Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

立冬の意味とは!食べ物はなにを食べるのがいい?

   

055

暑い夏が終わってやっと涼しくなってきたー。
秋は過ごしやすい季節ですからね。
そう思ってふとカレンダーを見てみると、
「立冬」の文字が!
えっ、秋なのに立冬?
ていうことはもう冬?



スポンサーリンク


そんな疑問を持ったことがある人もいるでしょう。
まさしく私のことなんですけどね。
だってこれからが秋本番の時期なのに立冬って!って思いませんか?
美味しいもの食べて紅葉を楽しんでっていう季節のはずなんですけどね。
立冬とはどういう意味なのでしょうか。

 

立冬の意味とは

立冬は聞いたことがあります。
しかし立冬の意味とはなんですかと聞かれたら答えられませんでした。
言葉は知っているけど立冬の意味を知らなかったんです。

立冬の他にも立春立夏立秋という言葉もありますよね。
実はこの言葉は二十四節気と言われるものの1つなんです。
これら4つの事を総称して四立(しりゅう)といいます。

二十四節気とは1年を24等分する考え方です。
元々は中国で考案された考え方で、
日本にも取り入れられているんです。
立冬などよりもよく聞く冬至、春分、夏至、秋分も
二十四節気の1つなんです。

話を戻します。
四立の「立」という言葉には始まりという意味があります。
つまり季節の区切りを表しているんです。
二十四節気の中でも重要と言われています。

立冬の意味とは冬の始まりということなんです。

いやいや、でもまだ秋ですよね。
気象的にも11月はまだ秋ですし、
私達の感覚的にもこれからが秋本番といった感じです。

紅葉もいまからが見どころのところが多いですし、
いくら立冬の意味が冬の始まりと言われてもなかなか実感がわきません。

でも考えてみると、
朝晩は寒くなってきたし、
東北や北海道では霜が降りたって言ってるし、
初雪や初冠雪っていう言葉も聞こえてきています。

確かに冬の始まりと言われればそうなのかもしれません。
寒い時なんてエアコンのボタンを押しているときもありますからね。
ということは立冬はちょうど季節の変わり目ということですね。

 

立冬とはいつ?

立冬とはいつの事なのでしょうか。
あんまり立冬がいつなのかというのは普段気にしませんよね。
テレビやラジオで立冬という言葉を聞いたり、
カレンダーで立冬って書いてあったのを見て、
あー、立冬なんだって思うぐらいです。

立冬は1日の事を言うこともあれば期間の事をいうこともあります。
一般的に立冬という場合はある1日のことです。
立冬はいつかというと11月7日か11月8日がほとんどです。

立冬はその年によって日付が変わるんです。
以下が日本における立冬の日付です。

  • 2015年:11月8日
  • 2016年:11月7日
  • 2017年:11月7日
  • 2018年:11月7日
  • 2019年:11月8日
  • 2020年:11月7日
  • 2021年:11月7日
  • 2022年:11月7日
  • 2023年:11月8日
  • 2024年:11月7日

上記の立冬の日を見てある法則に気がついたでしょうか。
立冬が11月8日になった翌年から3年間は11月7日が立冬になります。
そしてまた11月8日に立冬になるんです。
これを繰り返しています。
計算式で表すと西暦を4で割って余りが3の年は11月8日が立冬です。

しかしこの法則は2031年までの法則です。
2032年から2067年までは毎年11月7日が立冬になり、
2068年からは11月6日が立冬という場合も出てきます。

これまでは一般的に立冬という場合の日付についてでした。
立冬には期間をいう場合もあります。
立冬の期間はいつかというと立冬の日から小雪の前日までです。

ちなみに小雪というのも二十四節気の1つで、
立冬の次が小雪なんです。
小雪がいつかというと11月22日か11月23日です。
2015年は11月23日で2016年から2051年までは11月22日です。
立冬を期間で表す場合は約15日間ということですね。

立冬がいつなのかを説明してきたのですが、
正直普段立冬がいつかを気にすることってあんまりないですよね。
マメ知識や雑学として覚えておいてもいいでしょう。
話のネタになるかもしれませんからね。

 



スポンサーリンク


立冬に食べるといい食べ物

季節の変わり目なんかに食べると健康になると言われる食べ物ってありますよね。
行事食とも言われます。
立冬にもそのような食べ物があるのでしょうか。

実は立冬には食べるといい食べ物というのは特にありません。

えっ、ないのか・・・って思いましたよね。
私も思いました。
ただ立冬は季節的には秋ですからね。
秋は食欲の秋と言われるほど美味しいものがたくさんあります。

立冬は冬の始まりで寒くなってくる季節です。
季節の変わり目は体調を崩しやすいもの。
特に冬に変わる立冬の時期は一番体調が崩れやすい時期とも言われています。

ですので立冬には温かい食べ物を食べるのがいいのではないでしょうか。
秋の味覚を鍋にしたりスープにしたりするのがいいでしょう。
その時期の旬の食べ物というのは健康に良いですからね。
特にきのこ類や根菜を鍋にして食べるのがおすすめです。
体を冷やさない様にしなくてはいけませんからね。

生姜なんかもいいでしょう。
もちろんジンジャーエールとかの冷たい飲み物ではなく、
常温か暖かくして生姜をいただくのがおすすめです。

立冬に食べるといい食べ物というのは特にないようです。
しかし立冬は美味しいものが多い秋の季節です。
栄養のあるものをたくさん食べて体調を崩さないようにしましょう。
健康管理には食生活は欠かせませんからね。
いくら美味しいからと言って食べ過ぎには注意ですけどね。

 

まとめ

立冬の意味とはなんなのかということと食べ物についてでした。
普段はあんまり立冬を意識することはないでしょう。
私も言われたり見たりして気が付きますからね。

立冬は冬の始まりであり季節の変わり目です。
1年で最も体調の崩しやすい時期とも言われています。
周りを見ると咳をしている人が確かに増えてきてますよね。

体が冷えないように食べ物にも気を使いましょう。
体を冷やすと体調を崩したり太りやすくなりますしね。
血行が悪くなって健康にも害がでてきます。

立冬という言葉を聞いたり見たりした場合は、
これから冬が始まるから健康に気をつけようと思うのもいいでしょう。
健康の方が秋から冬にかけて四季の移り変わりを感じることができますからね。
秋の味覚を思う存分味わってください。



スポンサーリンク


 

 - 行事・イベント ,