Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

クリスマスリースの由来と意味は?飾りの材料や色にも意味が!

   

073

クリスマスが近づくと街が賑わい出してきますよね。
11月に入るとお店の飾り付けはクリスマス一色になります。
クリスマスの飾り付けはいろいろとあるのですが、
クリスマスリースを飾るという人も多いでしょう。



スポンサーリンク


お店だけでなく家庭でもクリスマスリースを飾る人は多いですよね。
自分の好みのクリスマスリースを買ってみたり、
クリスマスリースを手作りする人もいるでしょう。
そんなクリスマスリースの由来や意味ってご存知でしょうか。
クリスマスリースの飾りの材料や色にも意味があるんです。

 

クリスマスリースの由来

クリスマスリースの由来は古代ローマからと言われています。
この時はクリスマスリースというものではなく、
リースになりますね。

リースは花や葉っぱなどを使って丸く作られた装飾品になります。
古代ローマのローマ人はリースを祭事の際の冠として身につけていたんです。
特に女性が身に着けていたのがリースなんです。

確かにローマ時代を題材とした映画などを見ると、
リースを身に着けているローマ人が出てきますよね。
庶民のローマ人もつけている様に思いましたが、
偉い人がリースをつけている印象があります。

リースは古代ローマでは威信の象徴だったようです。
特別なときに身に着けていたのがリースだったようですよ。

元々リースは古代ローマが由来ということですが、
その頃にはもちろん世界中に広まっていません。
世界中にリースが広まったのは映画の影響なんです。

ということは映画ができてからということになるので、
世界中でリースが見られるようになったのはあまり歴史は古くないということですね。
クリスマスリースの由来は古代ローマだったとは意外でした。

 

クリスマスリースの意味

クリスマスリースには意味があるんです。
まず思い浮かべてほしいのがクリスマスリースの形です。
クリスマスリースって輪っかになっていますよね。

このクリスマスリースが輪になっているのには意味があるんです。
クリスマスリースが輪になっている意味は永遠を意味しています。
始まりもなく終わりもない永遠の神の愛が表現されているんです。
クリスマスリースの意味はイエスキリストの永遠の命を願っているとも言えます。

他にもクリスマスリースには様々な意味があります。

魔除け

クリスマスリースには柊が使われることが多いですよね。
柊は常緑樹で殺菌や抗菌の作用があると言われています。
常緑樹はちょっと尖ったような葉っぱなので魔除けの意味があると言われています。

クリスマスリースを飾る場所っていろいろと思い浮かぶかもしれませんが、
代表的な場所って玄関ですよね。
これは玄関から邪気が入ってくるのを防ごうとしているんです。
クリスマスリースを飾る意味には魔除けがあるんです。

豊作祈願

クリスマスリースには松ぼっくりやリンゴやぶどうのつるなどが使われますよね。
これらは豊作の象徴とされているんです。
ですからクリスマスリースを飾るのは今年の豊作を祝うのと、
来年も豊作でありますようにとの願いも込められています。
クリスマスリースに豊作祈願の意味があるのも意外ですよね。

新年の幸福を願う

クリスマスリースには新年の幸福を願う意味もあります。
でもクリスマスって12月25日でしょ?
まだ新年になってないじゃん!
と思う人も多いでしょう。

日本ではクリスマスは12月24日と12月25日で終わりますが、
キリスト教では1月6日までクリスマスが続くんです。
ですからクリスマス期間は新年と重なるんです。
そのためクリスマスリースには新年の幸福を願うという意味もあるんです。

 



スポンサーリンク


クリスマスリースの材料の意味

クリスマスリースの材料にも意味があるんです。
一部は上述した通りなのですが、
他にもクリスマスリースの材料には意味があります。

モミの木・マツ・月桂樹

モミの木・マツ・月桂樹は常緑樹と言われる種類になります。
常緑樹には魔除けの意味と豊作の意味があるんです。

柊の葉

柊の葉は尖っています。
この尖った葉が魔除けの意味があります。
他にもイエスキリストの茨の冠を表現していて、
キリストの受難を意味していると言われています。

柊の実

柊の実って赤いですよね。
この赤はキリストの血を意味しているんです。
キリストの流した赤い涙の色という意味もあります。

松ぼっくり・リンゴ・ぶどうのつる

松ぼっくり・リンゴ・ぶどうのつるは豊作の意味があります。
この中でもりんごは栄養価が高いことで知られていますよね。
冬にも保存がし易いのでありがたい果物とされているんです。
神へのお供え物とう意味もあります。

リボン・ベル

クリスマスリースの飾りのリボン・ベルは魔除けの意味があります。
可愛らしい飾りですが魔除けの意味があると納得できますね。

 

クリスマスリースの色の意味

クリスマスリースの色にも意味があります。
クリスマスリースはクリスマスカラーが使われることが多いですよね。
普通とは違うクリスマスリースを作った場合は色も変わってきますけど。

よく見るクリスマスリースの色は緑・赤・白・金・銀です。
実はこれらのクリスマスリースの色に意味があるんです。

  • 緑:永遠の命、永遠の愛
  • 赤:キリストの血、キリストの涙、愛、寛大さ
  • 白:純潔、純粋な心、雪
  • 金銀:ベツレヘムの星、豊かさ、希望、富

クリスマスリースの色にも意味があります。
自分でクリスマスリースを作る場合も、
上記の色を意識しながら作るのがいいかもしれないですね。

その方がクリスマスっぽい色合いのクリスマスリースになると思います。
個性を出したいという人は特に意識する必要はないでしょうが、
クリスマスリースっぽくするのは難しいと思います。

 

まとめ

クリスマスリースの由来と意味についてでした。
クリスマスリースの飾りの材料や色にも意味があったんです。
飾りを飾るということは何かしらの意味がきちんとあるんですね。

毎年クリスマスリースを飾っている人も、
今年のクリスマスはクリスマスリースを飾ってみようかなと思っている人も、
クリスマスリースの意味を知るとさらに気持ちが入りますね。

クリスマスリースを手作りする人もいるでしょう。
その際はクリスマスリースの色を意識すると作りやすいと思います。

クリスマスリースを飾ってクリスマスをお祝いしましょう。
クリスマスリースやツリーの飾りは気分が盛り上がりますからね。
いいクリスマスにしましょう。



スポンサーリンク


 

 - 行事・イベント ,