Various

雑学やマメ知識などの情報を蓄えていく知的好奇心サイトです。

*

2016年夏の暑さは?猛暑か冷夏か!今年の気候は?

      2016/08/06

154

2016年の夏の暑さって気になりますよね。
猛暑になるのか冷夏になるのか。
それとも平年並みの暑さなのか。
夏はやっぱり暑くなくちゃという人もいると思いますが、
暑いのは苦手だから涼しければいいなという人もいるでしょう。



スポンサーリンク


私は暑いのが苦手なんですよね。
ですから2016年の夏は猛暑にはなってほしくないんです。
冷夏とは言わないまでも涼しい夏の気候がいいんです。
夏の猛暑で外出するとフラフラしてしまいますからね。

2016年夏の暑さはどうなのでしょうか。
2016年の夏は猛暑となるのかそれとも冷夏となるのか。
今年の夏の気候はどうなるのでしょうか。

■以下の記事も合わせて読まれています
ラニーニャ現象で2016年の夏は猛暑の可能性も?

2016年の台風予想!発生は7月から9月に集中?

関東は水不足で2016年の夏は東京も節水か!原因と対策は?

東京の真夏日最多継続日数って何日?

 

2016年夏の暑さの予報

2016年の夏の暑さはどうなるのでしょうか。
やはり暑すぎる夏も嫌だし涼しすぎるのも夏らしくないですよね。
私は涼しい夏の方がいいんですけどね。

夏には楽しみもたくさんあります。
海にプールにバーベキューなど
夏のレジャーを楽しみにしている人も多いでしょう。

気になるのが今年の夏の気候ですね。
平年並みの暑さならいつも通り夏を楽しめるでしょう。
しかし2016年の夏が猛暑や冷夏になってしまうと思う存分楽しめません。

 

猛暑とは・・・
猛暑とは著しく暑い日の事をいいます。
日本では1日の最高気温が35度以上の日を猛暑日といいます。

冷夏とは・・・
冷夏とは平年に比べると気温が低い夏の事をいいます。

 

気象庁では長期予報を発表しています。
長期予報には1ヶ月予報や3ヶ月予報などがあるのですが、
暖候期予報というのもあるんです。

暖候期予報は3月から8月までの気候がどうなのかの予報になります。
その中に夏の天候の見通しも発表されるんです。
気象庁が使う夏というのは6月から8月の3ヶ月間です。

気象庁は2016年の暖候期予報を2月24日に発表しています。
もちろん今年の夏の天候なんかの発表もありました。
この予報を元に2016年の夏の暑さを紹介します。

気象庁が発表した2016年夏の気候のポイントは以下です。

  • 気温は平年並みか高い見込み
  • 降水量は平年並みか多い見込み
  • 梅雨の時期は曇りや雨の日が多い見込み

2016年の夏の暑さをもう少し詳しく見るとこのようになります。

夏の気温

2016年の夏の気温ですが平年並みか高いようです。
北日本は平年並みの気温になるようですが、
東日本では平年並みか高い、
西日本と沖縄に関しては高いという予報になっています。

ということは2016年の夏は冷夏とはならなそうですね。
冷夏になるといろいろと問題も出てくるのでよかったかもしれません。
平年並みか高いということなので、
もしかすると2016年は猛暑の夏となる可能性もあります。

できれば平年並みの暑さになってほしんですけどね。
猛暑ににはなってほしくないです。
猛暑になると熱中症などにもなりやすいですからね。

夏の降水量

2016年の夏の降水量は平年並みか多い見込みのようです。
北日本、東日本、西日本では平年並みか多く、
沖縄ではほぼ平年並みの降水量となるとか。

平年並みか多いということは雨が降る日が多いんですかね。
ここ数年は集中豪雨とかも多いですからね。
急な雨には気をつけなければいけませんね。

台風などで大雨となると河川の氾濫や土砂災害も起こる可能性があります。
十分に注意しなくてはいけない夏になりそうですね。
2015年の夏もいろいろと災害がありましたからね。
今のうちから雨には注意して備えておきましょう。

梅雨の時期

2016年の梅雨の時期は平年と同じように曇りや雨の日が多いようです。
北日本、東日本、西日本では梅雨の時期の降水量も平年並みか多く、
沖縄では平年並みとなるようです。

梅雨は雨が降るのが当然という感じですからね。
曇りや雨の日が多いのはしょうがないでしょう。
毎年のことですからね。

梅雨が明けてからは沖縄では平年に比べて晴れの日が多いとか。
北日本や東日本では平年より晴れの日が少なくなるみたいなんです。
夏に晴れの日が少ないというのもちょっと残念ですよね。

沖縄は晴れの日が多くなるということは、
2016年の夏に沖縄旅行とかいいかもしれませんね。
台風が発生してしまうと大雨になってしまいますけどね。

ということで2016年の夏の暑さと気候についてでした。
どうやら2016年の夏は冷夏にはならなそうですね。
もしかすると今年の夏は猛暑になる可能性もあります。

できれば猛暑にはなってほしくないんですけどね。
平年並みの暑さの夏になってほしいものです。
こればっかりは自然現象なのでどうすることもできませんけどね。

 



スポンサーリンク


エルニーニョ現象は?

2015年から2016年にかけてエルニーニョ現象が発生したと話題になりました。
どうやらこのエルニーニョ現象は2014年の夏に発生したようなんです。
そこからずっと続いていたんですね。
エルニーニョ現象が発生すると異常気象となることもありますからね。

2016年の夏にエルニーニョ現象はどうなっているのでしょうか。
実は2016年に入ってからエルニーニョ現象は徐々に弱まってきているようです。
2016年の夏にはエルニーニョ現象は終息する見込みとのこと。

エルニーニョ現象だと夏には冷夏となり冬には暖冬となることがあります。
今年の夏は冷夏にはならなそうな予報となっていることからも、
エルニーニョ現象が終息に向かっているのがわかりますね。

今後もエルニーニョ現象はさらに弱まっていって、
2016年の夏には平常の状態になる可能性が高いようなんです。
今年の夏はエルニーニョ現象の影響はないと言っていいのではないでしょうか。

 

予報は当たるのか?

気象庁が発表した暖候期予報を元に2016年の夏の暑さを紹介しました。
ではこの予報は当たるのか外れるのか。
正直わかりません。

ニュースなどで毎日天気予報を見る人も多いでしょう。
週間天気予報なんかありますよね。
あの予報を結構変わっているのをご存知でしょうか。

例えば月曜日に週間天気予報で週末の天気を見ていても、
翌日の週間天気予報では変わっていることがあります。
もっと言うと翌日の天気の予報も外れることがあります。

暖候期予報のような長期予報はピンポイントの天気予報ではないですが、
かなり先の天気を予報しているということになります。
つまり予報は外れる可能性もあるということなんです。

天候というのは自然現象ですからね。
正確に予報を出すことはかなり難しいことでしょう。
ですから外れることもあります。

2016年の夏は冷夏にはならないという予報になっていますが、
終わってみたら冷夏だったという可能性もあるということです。
夏が終わってみないと2016年の夏の暑さが平年並みなのか猛暑なのか冷夏なのか判断できませんしね。

ですので今年の夏に寒いと感じる日があるかもしれません。
暑くなるって言ったじゃんとか思わずにいましょう。
予報でも外れる時もあるよねーという広い心でいた方がいいでしょう。

 

まとめ

2016年の夏の暑さは猛暑になるのか冷夏になるのかについてでした。
どうやら今年の夏の気候は冷夏とはならない見込みのようです。
気温は平年並みか高いみたいですね。

ですのでもしかすると今年の夏は猛暑となるかもしれません。
暑いのは苦手なんですけどね。
できれば涼しくなるという予報がよかったのですがしかたない。

平年並みだったとしても暑いですからね。
夏は熱中症には十分気をつけましょう。
毎年熱中症のニュースがありますからね。

暑いのに無理して冷房などを使わないというのはやめましょう。
暑い夏の日は涼しくして過ごすようにしましょうね。
本当に倒れてしまいますからね。
水分補給もしっかりと行いましょう。



スポンサーリンク


 

 - マメ知識・雑学 , , ,