Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

図書カードNEXT購入と使える店!プレゼントや換金はできる?

   

191

プレゼントやお返しなどで図書カードを利用しますよね。
プレゼントって相手の事を考えないといけないですし難しいですよね。
かと言って現金を渡すわけにもいかないことが多いですし。
そんな時に大活躍なのが図書カードです。
私も図書カードは何度かもらったことがあります。



スポンサーリンク


図書カードが2016年6月1日から変わりました。
名称は図書カードから図書カードNEXTになったんです。
NEXTということは次世代の図書カードということでしょうか。
図書カードNEXTの購入方法と使える店を紹介します。
図書カードNEXTになってもプレゼントや換金ってできるのでしょうか。

 

図書カードと図書カードNEXTの違い

これまでの図書カードから図書カードNEXTになって違いはどのようなとろこでしょうか。
実はいろいろと変わっているんですよね。
ただし基本的な使い方はこれまでの図書カードと一緒です。

以下が図書カードと図書カードNEXTの違いです。

項目 旧図書カード 図書カードNEXT
材質 PET素材
有効期限 なし 約10年
読み取り方式 磁気 QRコード
データ管理 カード自体 サーバー
残高照会 お店で聞く IDとPINコードでWEBで可

 

これまでの図書カードと図書カードNEXTの最大の違いはデータ管理と残高照会ですね。
図書カードNEXTではデータをサーバーで管理するようになりました。
このことによりWEB上で残高を紹介することもできます。

これまでの図書カードってあとどのぐらい残っているのかわかりませんでしたよね。
端っこにパンチで穴を開けてくれるのでそれで大体の目安はわかりました。
詳細な残高を知るにはお店で聞くしかなかったんです。

しかし図書カードNEXTでは自分で残高を確認することができます。
図書カードNEXTにはIDとPINコードがカードごとに付与されています。
PCでもスマホからでもそのIDとPINコードを入力すれば、
あとどのぐらい残高があるのかを確認することができます。
残高だけでなくその図書カードNEXTで購入した履歴も見ることができます。

私達に取って残高が確認できるのはいいですよね。
企業側に取ってもデータが取れるのでいいでしょう。
どのようなジャンルの本が売れているのかや、
一緒に購入されるのはどんなものなのかを確認できますしね。
マーケティングに利用することができます。

図書カードNEXTの金額は、
500円、1000円、2000円、3000円、5000円、10000円の6種類です。

図書カードNEXTはデザインも変わります。
以下が図書カードNEXTのデザインです。
このデザイン以外でもオリジナルで作ることも可能です。

191_1
いま持っている図書券や図書カードは使えなくなるのかですが、
図書券やこれまでの図書カードに有効期限はありません。
ですので今後も図書券や旧図書カードを使うことができるので安心してくださいね。

図書券は以前から発行されなくなっていますが、
これまでの図書カードも2016年6月以降は発行されません。
今後は全て図書カードNEXTの発行になります。

個人的に図書カードNEXTで残念な点があります。
それは図書カードNEXTでチャージができないところなんですよね。
チャージ機能はつけてほしかったです。
これまでの図書カードも使い切りでしたが、
図書カードNEXTでも使いきりなんです。

ですので図書カードNEXTで残高が0円になったら新しく購入する必要があります。
図書カードNEXTもSuicaのようにチャージできればよかったんですけどね。
将来的には図書カードNEXTにチャージ機能が付くかもしれませんが、
現在のところ図書カードNEXTにチャージ機能はありません。

 



スポンサーリンク


図書カードNEXTの購入と使える店

図書カードNEXTがどこで購入できて使える店はどこなのか気になりますよね。
新しくなったら購入できる場所も使える場所も減ってしまったというのでは、
本末転倒な感じがします。

図書カードNEXTを購入できるお店ですが全国の加盟書店となっています。
これまでの図書カードが購入できた加盟書店は約9500店です。
図書カードNEXTも同じ場所で購入できるでしょう。

ただし全国の加盟書店で一斉に図書カードNEXTが購入できるかというとそうでもありません。
図書カードNEXTにも在庫がありますからね。
しばらくは図書カードNEXTを発行できないお店もあるかもしれませんが、
しばらくすればこれまで図書カードが購入できたお店で図書カードNEXTも購入できるでしょう。

図書カードNEXTを使えるお店はどうなのかというと、
これまで図書カードを使えたお店で図書カードNEXTを使うことができます。
基本的には図書カードNEXTで本を購入するということになると思いますが、
同じお店に文房具などが販売されている場合は文房具も図書カードNEXTで購入できます。

本以外になにが購入できるのかはお店によって違いますが、
旧図書カードで購入できた物は図書カードNEXTでも購入できるでしょう。

図書カードNEXTになってコンビニなどでも使えるのかというと使えません。
これも少し残念ですよね。
全国のコンビニでも図書カードNEXTが使えたらいいんですけどね。
これをやってしまうとものすごいコストがかかりますけどね。

図書カードNEXTの購入と使えるお店はこれまでの図書カードと同じと思っていいでしょう。
あくまで現時点ではということですけどね。
今後はいろいろなお店で図書カードNEXTが使えることになるかもしれません。

 

図書カードNEXTはプレゼントや換金できる?

図書カードNEXTはプレゼントや換金はできるのかも気になるところです。
これまでの図書カードはできましたからね。
図書カードNEXTになったらプレゼントや換金ができなくなってしまうのではと疑問に思います。

図書カードNEXTのプレゼントですがこれまで通りできます。
すでに図書カードNEXTをプレゼントしている場所もありますからね。
これまで通りお祝いに図書カードNEXTを贈るということも可能です。

図書カードNEXTの換金についても可能でしょう。
換金というと金券ショップですよね。
従来の図書カードが金券ショップで換金できていたので、
図書カードNEXTも金券ショップで換金することが可能になると思います。

金券ショップの組合によっては図書カードNEXTの買い取りは行わない方針の場所もあるようです。
残高がすぐにわからないからでしょうかね。
理由は定かではありませんがそのような情報もありました。

しかしすでに図書カードNEXTの買い取りを受け入れている金券ショップもあります。
ですので全ての金券ショップで図書カードNEXTの換金ができないということでもなさそうです。
図書カードNEXTを換金できるかどうかは金券ショップによるという感じですね。
現在は換金できない金券ショップでも将来的には換金できるようになる可能性もあります。

図書カードNEXTの買取価格ですが額面の60%から92%程度です。
もちろん買取価格は変動するので注意が必要です。
図書カードNEXTをプレゼントでもらったけど換金したい場合はいいかもしれませんね。

図書カードはオークションでも換金できます。
これまでの図書カードはプレミアが付いているものもありますからね。
図書カードNEXTもオークションで換金できるようになるでしょう。

図書カードNEXTに関して少し心配なのが有効期限があることです。
図書カードNEXTの有効期限の長い短いによって換金するときに影響がでるでしょう。
換金するときは有効期限内はもちろんですが残りの有効期限も気にしたほうがいいですね。

 

まとめ

図書カードNEXTの購入と使える店でした。
図書カードNEXTの購入はこれまでの図書カードを購入できた加盟書店と同じになるでしょう。
ただし全国の加盟書店ですぐに購入できない可能性もあります。
図書カードNEXTの在庫がありますからね。

図書カードNEXTの使える店についてもこれまで図書カードが使えた店と同じになるでしょう。
これまで図書カードが使えてたのに
図書カードNEXTが使えなくなったとなるとお店としてもマイナスです。
私達に取っては不便になるということですしね。

図書カードNEXTはプレゼントすることも可能です。
誰かに図書カードNEXTをプレゼントしたり商品にするにもこれまでと同じです。
すでに図書カードNEXTをプレゼントしているところもあります。

図書カードNEXTは換金もできるでしょう。
金券ショップでは図書カードNEXTの買い取りをしないお店もあるようですが、
すでに図書カードNEXTの買い取りをしている場所もあります。
現在は換金できない金券ショップでも将来的にはできるようになるかもしれません。

図書カードから図書カードNEXTになりますが、
基本的に私達が購入したり使う分にはこれまでと変わりはほとんどありません。
残高と購入した履歴が見れるようになったのが便利になったという感じでしょうか。

やはりチャージ機能ですよね。
図書カードNEXTにチャージ機能はつけてほしかったです。
リリースするのに時間がかかるとか
コスト面でとかの関係でチャージ機能がついていないのかもしれませんね。

図書カードNEXTは発行されたばかりです。
これから様々な機能が追加されていきさらに便利になっていく可能性もあります。
書店で本が売れなくなったと言われていますが、
図書カードNEXTが書店に人を呼び戻すいい機会になればいいですね。



スポンサーリンク


 

 - IT , , ,