Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

ボジョレーヌーボー解禁日なぜ決まってる?解禁日前の販売は?

   

066

11月になるとボジョレーヌーボーの解禁日が話題になります。
毎年ニュースでやりますよね。
ワイン好きな人はボジョレーヌーボーの解禁日を
待ち焦がれている人もいるでしょう。
特に日本ではボジョレーヌーボーの解禁日は盛り上がります。



スポンサーリンク


ワインをあまり飲まない人でもボジョレーヌーボーは知っていますよね。
スーパーやコンビニでも販売されます。
しかも結構山積みにされてポップなんかも作って目立つようになっています。
日本人ってそんなにワイン好きだったっけ?と思うほどです。
ボジョレーヌーボーには解禁日があります。
ボジョレーヌーボーの解禁日はなぜ決まっているのでしょう。
ボジョレーヌーボーの解禁日前に販売することは可能なのでしょうか。

 

ボジョレーヌーボーの解禁日はなぜ決まっている?

ニュースやラジオ、ネットでもボジョレーヌーボーの解禁日は話題になります。
毎年CMでもボジョレーヌーボーの解禁日が発表されますよね。
ここで疑問に思うことがあります。
ボジョレーヌーボーの解禁日はなぜ決まっているのかです。

ワインの解禁日がこれだけ話題になるのってボジョレーヌーボーだけですよね。
もしかすると他のワインも毎年解禁日というものがあるのかもしれませんが、
他のは聞いたことがありません。

ボジョレーヌーボーの解禁日がなぜ決まっているかはボジョレーヌーボーを知る必要があります。
ボジョレーヌーボーという名前に秘密が隠されていたんです。
ボジョレーはフランスのブルゴーニュ地方南部に隣接する地域の名前です。
そしてヌーボーは「新しい」という意味があります。

ボジョレーヌーボーはボジョレー地区の
ガメ種(ガメイ種)のぶどうが使われ夏に収穫されます。
その収穫したぶどうをすぐにワインにした新酒が、
ボジョレーヌーボーと呼ばれています。

ボジョレーヌーボーは新酒のワインなので、
早く販売した方が有利になります。
ボジョレーヌーボーの製造を急ぐと品質が悪くなるという懸念が出てきました。
このためボジョレーヌーボーの解禁日が設定されたんです。

ボジョレーヌーボーの解禁日がなぜ決まっているかというと品質を保証するためです。

確かに先行者有利ということがありますからね。
早く販売した方が売れるのは当然でしょう。
しかしそのために品質が低下するとなると困ったものです。
品質の低下を防ぐためにボジョレーヌーボーの解禁日が決まっています。

 

ボジョレーヌーボーの解禁日はいつ?

ボジョレーヌーボーの解禁日って毎年話題になりますよね。
ボジョレーヌーボーの解禁日がいつかご存知でしょうか。
毎年違うように感じるかもしれません。
日付は違ってくるのですが決まっています。

ボジョレーヌーボーの解禁日はいつかというと11月の第3木曜日です。

これは日本だけでなく世界中で同じ日がボジョレーヌーボーの解禁日となっています。
ですから今年はいつ解禁されるんだ?
と思った場合は11月の第3木曜日と思い出してください。

以前まではボジョレーヌーボーの解禁日は11月15日でした。
しかし11月15日が休日に当たる場合、
フランスでは運送業者が休みになってしまうんです。
そこでボジョレーヌーボーの解禁日は変更され現在の11月の3木曜日となりました。

なんかお国柄が出ているエピソードですよね。
以前まではボジョレーヌーボーの解禁日でも休日と重なった場合は、
ボジョレーヌーボーがないということも起きたということですよね。
日本では考えられないことですね。

ちなみに日本は世界的に見てもボジョレーヌーボーの解禁日がくるのが早いです。
これは時差の関係から早くなるんです。
日本でボジョレーヌーボーが解禁されてもフランスではまだ解禁前ということもあります。
数時間の差ですがなんだかちょっと得した気分がしますよね。

 



スポンサーリンク


ボジョレーヌーボーの解禁日前に販売できる?

ボジョレーヌーボーに解禁日があるのはほとんどの人が知っていることです。
ではもしボジョレーヌーボーの解禁日前に販売したらどうなるのでしょうか。
なにか処罰とかがあるのでしょうか。

実はボジョレーヌーボーの解禁日は法律で決められています。
ですので守らなければ何かしら罰せられる可能性があります。

しかしこれは日本の法律ではありません。
日本でボジョレーヌーボーの解禁日前に販売しても法律的には問題ありません。
フランスではボジョレーヌーボーの解禁日前に販売したら
何かしら罰があるでしょう。

日本では解禁日前に販売してもいいんだと思って販売するのはやめておいたほうがいいでしょう。
というのも販売者は仕入元と契約を交わしているはずです。
その契約にボジョレーヌーボーは解禁日前に販売しないことなどがある場合、
契約違反になってしまいます。

契約違反になると責任を取ることにもなりますし、
今後はボジョレーヌーボーの仕入れが難しくなります。

契約書に解禁日についての記載がなくても解禁日を待ったほうがいいですね。

消費者側はどうでしょうか。
ボジョレーヌーボーの解禁日前に販売しているお店があったとして、
それを飲んでしまった場合です。
この場合、消費者側はなにも責任は問われません。

ボジョレーヌーボーの解禁日まで販売者も消費者も待ったほうがいいでしょう。
ボジョレーヌーボーの販売日前となるとトラブルになる可能性がありますからね。
美味しくボジョレーヌーボーを頂きたいですからね。

 

まとめ

ボジョレーヌーボーの解禁日がなぜ決まっているのかについてでした。
ボジョレーヌーボーの解禁日前の販売についても紹介しました。
結構面白いですよね。

ボジョレーヌーボーの解禁日は本場フランスより日本の方が早くきます。
これもなんだか面白いですね。
フランス人もびっくりかもしれません。

ボジョレーヌーボーの解禁日は毎年イベントになっています。
解禁日が設定されているのでこれだけ盛り上がるのかもしれません。
人の心理をついた上手い作戦かもしれないですね。

実際日本ではボジョレーヌーボーの解禁日がかなり話題になりますからね。
日本はボジョレーヌーボーの輸入量が世界一と言われています。
世界に出荷したボジョレーヌーボーの約半分は日本です。
これだけ盛り上がるのもすごいですね。

ワインが好きな人はボジョレーヌーボーを味わってみてはいかがでしょうか。
レストランなどのお店でなくても、
スーパーやコンビニでもボジョレーヌーボーを購入することができます。



スポンサーリンク


 

 - グルメ ,