い球団
  2. 直接対決で勝ち越している球団
  3. 前年度順位の上位球団

パリーグ

  1. 直接対決で勝ち越している球団
  2. セ・パ交流戦を除いたリーグ戦における勝率
  3. 前年度順位の上位球団

勝率が並ぶということは殆ど無いのですが、
かなり接戦の時があるのでこのようなリーグ順位のルールがあります。
セリーグとパリーグでルールが違うのも面白いですね。

サッカーなどでは得失点差があるスポーツもありますが、
日本のプロ野球では得失点差は考慮されません。
各リーグで上位3チームに入ったチームがクライマックスシリーズに進出するルールです。

クライマックスシリーズ(CS)勝ち抜きルール

クライマックスシリーズの勝ち抜きルールです。
各リーグで上位3チームがクライマックスシリーズに出場し、
日本シリーズに出場するチームを決めます。

クライマックスシリーズは2つのステージに分かれています。
ファーストステージファイナルステージです。
それぞれルールが違ってきます。

ファーストステージ

ファーストステージではリーグ2位と3位のチームが対戦します。
リーグ優勝したチームはファーストステージには登場しません。
このファーストステージで勝ち残ればファイナルステージに進めます。

ファーストステージの試合を行う球場は2位のチームの本拠地です。
ファーストステージで行う試合数は3試合。
勝利数が多いチームがファーストステージに進出できます。

ただし引き分けという場合もあります。
そうなると問題になってくるのが勝利数が同じになる可能性があるということです。
1勝1敗1分や0勝0敗3分が考えられますね。
勝利数が同じになった場合は、
リーグ2位のチームがファイナルステージに進出できます。

2試合が終了した時点で決着がついた場合は3試合目は行いません。
ファーストステージは2試合で終わってしまうということも普通にあります。
仕方ないですね。

リーグ2位のチームがホームで試合というのは大きいですね。
勝利数が同じ場合でも2位のチームがファイナルステージ進出ですからね。
ここでリーグ順位の重み付けがされています。

ファイナルステージ

ファイナルステージではリーグ優勝したチームと、
ファーストステージの勝利チームが対戦します。
このファイナルステージで勝ち抜いたチームが日本シリーズに進出です。

ファイナルステージで試合を行う球場はリーグ優勝チームの本拠地になります。
ファイナルステージで行う試合数は6試合。
ただしリーグ優勝チームにはすでに1勝のアドバンテージが与えられます。
リーグ優勝チームはこの1勝を含め4勝した方が日本シリーズ進出です。

ということはリーグ優勝チームは実質3勝すればいいということです。
ファーストステージを勝ち抜いてきたチームは4勝しなければいけません。
これはかなりの重み付けですね。

ファイナルステージでも引き分けがあります。
同じ勝利数になった場合はリーグ優勝チームが日本シリーズ進出です。
全試合行わなくてもファイナルステージの勝利が確定した場合は、
残りの試合は行われません。

ファイナルステージではリーグ優勝チームが圧倒的に有利になっています。
それはそうですよね。
長いレギュラーシーズンで優勝したんですからね。
しかしリーグ優勝をしたチームが日本シリーズに出場できないということもあります。



スポンサーリンク


クライマックスシリーズ(CS)ができた理由と時期

元々クライマックスシリーズというものはありませんでした。
リーグ優勝したチームがそのまま日本シリーズに出場していたんです。
しかし2004年にパリーグがプレーオフ制度を実施します。

現在のパリーグはお客さんもかなり入っていますが、
当時のパリーグはお客さんが少なかったんです。
リーグ優勝が決まってしまうとその後の試合は消化試合となり、
さらにお客さんの入りが悪くなります。

この打開策としてプレーオフ制度を実施しました。
いまでいうクライマックスシリーズと同じようなものです。
プレーオフ制度を導入したことによりお客さんが入るようになったんです。

2007年にはセリーグでも導入されます。
名称を一般公募してクライマックスシリーズになり、
現在のクライマックスシリーズができたんです。

確かにクライマックスシリーズがない時期は消化試合が多くありました。
しかしクライマックスシリーズができたことにより、
シーズンの最後までどうなるかわからなくなりますからね。
ファンも球場に足を運んで応援します。
興行的にはかなりいい案といえるでしょう。

クライマックスシリーズ(CS)の懸念点

クライマックスシリーズには賛否両論あります。
リーグで優勝していないチームが日本シリーズに出場し、
さらには日本一になることがあるからです。

確かに長いレギュラーシーズンでリーグ優勝したのに、
日本シリーズに出場できないということはなんか悲しいですよね。
選手もですがファンも納得いかないという意見が出てもしょうがないでしょう。

逆にリーグ2位や3位になったチームは、
まだクライマックスシリーズが残っているので、
日本一になる可能性があるということです。
最後までモチベーションも高まりますね。

リーグで1位や2位のチームがダントツでレギュラーシーズンが終了したとして、
3位のチームは勝率5割もいかなかったという場合も考えられます。
しかしクライマックスシリーズで3位のチームが勝ちまくって、
日本シリーズに出場し日本一になるという可能性もありますよね。

こうなってしまうといまよりもいろいろな意見が聞こえてきそうです。
クライマックスシリーズは良いところもそうでないところもある制度
言えるかもしれません。

まとめ

クライマックスシリーズのルールについてでした。
クライマックスシリーズはリーグ3位より2位、
2位より1位のチームが有利になっています。

クライマックスシリーズがあるおかげでシーズン終盤まで
プロ野球を楽しめるようになりました。
賛否両論がある制度ですけどね。

リーグ優勝したチームでも日本シリーズに出場できるかはわかりません。
リーグ3位のチームが日本シリーズに出場することもありますからね。
ファンの人はクライマックスシリーズも最後まで応援しましょう。
その応援が選手達の力になるはずです。



スポンサーリンク


 

 - スポーツ ,