Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

クリスマスプレゼントには意味がある

   

048

季節が冬になって年末が近づいてくるとクリスマスです。
街も賑わいだしていい雰囲気ですよね。
イルミネーションなんかも綺麗で浮かれてしまいます。
特に子供はクリスマスがくるのが楽しみでしょうがないのではないでしょうか。
ケーキや豪華な食事が食べられるし、
なんといってもクリスマスプレゼントですよね。



スポンサーリンク


子供の時はクリスマスプレゼントが楽しみでしょうがありませんでした。
子供だけでなく大人もクリスマスにはプレゼントを贈り合います。
家族や友人や恋人とクリスマスプレゼントの交換など、
毎年行っている人も多いでしょう。
クリスマスプレゼントには意味ってご存知ですか?

クリスマスプレゼントの意味

クリスマスはなんの日かというと、
イエスキリストの降誕を記念する日です。
これはみんな知っていることでしょう。

でもクリスマスにクリスマスプレゼントを贈る意味はわかりませんよね。
キリスト教の人がイエスキリストの為にプレゼントするならわかります。
私達が親しい人に誕生日プレゼントを贈るのと同じような意味合いでしょう。

しかし現在では世界中で家族や友人、恋人にクリスマスプレゼントを贈ります。
日本でもクリスマスプレゼントを贈り合ったりしますよね。
日本だけでなく世界中で行われていることです。

クリスマスプレゼントの意味には2つの説があります。
1つ目がキリストへのプレゼントから大切な人へのプレゼントになったというもの。
2つ目がキリスト教の聖人ニコラウスが人知れず困っている人にプレゼントを送ったというもの。

大切な人へのプレゼントになった

クリスマスはイエスキリストの降誕を記念する日です。
ですのでキリストへの誕生日プレゼントと考えることができます。
キリストはこう言います。
「苦しでいる人々に対する親切な行為は、わたしに対してしたのと同じです」

この言葉から困った人を助ける行為や優しくする行為は、
キリストに行っているのと同じということです。
クリスマスプレゼントを大切な人に贈るというのは、
キリストにプレゼントをしているというのと同じことということなんですね。

聖人ニコラウスの行い

キリスト教に聖人ニコラウスという人がいました。
この人はキリストの教えの通り、
困った人に対して誰にも気が付かれないようにプレゼントを贈っていたんです。

聖人ニコラウスは子供が好きで、
貧しい子供たちを中心にプレゼントを贈りました。
これがクリスマスにプレゼントを贈る習慣に結びついたとも言われています。

 

このようにクリスマスプレゼントを贈る意味には諸説あります。
しかしクリスマスプレゼントを贈ることによって
喜んで欲しいという気持ちは一緒ですよね。

現在では子供だけでなく大人同士でもクリスマスプレゼントを贈り合います。
いままであまりクリスマスプレゼントを贈る意味を考えたことがない人も、
親しい人にクリスマスプレゼントを贈って感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょう。

クリスマスプレゼントと靴下の関係

クリスマスプレゼントといったら靴下を連想する人も多いでしょう。
赤い靴下の中にお菓子がいっぱい入っている商品が、
スーパーやケーキ屋さんなんかにもありますよね。
そもそもなんで靴下にクリスマスプレゼントを入れることになったのでしょうか。

これには聖人ニコラウスが関係しています。
聖人ニコラウスは貧しい子供に誰にも知られずにプレゼントを贈りました。
金貨なんかも配っていたんです。

ある貧しい家庭があり、
その貧しさから娘3人を過酷な労働に出さなければならなくなりました。
そのことを知った聖人ニコラウスは、
煙突から金貨を投げ入れたんです。

その金貨が暖炉に干してあった靴下にたまたま入ってしまったんです。
翌日この貧しい家庭は驚きました。
靴下に金貨が入っていたら驚きますよね。

この聖人ニコラウスの行いによって、
娘3人は過酷な労働に行くことなく幸せに結婚したそうです。

このことからクリスマスプレゼントを靴下に入れるという風習が広まりました。
勘がいい人はもう気がついているかもしれません。
サンタクロースのモデルは聖人ニコラウスなんです。



スポンサーリンク


クリスマスプレゼントはいつ貰う?

クリスマスプレゼントは子供にとって嬉しいものです。
私達が子供の時もクリスマスになるのが待ち遠しかったですよね。
日本では12月24日のクリスマスイブか25日のクリスマス当日に
クリスマスプレゼントを贈ることが多いでしょう。

世界中ではいつクリスマスプレゼントを貰うのでしょうか。

イタリア・ポーランド・フランス・スペイン

イタリア・ポーランド・フランス・スペインでは、
クリスマスプレゼントを貰うのは12月24日や25日ではありません。
これらの地域ではクリスマスは12月25日から1月6日までなんです。
10日程度クリスマス期間があるんですね。
私達のクリスマスとはちょっと違うクリスマスです。

クリスマスプレゼントを貰うのは最終日の1月6日です。
イタリアではクリスマスプレゼントをもってくるのはサンタクロースではなく、
魔女のベフォーナとされています。
文化が違うとクリスマスも全然違う感じがしますね。

オランダ

オランダではクリスマスプレゼントを貰うのは12月6日です。
この日は聖人ニコラウスの日とされています。
オランダでプレゼントを貰えるのは1年間いい子にしていた人だけです。
逆に悪い子には石炭が贈られるとか。

楽しみにしていたクリスマスプレゼントに石炭を送られたらショックですね。
1年間いい子にしていようと思うでしょう。

アメリカ・イギリス

アメリやイギリスは私達と同じです。
12月24日か25日にクリスマスプレゼントを貰います。
ただ日本と違うのは自分の家でクリスマスは過ごすというものです。
私達は家族や恋人などと外出したりしますよね。

アメリやイギリスでは自宅でクリスマスを過ごして、
食べ物も家庭料理を食べるんです。

家族でプレゼント交換などもします。

まとめ

クリスマスプレゼントの意味についてでした。
いままで何度もクリスマスを経験してきましたが、
クリスマスプレゼントの意味は知りませんでした。
結構クリスマスプレゼントの意味を知らなかった人も多いでしょう。

世界中でクリスマスはあるものの、
文化の違いによってクリスマスの過ごし方やプレゼントの日も違うんですね。
面白いものです。

世界的に見るとクリスマスは自宅で家族と過ごすのが一般的なようです。
日本のように恋人と外出するのは珍しいのかもしれません。
これはこれでいいと思います。

クリスマスプレゼントを大切な人に贈ってみてはいかがでしょうか。
感謝の気持ちが伝わると思います。
クリスマスプレゼントは値段ではありません。
プレゼントを贈る人のことを考えるのが一番でしょう。

普段あんまりプレゼントをしない人も、
クリスマスならプレゼントしやすいですからね。
家族にもクリスマスプレゼントをしてみてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク


 

 - 行事・イベント , ,