Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

晴れの特異日一覧!東京は10月や11月は晴れが多い?

   

051

なぜかこの日ってよく晴れるよなーって思う日ってないですか?
もしかするとその日は晴れの特異日かもしれません。
一年でも数回しかない晴れの特異日っていうのがあるんです。
特別なイベントやお出かけの際は、
晴れの特異日に行うのがいいかもしれないですね。



スポンサーリンク


そもそも特異日とはなんなのかというと、
前後の日と比べると高い確率で特定の気象になる日のことを言います。
晴れの特異日だけでなく雨の特異日なんてのもあるんです。
なぜこんなことが起こるのかは詳しくわかっていませんが、
統計的に見てそういう特別な日があるんです。
ここでは東京の晴れの特異日と雨の特異日について見てみます。

 

晴れの特異日一覧(東京)

東京ではいつが晴れの特異日となっているのでしょうか。
お出かけするときなんかは晴れの特異日の日にしたいですよね。
結婚式やイベント事などもできれば晴れた日にしたいものです。

晴れの特異日は100%晴れるというものではありません。
しかし過去の統計的に前後の日よりも突出して晴れる確率が高いです。
この日を狙ってなにかを計画するのがいいでしょう。
逆に雨の日に何かしたい場合は、
晴れの特異日は避ける方がいいですね。

以下が東京の晴れの特異日一覧です。

  • 1月6日
  • 1月16日
  • 3月14日
  • 3月18日
  • 4月5日
  • 4月6日
  • 4月17日
  • 5月21日
  • 6月1日
  • 8月29日
  • 9月10日
  • 10月10日
  • 10月16日
  • 10月23日
  • 11月3日
  • 11月8日
  • 11月11日
  • 11月12日
  • 11月25日

東京では1年の中で数日は晴れの特異日といえる日があります。
梅雨の時期なんかはやはり晴れの特異日はないですね。
春と秋に東京では晴れの特異日が多いことになります。

晴れの特異日とするには考え方が様々あるので、
上記とは別の情報もあります。
統計の取り方の問題ですね。

10月10日は晴れの特異日としてよく知られていますよね。
この日も特異日の考え方によっては、
晴れの特異日ではないとも考えることができます。
とはいえ10月10日の晴天率は70%とも言われていますからね。
晴れの特異日としていいのではないでしょうか。

10月10日といえば東京オリンピックの開会式の日です。
晴れの特異日なのでこの日にしたという説もあります。
土曜日だったからという話もあるんですけどね。
実際はどうなのでしょうか。

東京の晴れの特異日でも一番優秀なのが11月3日の文化の日です。
データによると25年間で11月3日に雨が降ったのは3日だけです。
まさに晴れの特異日といえるのではないでしょうか。

 

雨の特異日一覧(東京)

特異日は晴れの特異日だけではありません。
雨の特異日もあるんです。
前後の日と比べると雨が降る確率が高い日です。

雨の日になにかやりたい場合は雨の特異日を選ぶのがいいでしょう。
逆に絶対雨の日は避けたいという場合には、
雨の特異日にはやらない方がいいですね。

以下が東京の雨の特異日一覧(雪も含む)です。
台風の特異日と合わせて紹介します。

  • 2月17日
  • 3月30日
  • 4月8日
  • 4月9日
  • 4月16日
  • 5月14日
  • 5月15日
  • 6月26日
  • 6月28日
  • 7月17日
  • 9月12日
  • 9月15日
  • 9月17日(台風の特異日)
  • 9月26日(台風の特異日)
  • 10月28日

東京の雨の特異日一覧でした。
あえて雨の日を選ぶ必要がないのであれば、
できるだけ上記の雨の特異日の日に
イベントや催し物をするのは避けたほうがいいでしょう。

特に6月28日は東京の雨の特異日の中でも雨になる確率がかなり高いです。
6月28日に東京で雨になる確率は53%と言われています。
ちょうど梅雨の時期ですからね。
雨が降らなくても晴れることはほぼないでしょう。

台風の特異日もあります。
立春から数えて210日目と220日目が台風の特異日とされています。
つまり9月17日と9月26日が台風の特異日となります。

 



スポンサーリンク


晴れの日は10月と11月に多い?

東京の晴れの特異日を見てみると10月と11月に多いですよね。
これには理由があります。
秋になると日照時間が長くなるからなんです。

11月下旬から2月下旬の冬の時期にはさらに日照率が高くなります。
特異日は前後の日と比べると高い確率で特定の気象になることです。
ですので11月から2月にかけては晴れの特異日というよりは、
全体的に晴れている日が多いということです。

晴れの日が多い時期はというと圧倒的に冬の時期になります。
晴れの特異日とは関係なく晴れる日が多いです。
ある程度の期間ずっと晴れてほしいという場合は、
晴れの日が多い冬の時期がいいでしょう。

 

特異日は変わる

東京の晴れの特異日と雨の特異日ですが変わることがあります。
過去の統計を元にしているからなんです。

晴れの特異日の代表である11月3日ですが、
1960年代には結構雨が降る日もありました。
そこで晴れの特異日から外そうという意見もあったほどなんです。
しかしその後は晴れる日が多いので晴れの特異日となっています。

このように晴れの特異日であっても数年雨が降ると、
晴れの特異日ではなくなってしまうこともあります。
特異日は統計的に見るのでしかたのないことですね。

なぜ特異日ができるのかの原因もわかっていません。
いくつかの説はあるものの、
特定することは現在でもできていません。

特異日の考え方によっても変わってきます。
前後の日を何日間にするのかや、
どの程度突出していれば特異日とするのか。
何年間の統計を元にするのかでも変わってきますからね。

ですので特異日は変わることも普通にありえます。
しかし不思議な事に特異日があるのも事実です。
なにかする場合は特異日を意識してみてもいいでしょう。

 

まとめ

晴れの特異日一覧を東京で見てみました。
東京では10月や11月には晴れの特異日が多いように感じます。
特異日の原因はわかっていませんが、
晴れの特異日や雨の特異日があるっていうのが面白いですよね。

結婚式やお祝いごとなどがある場合は、
晴れの特異日に行うのがいいかもしれません。

絶対に晴れるというわけではありませんが、
統計的に晴れやすい日になります。

逆に雨の日になにかしたい場合は、
雨の特異日を選ぶのがいいでしょう。
雨が降ってくれるかもしれません。

特異日は今後も変わっていくでしょう。
新しく晴れの特異日ができるかもしれませんね。



スポンサーリンク


 

 - マメ知識・雑学 , ,