Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

秋晴れの意味とは!時期はいつからいつまで?

   

040

秋晴れという言葉は子供の頃から結構聞いていますよね。
テレビのニュース番組でもお天気キャスターや、
気象予報士の方が「今日は秋晴れの天気になるでしょう」と言っていたりします。



スポンサーリンク


秋晴れと聞くと爽やかな天気なんだろうなーとは思うものの、
秋晴れの本当の意味や使う時期はいつなんだろうと疑問に思います。
そこで秋晴れについて調べてみました。

秋晴れの意味とは

秋晴れの意味を考えてみると、
秋に晴れた天気のことだろうと思いますよね。
読んで字の如くといった感じに思います。

実際の秋晴れの意味ですが秋の晴天のことです。

なんと思っていた通りの意味でした。
読んだ通りの意味です。
想像通りといった感じ。

秋晴れになるには条件があり移動性高気圧が関係しています。
移動性高気圧に覆われることによって、
雲が少なくなり空気も乾いていきます。

この状態は秋の気圧配置の代表的なもので、
秋は晴れやすいというのはこのことからなんです。
昼間は暖かくなりますが、
夜は放射冷却により冷えることが多いです。

ただし秋晴れの日は長くは続きません。
移動性高気圧が移動していくと低気圧や前線が近づいてきて、
雨になることが多いんです。

まさに秋の天気という感じですね。
秋晴れで昼間は暖かいなーと思っていたら、
夜になって寒いと感じることが多いですよね。

ちなみに文化の日である11月3日は晴れの特異日とされています。
圧倒的に晴れることが多い日を晴れの特異日と言いますが、
11月3日が晴れの特異日になるので秋晴れの意味を実際体験できる確率も高いです。



スポンサーリンク


秋晴れの時期はいつからいつまで?

秋晴れを使うのは秋の季節のよく晴れた日です。
では秋っていつからいつまでの事をいうのでしょうか。
これは人によって若干違うかもしれませんね。

天気のことと言ったら気象庁です。
気象庁では秋の期間を決めています。
気象庁は9月から11月までの時期を秋としています。
ちなみに春は3月から5月、夏は6月から8月、
冬は12月から2月となっています。

ということで、
秋晴れの時期はいつからいつまでかというと9月から11月ですね。

秋晴れを手紙などの時候の挨拶文で使う場合もあります。
秋晴れや秋晴れの候ですね。
これにも使う時期が決まっています。

厳密にいつからいつまでというのは決まっているわけではありませんが、
挨拶文などで秋晴れや秋晴れの候を使う時期は10月に用います。
9月とか11月に使っても問題ないですけどね。

普段は手紙を書く機会があまりない人でも、
秋晴れや秋晴れの候の使う時期は覚えておきましょう。
仕事関係の手紙などで使う機会もあるかもしれませんからね。

まとめ

秋晴れの意味と時期はいつからいつまでかでした。
秋は晴れる日も多いですが、
曇ったり雨が降る日も結構あります。

できれば秋晴れの日が続いて欲しいですが、
秋晴れは長くは続きません。
大体3日から4日の周期で秋晴れになったり雨になったりします。

秋晴れの日には外に出て楽しみたいですね。
食べ物も美味しい季節ですし、
運動やスポーツをするにもちょうどいい季節です。

秋晴れの日には体を動かして
美味しいものをいっぱい食べてはどうでしょう。
秋を満喫しましょう。



スポンサーリンク


 

 - マメ知識・雑学 , , ,