Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

秋バテの症状をチェック!めまいや下痢は秋バテの影響かも

   

022

夏が終わって涼しくなってくると秋ですよね。
秋は過ごしやすいので一番好きな季節っていう人も多いでしょう。
食欲の秋っていうぐらい美味しいものもたくさんありますし、
運動するにもいい季節です。



スポンサーリンク


しかしいまいち体調が優れずめまいや下痢をしてしまったり、
食欲がわいてこないという人もいます。
もしかするとそれは秋バテの症状かもしれません。
秋バテの症状なのかチェックしておきましょう。

秋バテの症状をチェック

秋バテってあんまり聞いたことがないけどなんなんだって思う人もいるでしょう。
まずは体調不良が秋バテのせいなのか症状をチェックしてみましょう。
思い当たる点が多いほど秋バテの確率も増えてきます。

以下が秋バテの主な症状なのでチェックしてみてください。

  • なんだかやる気がでない
  • 疲れやすい
  • 疲れが取れない
  • 体が怠い感じがする
  • めまいがする
  • 食欲がわかない
  • 胃もたれや胸やけがする
  • 胃腸の調子が悪く下痢をする
  • 便秘になる
  • 目が疲れやすい
  • 肩こりがひどい
  • 頭痛になることが多い
  • 寝付きが悪くなった
  • 朝起きれない
  • 顔色が優れない

上記が秋バテの主な症状なのでチェックしてみてください。
以前よりも当てはまるようになっていると注意が必要です。
当てはまる項目が多いほど秋バテの可能性が高くなります。

1日や2日なら体調によって起こることもあります。
しかし1週間や2週間同じような症状が続く場合は、
秋バテの可能性があります。

秋バテの原因とは?

上述した通り秋バテの症状をチェックしてもらいました。
項目に当てはまる数が多い場合は、
秋バテの可能性が高いです。

いったい秋バテとはどういう状態なのでしょうか。
夏バテはよく聞く言葉なのでわかると思いますが、
秋バテってあんまり聞き慣れない人も多いですよね。
秋バテの原因と一緒に見てみましょう。

秋バテの原因1 温度差

まず秋バテの原因の1つとなるのが温度差です。
秋は昼間は暑いけど朝晩は冷えるということも増えてきます。
そうなると温度差がある状態になってしまいます。
しかも暑いと感じる温度と寒いと感じる温度になるため、
自律神経が乱れてしまいます。

秋はまだ暑い日もあるので冷房がかかっている部屋も多いですよね。
冷房の温度設定も夏のままという場所も少なくありません。
そうすると1日に何度も温度差を感じることになります。

自律神経が乱れると血行が悪くなります。
これが秋バテの1つの原因になるんです。

秋バテの原因2 食生活

夏の暑い時期なんか冷たい物が食べたくなりますよね。
冷たい飲み物を毎日飲んだり、
アイスをいっぱい食べる人もいます。
確かに美味しいのでわかるのですが・・・
これが秋バテの原因になります。

冷たいものは美味しいのですが、
食べ過ぎたり飲み過ぎたりすると内臓にはよくありません。
内臓が冷えすぎてしまうんです。

特に胃は消化する内臓ですが、
冷えることによって消化能力が落ちてしまいます。
胃腸が弱くなって下痢になったり、
胸やけや胃もたれがする場合は内臓が冷えている可能性があります。

胃腸の調子が悪いと食欲もわきませんからね。
冷たいものを食べ過ぎたり飲み過ぎたりするのも、
秋バテの原因の1つになります。

秋バテの原因3 低気圧

秋は低気圧の活動が活発になる季節です。
低気圧の代表として台風がありますよね。
台風は夏よりも秋の方が多く発生します。

秋バテと低気圧にどんな関係があるのかというと、
低気圧の場合は空気中の酸素濃度が低くなったり、
気圧の変化によって自律神経が乱れることがあります。

台風が近づいてくると頭痛になりやすくなるという人も、
意外に多くいるんです。
秋の気候により低気圧が多く発生したり気圧の変化が多いと、
秋バテの原因になることがあります。

秋バテの原因4 夏の疲れ

秋バテの原因の1つに夏の疲れが残っているというのもあります。
夏バテしてしまってそのまま秋になってしまった場合ですね。
夏の疲れが取れていない状態なのに、
秋になっても疲れが取れずに秋バテになることがあるんです。

特に夏の間に内臓を冷やしすぎてしまった人や、
クーラーで体が冷えてしまった人は注意が必要です。
体の働きや免疫力が落ちている可能性があるので、
そのまま秋バテになることがあります。



スポンサーリンク


秋バテの予防と解消方法

秋バテは温度差によって体の働きが悪くなった状態になります。
そのままにしておくと自律神経の乱れにより様々な病気になったり、
免疫力も落ちているので感染症にもかかりやすくなります。

秋バテの予防と解消方法を実践し、
秋バテにならない体作りと秋バテの人は元の健康な体に戻しましょう。
そのためには体と内臓を温める必要があります。

お風呂につかる

体を温めるにはお風呂に入るのが効果的です。
最近はシャワーで済ませてしまう人も多いのですが、
湯船につかることによって体の中から温まることができます。

ちょっとぬるめのお湯に半身浴をするといいですね。
血行も良くなってリラックス効果もあります。
好きな入浴剤を入れると更に癒やされるのではないでしょうか。
秋バテの予防と解消方法の1つです。

運動をする

運動をすることも体温を上げ血行をよくする1つの方法です。
運動と言っても激しい運動をする必要はありません。
ウォーキング程度の軽い運動で十分です。

ウォーキングって意外に体が温まるんですよね。
歩いていると体が温まってきているのがわかると思います。
ウォーキングするまとまった時間が取れないという人でも、
通勤の時に歩いてみたり、
エスカレーターやエレベーターを使うのではなく、
階段を使ったりするのでも全然違ってきます。

食事に気をつける

食事をすることによって熱が発生します。
食熱っていいますよね。
規則正しく栄養バランスを考えた食事を心がけましょう。

冷たいものを食べたり飲んだりするのは避けます。
温かい食べ物を食べるようにしましょう。
温かいスープなんていいですよ。

夏野菜と言われている野菜はあまり食べないようにした方がいいですね。
夏野菜は体温を下げる効果のあるものがあります。
秋の野菜やお肉類が体温を上げるのには良い食材です。
スパイスの効いた食事も食欲がわくし体温が上がるのでおすすめです。

温度調節

秋といえど暑い日はまだまだあります。
暑い日にはクーラーを使ったりしますよね。
その際は温度設定に十分注意しましょう。
ちょっと高めの温度設定にし衣服で調節しましょう。

オフィスやお店などで自分でエアコンの温度設定ができない場合は、
衣服で温度を調節するようにしてください。
カーディガンやストールを持ち歩いて膝や肩にかけてみたり、
厚手の靴下なんかもあるといいですね。
体が冷えすぎないように注意することが必要です。

まとめ

秋バテの症状チェックでした。
体調が優れずめまいや下痢をしている場合は秋バテかもしれません。
できるだけ早い対処をしてください。

秋は美味しいものがたくさんあるし過ごしやすい季節です。
秋バテを早めに解消して季節を楽しみましょう。
秋バテではない人も安心はせず予防をしておきましょうね。
いつ秋バテになってもおかしくありませんからね。

秋バテの症状チェックで当てはまっていても秋バテとは限りません。
もしかすると他の病気ということも考えられます。
症状が続く場合はお医者さんに見てもらってください。
その方が安心ですからね。



スポンサーリンク


 

 - 健康・美容 , ,