小豆水の作り方で簡単で失敗しない方法と飲むタイミングや量は?

2017年5月21日

世の中には様々なダイエット方法がありますよね。
どれもきちんと実行するれば効果が出る可能性があります。
しかしもっと簡単にダイエットを行いたいという人もいるでしょう。
そんな方には小豆水ダイエットがいいかもしれません。
小豆水は最近じわじわと人気が上がってきた注目のダイエット方法です。



スポンサーリンク


小豆水は雑誌やテレビなどのメディアでも取り上げられることが多くなりました。
元々小豆水ダイエットは韓国で流行ったダイエット方法なんですよね。
韓国から日本に渡ってきて日本でも大流行しそうなダイエット方法です。

 

小豆水の作り方で簡単で失敗しない方法を紹介します。
魔法瓶でも小豆水は簡単に作れちゃいます。
小豆水を飲むタイミングや量はどうすればいいのでしょうか。

 

簡単で失敗しない小豆水の作り方

小豆水でダイエットに挑戦したいけど簡単で失敗しない作り方が知りたいですよね。
適当にやって失敗したらダイエット効果も薄れてしまいます。
そこで小豆水の作り方をいくつか紹介しましょう。

 

小豆水の作り方を紹介する前に材料を確認しておきましょう。
小豆水を作るための材料も手に入りやすいもので数も少ないです。
以下が小豆水の材料です。

  • 小豆

 

ということで小豆水で用意する材料は水と小豆のみです。
分量については作り方によっても若干変わってきます。

 

以下が小豆水の簡単な作り方です。
3つの小豆水の作り方を紹介しますね。

すぐに作る小豆水の作り方

材料

  • 水:1500ml
  • 小豆:100g

作り方

  1. 小豆を水洗いする
  2. 水1500mlと小豆100gを鍋に全て入れる
  3. 火にかけて強火で沸騰させる
  4. 沸騰したら弱火にして30分煮る
  5. アクが出てきたら取り除く
  6. 小豆水を冷ます

 

以上がすぐにできる小豆水の作り方です。
ただ小豆を煮るだけですね。
誰にでも簡単にできちゃいます。

 

アクが出てきたら取り除きましょう。
飲みやすさが変わってきますからね。

 

この材料の分量であれば2日分は持つでしょう。
出来上がったら他の容器に入れて冷蔵庫で保存するようにしましょう。
あまり大量に作りすぎず2日程度で飲み終える分量のみ作るのがいいですね。

 

一晩寝かせる小豆水の作り方

材料

  • 水:1500ml
  • 小豆:100g

作り方

  1. 小豆を水洗いする
  2. 水1500mlと小豆100gを鍋に全て入れる
  3. 一晩(9時間から10時間)そのまま寝かせる
  4. 火にかけて強火で沸騰させる
  5. 沸騰したら弱火にして30分煮る
  6. アクが出てきたら取り除く
  7. 小豆水を冷ます

 

上述した小豆水の作り方と似ています。
違いは一晩寝かせるという点ですね。
一晩寝かせることにより小豆も柔らかくなり成分も滲み出てきます。

 

少し時間がかかるのが難点です。
しかし時間はかかりますが作り方としては簡単でしょう。
時間がある時は一晩寝かせる方法で小豆水を作るのもいいのではないでしょうか。

 

魔法瓶で簡単にできる小豆水の作り方

材料

  • 水:500mlから1000ml
  • 小豆:50g

作り方

  1. 水を沸騰させる
  2. 魔法瓶に小豆を入れお湯を注ぎ蓋を閉める
  3. 一晩(9時間から10時間)そのまま寝かせる

 

小豆水の作り方でも最も簡単な作り方になります。
魔法瓶に小豆とお湯を注ぐだけですからね。
仕事などに持っていくのにも前日に準備しておけば簡単です。

 

他の小豆水の作り方より簡単ですが少し苦味があるかもしれません。
そのときは事前に小豆を煎っておくと苦味が和らぎます。
フライパンで2分程度煎ればいいでしょう。

 

小豆水の簡単で失敗しない作り方を3つ紹介しました。
作り方自体はどれも簡単ですよね。
時間がかかる作り方もありますが水に小豆を浸しておくだけなので手間はかかりません。

 

時間がある人は一晩寝かせる小豆水の作り方がいいでしょう。
やはり小豆成分をじっくりと滲み出させるには1番の方法です。

 

さすがに一晩寝かせるのは時間がかかるなという場合はすぐに作る小豆水の作り方いいかもしれません。
一晩待つ必要もなくすぐに取り掛かれます。
作り始めてから1時間もあれば出来上がりますからね。

 

鍋で茹でるのもめんどくさいという場合は魔法瓶での小豆水の作り方がいいでしょう。
最も簡単に小豆水が作れますからね。
時間がない人にもいい方法でしょう。

 

小豆水はそれほど日持ちはしません。
ですので一度に大量に作るのは避けましょう。
作っても2日分から3日分にがいいでしょう。
小豆水を作ったら冷蔵庫で保存するのを忘れないでくださいね。

 



スポンサーリンク


小豆水を飲むタイミングや量

小豆水を作ったら早速飲みたいですよね。
しかし小豆水を飲むタイミングっていつがいいのでしょうか。
いつでもいいのか気になるところですよね。
ダイエット効果も変わってくるかもしれませんし。

 

小豆水を飲むタイミングは食前に飲むのが1番効果があります。
食前に飲むことによってお腹が少し満たされます。
そのため食事の量もいつもより少なめでも満足感が得られます。
しかし栄養バランスも重要なので食事は食べましょう。

朝起きて朝食の前に小豆水を飲む。
お昼ごはんだーとお弁当を食べる前に小豆水を飲む。
お腹ペコペコで夜ご飯を食べる前に小豆水を飲む。
という感じで小豆水は食前のタイミングで飲むようにしましょう。

 

朝などは食事を取らないという人もいるでしょう。
そんな時は小豆水を作った時の小豆を少量食べるのがいいでしょう。
結構腹持ちもいいのでお昼まで持ちますよ。
ただし小豆の食べ過ぎには注意しましょう。

 

小豆水を1回に飲む量はコップ1杯程度です。
小豆水を飲みすぎるとお腹を壊してしまうこともあります。
ですので1回の食事の前に1杯の小豆水を飲むようにしましょう。

 

まとめ

小豆水の作り方で簡単で失敗しない方法でした。
簡単にできる小豆水の作り方3つを紹介しました。
どれも簡単に作れる方法なので実践してみてください。

 

時間がある人は小豆水を一晩寝かせる作り方がいいかなと思います。
すぐに作って飲みたい場合は寝かせないで小豆水を作りましょう。
最も手間をかけないで作りたい場合は魔法瓶で作る方法ですね。

 

小豆水を飲むタイミングや量も紹介しました。
小豆水を飲むタイミングは食前です。
食前にコップ1杯の小豆水を飲みましょう。

 

小豆水は材料を手に入れるのも簡単で作るのも簡単です。
すぐに効果は出ないかもしれませんが焦らずじっくりと実践しましょう。
続ければいい結果が得られるかもしれません。



スポンサーリンク


 


PAGE TOP